奥歯をインプラントにするメリットと注意したい値段の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

奥歯が虫歯や外傷などで欠損しても放置してしまう人が多いですが、そのままにしておくことで健康に影響を与えるとされていることから、インプラントによる治療を検討する人が増えています。しかし、インプラントは高いというイメージがあり、治療に踏み切れずにいる人もいるのではないでしょうか。

そこで、奥歯をインプラントにするメリットともに、奥歯をインプラント治療したときの値段の相場や費用面でのトラブルを防ぐために注意したいポイントについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

奥歯の欠損と健康への影響

大人の歯は、正常であれば親知らずを含めると上下とも16本ずつあり、合計32本の歯が生えてきます。しかし、生まれつき歯が欠損していたり、虫歯や歯周病、外傷などによって歯が失われたりすることがあります。

前歯周辺の歯が欠損した場合、見た目への影響から放置する人は少ないです。ただ、奥歯の場合は、歯がないことに気づかれにくいため奥歯の欠損を放置してしまう人が多いといわれています。

奥歯の欠損を放置してはいけない理由

見た目に影響しない奥歯であっても、機能面や健康に悪影響を与える可能性があるため、歯科治療では、やむを得ない場合を除き、歯を抜いたり、削ったりしない歯を残す治療が主流となっています。

歯が1本でもなくなると隙間ができ、歯が欠損した部分のサイドの歯が倒れて、噛み合わせが悪くなります。すると、虫歯や歯周病といった歯のトラブルを起こしやすくなり、歯を支えている骨にも影響して顔の歪みを起こす可能性があります。肩こりや頭痛などの原因になることもあるため、奥歯1本であっても放置してはいけないとされています。

奥歯の欠損は認知症の発症にも影響

口腔機能や環境がよい状態の高齢者に認知症発症者が少ないという研究結果があります。そこで、厚生労働省と日本歯科医師会では、80歳以上でも自分の歯を20本以上残すことを目標とした「8020(ハチマルニイマル)運動」を推奨しています。

噛み合わせが悪い状態が続くと、しっかりと食べ物を噛むことができず、脳への刺激が弱くなり、認知症になるリスクが高くなります。将来的な健康のためにも、欠損した歯は治療によって補い、しっかりと噛める状態を保つことが大切です。

奥歯をインプラントにするメリット

失った歯の治療方法はいろいろありますが、機能的で審美的な回復を目的にするのであれば歯科インプラント治療がよいとされています。歯科インプラント治療とは、人工の歯根に義歯を固定する治療のことです。奥歯をインプラントにするメリットとしては、以下の3つがあげられます。

噛む力がこれまでと同じ

入れ歯やブリッジは、失った歯の周囲にある歯に支えてもらう必要があるため、噛む力は弱くなりやすいです。しかし、インプラントの場合、しっかりとした土台により、他の歯と同じように機能してくれます。

違和感のない使用感

インプラントは、歯茎に土台となる歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせるため、固定性が優れており、違和感なく使用できるのも特徴です。正しく装着できていれば、入れ歯などのようにぐらつく心配もありません。

周囲の歯を傷つけない治療

インプラントは、ブリッジや入れ歯のように、周囲の歯に負担させる必要がありません。失った歯の周囲にある健康な歯を傷つけずに治療できるため、多くの歯科医院が目標としている、歯を抜かず、削らない治療が可能です。

インプラント治療費と奥歯1本の値段

奥歯をインプラントにするメリットが多いですが、インプラント治療にどれくらいの費用がかかるのかが心配という方が多いです。

治療費は全額自己負担が基本

虫歯などの一般的な治療の場合は保険が適用になりますが、インプラントは自由診療とされているため、健康保険が使えず、全額自己負担となります。自由診療メニューは、歯科医院がそれぞれ価格を決定できるため、インプラントの治療費は歯科医院によって異なります。

同じ内容でも、費用が大きく異なることもあるため、費用を抑えたいという人は、いくつかの歯科医院で見積もりをしてもらって検討するのがベストです。

医療費控除は対象

医療費控除とは、自分や生計をともにしている家族の医療費の合計が10万円を超える場合、確定申告をすることで所得控除が受けられるという制度です。健康保険対象外が一般的なインプラント治療ですが、医療費控除は対象になるため、領収証などは大切に保管しておくようにしましょう。

