短期治療できちんと噛める!抜歯即時埋入インプラントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1 / 1

大切な歯を失ってしまう理由はひとそれぞれにあるでしょう。しかし、歯が抜けた部分をそのまま放置することは、見た目の悪さはもちろんのこと体全体の健康を損なう恐れのあるマイナス要因となってしまうことについてご存知でしょうか?

歯科技術の進歩とそれを支えるさまざまな義歯や装置・治療法の数々は、失った歯を取り戻す治療に活かされており、その中でも特に期待されているのがインプラント治療であると言えるでしょう。

今回は、抜歯後のインプラント治療の選択肢となる「抜歯即時埋入インプラント」について歯科サプリ編集部がご紹介します。

この記事の監修ドクター:
林 揚春 歯科医師 医療法人社団秀飛会 優ビル歯科医院 院長

 インプラントを理解しよう

まずは予備知識として、インプラントとは何なのかについて簡単にご説明します。

インプラントは、欠損した歯の部分を補うために人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を設置する治療法のことです。

入れ歯や義歯と比較すると審美的にも実際の噛み心地の上でも優れているという特徴を持つインプラントは、天然歯にもっとも近い第二の歯として、徐々にその可能性に広がりをみせている治療方法なのです。

 インプラントには向き不向きがある

歯の欠損を補う目的でおこなわれるインプラント治療も全ての人に有効とは限らず、希望しても次のようなケースでは適正な施術をおこなうことができない場合があります。

・心臓病、高血圧、糖尿病や肝臓・腎臓などに持病のある方

・癌の治療をしている方

・骨粗鬆症と診断されている方

・過度の喫煙習慣があり、薬の服用によるアレルギーを起こしやすい傾向の方

また上記以外でも、インプラントを埋入するべきアゴの骨に異常がある場合や虫歯や歯周病によって口の中が不衛生な状態になっている場合にも施術が控えられることがあります。

さらに、費用に関して保険の適用がないため高額負担となってしまうのもインプラントの特徴です。

 インプラントに用意された2つの選択肢

現在のインプラント治療には、抜歯後のタイミングに応じて2通りの選択肢があります。

ひとつは抜歯した部分が完全に治癒するまで時間を置く「抜歯待時埋入」、もうひとつが今回ご紹介する「抜歯即時埋入」という方法です。

特に傷の治り具合を見ながら進められる抜歯待時埋入では、医師の判断によって1~6ヶ月以上も施術期間の開きがあるなど、長期の治療を余儀なくされるものとなっています。

 どうして早い?抜歯即時埋入インプラントの特徴

抜歯即時埋入インプラントとは、その名前が示す通り抜歯後の傷の治りを待つことなくすぐにインプラントの埋入ができる画期的な方法であり、心身共に受けるダメージを最小限に抑えることができます。

抜歯即時埋入インプラントの登場は歯科技術向上の賜物とも言えますが、これまで時間をかけておこなわれてきた抜歯待時埋入と比較しても多くのメリットを持っています。

では、具体的にどんなメリットがあるのかを検証しながら、同時に2つの方法が持つデメリットにも目を向けてみたいと思います。

 抜歯待時埋入と抜歯即時埋入の比較

 抜歯待時埋入インプラントのメリットとデメリット

【メリット】

・一般的なインプラント術を習得している医師であれば施術可能な治療法であり、インプラントが抜けてしまうなどのトラブルも起きにくい

・歯茎を審美的に整えたり傷口の縫合などもしやすいなど、埋入後の微調整がしやすい

【デメリット】

・抜歯後の傷口が治癒してから治療を開始するため、期間が長引く

・抜歯と埋入の2回にわけた外科治療が必要
・抜歯と埋入、骨造成などの2回以上の外科治療が必要
・術後に歯肉の裂開や感染など合併症が多い

 抜歯即時埋入インプラントのメリットとデメリット

【メリット】

・抜歯とインプラントの埋入が同時にできるため体への負担が軽減され、痛みや腫れも少ない

・傷の治癒を待たずに治療を開始でき、待時埋入法の3分の1の期間で終了する

・元の歯茎の形を維持したまま土台を埋入できるため馴染みが良い

・時間を置かない分、抜歯後の骨が細くなる心配がない

・抜歯直後は生体そのものの治癒力が働き、傷口の治りが早く、痛みや腫れが少ない

【デメリット】

・施術に携わる医師には高度なスキルとテクニックが求められるため、これをおこなうことができる医療機関が限られている

・即時埋入を可能にしているインプラントと、埋入するべきアゴの骨の厚みや量には一定の基準があり、これをクリアできないものに関しては適用できない

このほか、一般的なインプラント治療と同じく口腔内が虫歯や歯周病に侵されている場合にも施術できないなどのデメリットがあります。

 抜歯即時埋入インプラントの治療とは?

革新的なインプラント製品の開発によって実現しているこの方法は、インプラントを埋め込む部位や角度など、その扱い方に高度な技術を要するのが特徴です。

抜歯後即時埋入インプラントとは、どのような流れで治療が進められるものなのでしょうか?

