マウスピースで白い歯を手に入れる!ホームホワイトニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1 / 1

ホワイトニングは、歯科矯正と並んで美しい口元を手に入れるために有効だと注目されています。施術すると、薬剤などを用いて歯を漂白することで歯を白くすることができます。ホワイトニングは歯医者で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。ホームホワイトニングは、マウスピースを用いて自宅で簡単に行うことができます。ここでは、ホームホワイトニングのやり方やメリットデメリットについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
熊沢 昌彦 歯科医師(くまざわ歯科 院長)

 マウスピースで行うホームホワイトニング

ホワイトニングといえば歯科医院で行うのが一般的ですが、マウスピースを用いて自宅で行うホームホワイトニングが注目されています。ここではホームホワイトニングについて、どういった治療法なのか特徴を説明していきます。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングに対し、自宅で行うことができるのがホームホワイトニングです。歯科医院などで専用のマウスピースを作成し、そのマウスピースに薬剤を塗って装着することで歯を白く漂白していきます。即効性はありませんが、毎日継続して続けることで白く美しい歯を手に入れることができます。

空いた時間で歯を白く

自宅で行うことができるホームホワイトニングは、空いた時間を利用して行うことができます。歯科医院に通院する時間を作ることが難しい方でも時間を気にせずにできるため注目されている方法です。

ホワイトニング初心者におすすめ

マウスピースを使うホームホワイトニングは、基本的に薬剤をマウスピースに塗って装着するだけと手順が簡単です。そのため、初めてホワイトニングに挑戦する方にもおすすめです。眠っている間に行えば、生活への影響も最小限に抑えることができます。

 ホームホワイトニングのやり方

マウスピースと薬剤を用いてできるホームホワイトニング。正しいやり方とはどういう手順なのでしょうか。ここではマウスピースを使ったホームホワイトニングのやり方について紹介していきます。

カウンセリング

ホームホワイトニングを始めるためには、まず歯科医院でカウンセリングを受けます。希望する歯の白さや予算など、希望に合った最適のホワイトニングの方法を相談します。施設によっては、ホワイトニングの正しい知識を持つ歯科衛生士として認定された「ホワイトニングコーディネーター」が在籍しているところもあるので、リサーチしてみましょう。

歯のクリーニング

ホワイトニングをする前に、お口の環境を整えるために歯石や歯垢の除去をします。虫歯がある場合は痛みが出ることがあるため検査し、必要な場合は治療を行います。

マウスピースの作成

マウスピースはひとりひとりに合わせた専用のものを作成するため、歯型を取り作成します。3~4日程度でできあがります。出来あがったマウスピースは実際に装着して違和感がないかをチェックします。

ホワイトニング開始

マウスピースが完成したら、歯科医師の指示に従ってホームホワイトニングを開始します。一般的な流れとしては、「歯磨き」→「マウスピースに薬剤を塗る」→「マウスピースを装着」→「2時間後にマウスピースを外す」→「うがいと歯磨き」→「マウスピースの手入れ」となっています。

2~4週間ほどで効果を体感

ホームホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと比べると、薬剤の濃度が10~20%と弱くなっています。そのため、効果を体感するまでには2~4週間程度掛かります。また、初めての場合はホワイトニングによって歯が白くなっても、色がもどりやすいため、効果を維持するためには継続することが大切です。

 ホームホワイトニングのメリット・デメリット

ホームホワイトニングのメリットやデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。ここではホームホワイトニングのメリット・デメリットについて紹介します。

費用が抑えられる

ホームホワイトニングのメリットは通院回数が抑えられることです。一度マウスピースを作成すれば、薬剤を補充することで何度もホワイトニングを行うことができます。オフィスホワイトニングの場合は、通院するたびに毎回料金が発生しますが、ホームホワイトニングは自宅で行うため費用が発生しません。

自然な白さを手に入れられる

オフィスホワイトニングは歯の表面を漂白します。一方、ホームホワイトニングは歯の内側から徐々に漂白するため、時間はかかりますが自然な歯の白さを手に入れることができます。また、歯の内部から漂白することで、オフィスホワイトニングよりも白さが長持ちします。

知覚過敏になりにくい

オフィスホワイトニングでは薬剤の刺激から一時的に歯がしみる「知覚過敏」の症状が出ることがあります。ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングよりも濃度が低い薬剤を使用しているため、刺激が弱く知覚過敏になりにくいといったメリットがあります。