治療費の内訳

インプラント治療では、土台となる人工の歯根を歯茎に埋め込む必要があるため、インプラントの材料費以外にもさまざまな費用が必要になります。奥歯1本の治療費は、30万円から50万円くらいが相場とされています。治療費の主な内訳としては、「精密検査」、「手術費用」、「補綴費用」です。治療費の詳細と奥歯1本をインプラント治療した際の費用例を見ていきましょう。

事前の診察や精密検査費用

行う検査項目によって異なりますが、1万5,000円から5万円くらいが目安です。検査項目は、歯や歯茎の健康状態をチェックする診察、レントゲン検査やCT検査、口腔内の写真撮影費用や診断料などです。レントゲン検査やCT検査を行うと高額になる傾向があります。

インプラントの手術関連費用

相場は、15万円から35万円です。土台となるインプラントや歯根とかぶせの歯をつなぐアバットメント(接合用の部品)、手術で使う機器の使用代、技術料などの費用が手術関連費用にあたります。使用するパーツの材質なども費用に影響することが多く、インプラント治療費の大きなウエイトを占めています。

補綴(人工歯)費用

人工歯に使われている材質によって費用が大きく異なりますが、相場は4万円から20万円とされています。人工歯を装着するときに使用する接着剤代も補綴費用に含まれるケースが多いです。

その他の費用

初診料や再診料、抜歯する場合は抜歯費用、治療期間中に使用する仮歯代など、インプラント治療費とは別に、数千円から数万円程度の費用が発生することがあります。

奥歯のインプラントの値段における注意点

全額自己負担が一般的なインプラント治療では、インプラントそのものの費用に注目しがちで、安さを求める人が多いです。しかし、値段を抑えることで、十分な検査が行われなかったり、使う材料に影響がでたりします。

材質の特徴をチェック

奥歯の場合、口を大きく開けないと見えない部分のため、患者の希望に合わせてローコストな被せ物を使用することがあります。しかし、使用する材質によっては強度がなく、長期間の使用によって欠けたり、割れたりする可能性があります。長期的に考えたとき、少し割高でも安心感のある素材を選ぶ方がよいこともあるため、施術前に材質について質問し、よく理解してから選ぶようにしましょう。

値段の詳細を把握

インプラントにかかる費用はいろいろあります。費用の詳細を把握せず治療を受けてしまうと、最終的に高額な費用が請求されるというトラブルにつながる可能性があります。カウンセリングの際に見積もりを提示されたら、どのような費用が含まれているのかを確認するようにしましょう。特に、手術の際に使用される麻酔代や抜歯代、治療中の仮歯代などはオプションとしているケースが多いため注意しましょう。

奥歯のインプラントは値段の落とし穴に注意

見た目もきれいで、今までと同じ機能が期待できることから、奥歯もインプラントで治療するのがよいと考える人が増えています。しかし、インプラント治療は全額自己負担が基本で、高額な治療費となりやすく、多くの人がコストを抑えたいと考えます。ただ、値段に執着しすぎると、詳しい検査を行わずに手術をして何らかのトラブルを起こしたり、強度が弱い材質を使用した影響で後々人工歯が欠けたりするなどの影響が出る可能性があります。

奥歯1本をインプラントにしたときの相場は、30万円から50万円といわれています。相場より格安な見積もりの場合、治療に必要な検査や麻酔代などがオプションとなっており、結果的に請求額が高額になることも考えられます。奥歯をインプラントで治療しようと考えているのであれば、提示された見積もりをよく確認することが大切です。詳細が分からないときは、医師やスタッフに質問し、治療後の費用に関するトラブルを防ぎましょう。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 中部編

NSデンタルオフィス

出典:http://ns-dental.jp/

電話番号 053-411-5008
住所 静岡県浜松市東区天王町諏訪1981-3 イオン浜松市野ショッピングセンター1F
アクセス 遠州鉄道 自動車学校前駅 徒歩18分
東名高速道路 浜松ICより車で約10分
診療時間 【月〜日・祝】10:00~12:30/14:30~20:00(最終受付時間19:00)
休診日 木曜日
URL http://ns-dental.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る