 抜歯即時埋入インプラントの流れ

1.診断と治療計画の説明

歯科用CTやレントゲンなどを使いアゴの骨の幅や量が測定され、その人に合った治療イメージが作成されます。そして仮歯作製のための型どりをおこないます。

2.抜歯

傷んだ歯を取り除く処置として、必要な抜歯がおこなわれます。

3.インプラントの埋入

すぐに抜歯後の穴をドリルで整え、インプラントの土台となる人工歯根を埋入した後にすき間を人工骨で埋める処置がおこなわれます。

適正な場所への埋入ができるよう、手術が完了するまでデジタル機器を用いた確認を適宜おこないながら進められるのが一般的です。

4.仮歯または縫合

抜歯後即時埋入インプラントを導入しているクリニックによりバラつきはありますが、この段階で、固定が得られれば仮歯を装着し、固定が得られなければ仮歯を付けずに歯茎を縫合することがあるようです。

5.型どり

一般的には術後約8週間程度で最終の人工歯の型どりがおこなわれます。

6.最終的な人工歯の装着

型どり後に出来上がった人工歯を取り付けると、抜歯後即時埋入法によるインプラント治療は完了します。

 インプラントが完了したその後は?

1回の手術で終わり、その後の経過を含めても大幅に時間的なロスが減らせる抜歯後即時埋入インプラント。しかし多くの病気の治療がそうであるように、インプラントにもメンテナンスは欠かせないものとなります。

インプラントを施した部分が虫歯になるリスクはなくなりますが、逆に術後のメンテナンス不足から新たな歯周病が発生するリスクは否めません。

自費負担であるインプラント術は、高額であることを見越してその後のクリーニングやメンテナンスまで含めた料金を提示している良心的なクリニックもあります。

できるだけ痛くつらい思いをせず日々の生活を充実させていくためにも、まずはきちんとしたカウンセリングを受け、ドクターとのコミュニケーションを取っておくことが大切であると言えるでしょう。

 医療スタッフと協力して歯の未来を支える治療を!

いかがでしたでしょうか?

今回は、短期間でインプラント治療を実現できる「抜歯後即時埋入インプラント」についてご紹介しました。

抜歯後即時埋入インプラントとは単に期間が短くて済むだけでなく、ヒトに本来備わった自然治癒力を味方につける治療法として注目されているものです。

新しい歯科治療の技術と体の再生能力、そして新しい歯の誕生を優しく見守る力が合わさって強く丈夫なインプラントが完成することを目標に、インプラント治療に関して少しでも興味をお持ちの方はその実現に向けた一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

林 揚春 歯科医師 医療法人社団秀飛会 優ビル歯科医院 院長監修ドクターのコメント

インプラント処置は、痛みや腫れが伴い、時間が掛かる処置であると考えていますか?

抜歯後、歯槽骨は天然歯の歯根から血液供給を受けているために速やかに吸収を起こします。そのために、従来の抜歯窩が治癒してからのインプラント処置は、抜歯により吸収を起こした歯槽骨を造成してからインプラント埋入を行うため、痛みや腫れが伴いやすく、手術回数が増加し、治療期間の延長および術後に歯肉の裂開や感染などの合併症を起こす可能性が多くなります。抜歯即時埋入処置は、1回の処置で行うために痛みや腫れが少なく、治療期間も短期間で終了し術後の合併症の可能性も少なくなります。しかし、この処置はテクニックが難しいため、経験豊富な歯科医師を選ぶことが大切です。

 

監修ドクター:林 揚春 歯科医師 医療法人社団秀飛会 優ビル歯科医院 院長

 この記事の監修ドクター

林 揚春 歯科医師 医療法人社団秀飛会 優ビル歯科医院 院長

出典:https://www.u-dental.com/
林 揚春 歯科医師
医療法人社団秀飛会 優ビル歯科医院 院長

PROFILE

略歴
1953年   出生
1979年   日本大学松戸歯学部 卒業
1979~1983年 IDA(国際デンタルアカデミー) 勤務
1983~1985年 河津歯科医院 勤務
1983年    上志津中央歯科 開業
1986年   優ビル歯科医院 開業
1986年     医療法人社団 秀飛会 理事長就任

所属団体
日本大学客員教授
日本ピエゾ臨床研究会会長
日本口腔インプラント学会
日本顎咬合学会
顎咬合学会(指導医)
ICOI diplomate
スタディグループFIDI

 インプラントでおすすめの歯医者さん 関東編

 優ビル歯科医院

出典:http://u-dental.com/

電話番号 03-3204-8850
住所 東京都新宿区馬場下町62 優ビル
アクセス 東京メトロ東西線 早稲田駅 3aまたは3b出口 徒歩0分
診療時間 【平日】10:00~13:30/15:00~19:00
【土曜】10:00~13:30/15:00~18:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://u-dental.com/
1 / 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る