ホワイトニング後は食事制限も

ホワイトニング後は普段よりも歯に色素が着色しやすい状態になります。そのため、コーヒーやタバコなど、色が濃いものの摂取は控える必要があります。ホームホワイトニングは毎日行う必要があるため、食事のタイミングに気をつかわなければなりません。こうした不便なところがデメリットだと言えます。

毎日2時間程度マウスピースを装着が必要

ホームホワイトニングは毎日継続して行うのが効果的です。マウスピース装着中は食事や喫煙はできません。また、会話もしにくくなることがあります。1度に2時間程度は装着する必要があるため、長時間マウスピースを装着することにストレスを感じる方にとってデメリットになります。

 マウスピースの正しい扱い方

毎日使用するマウスピースは正しく扱わないと破損してしまうことがあります。また、口の中に入れて使用するものなので清潔に保つことも大切です。ここではマウスピースの正しい使い方について紹介していきます。

使用後はしっかり水洗い

マウスピースの使用後には必ず水洗いをします。このとき、ワンタフト歯ブラシを使うことで、マウスピースのくぼみに入り込んだ薬剤を取り除くことができます。また、お湯はマウスピースが変形する原因になることがあるため使わないようにしましょう。

固い入れ物で保管

洗い終わったマウスピースは固い入れ物に入れて保管します。ハンカチなどにくるんで置いておくと、うっかり壊してしまう可能性があるため注意しましょう。

高温は避ける

お湯の使用と同様に、マウスピースは熱に弱いため、高温になる場所は避けて保管しましょう。特に夏場は、直射日光が当たる場所や窓際など、高温になる場所は避け、涼しい場所に保管するようにしましょう。

穴や亀裂が出来たら使わない

マウスピースに穴や亀裂が入ってしまうと、その部分から薬剤が漏れ出し、適切にホワイトニングを行うことができなくなります。マウスピースが変形したり、損傷してしまった場合は歯科医院で作り直すようにしましょう。

 白い歯を手に入れるならマウスピースでホームホワイトニング

マウスピースと薬剤を用いて行うホームホワイトニングは、空いた時間に自宅で歯のケアができるホワイトニング方法です。オフィスホワイトニングのように施術の度に通院する必要がないため、忙しい方にも注目されています。歯の内側から漂白するため、効果を体感するまでに少し時間がかかりますが、自然な白さを手に入れることができます。また、一度マウスピースを作成しておけば、薬剤を補充するだけで何度も行うことができます。マウスピースを使ったホームホワイトニングで白い歯を手に入れましょう。

熊沢 昌彦 歯科医師 くまざわ歯科 院長監修ドクターのコメント

ホワイトニングとはもともとのご自身の歯の色を白く明るくする方法です。
歯のクリーニングと混同されることもございますが、クリーニングは歯に付着した歯垢や歯石着色汚れを取り、歯本来の状態に戻すことを言います。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングという2種類の方法があります。
当院ではホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングを行っております。

 

監修ドクター:熊沢 昌彦 歯科医師 くまざわ歯科 院長

 この記事の監修ドクター

熊沢 昌彦 歯科医師 くまざわ歯科 院長

出典:http://www.kumazawashika.com/
熊沢 昌彦 歯科医師
くまざわ歯科 院長

PROFILE

【経歴】
・平成元年 3月 愛知学院大学歯学部卒業
・平成5年 3月 愛知学院大学歯学部大学院歯学研究科卒業
・平成5年 4月 愛知学院大学歯学部保存学第二講座入局 助手
・平成10年 3月 同講座講師 
・平成10年 4月 同講座非常勤講師
・平成10年 6月 熊澤歯科開院

 ホワイトニング治療でおすすめの歯医者さん 中部編

くまざわ歯科

出典:http://www.kumazawashika.com/

電話番号 052-684-0484
住所 愛知県名古屋市熱田区白鳥2-12-12
アクセス 地下鉄名城線 神宮西駅 3番出口 徒歩3分
JR東海道本線 熱田駅 徒歩10分
名鉄名古屋本線 神宮前駅 徒歩10分
診療時間 【平日】9:30~12:30/14:30~19:30
【土曜】9:30~12:30/13:30~17:30
※予約制です。初回はお電話でご予約をお願いいたします。
急患にも対応しております。お電話で状況をお聞かせ下さい。
休診日 日曜日・木曜日・祝日・年末年始
URL http://www.kumazawashika.com/
1 / 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る