小児歯科の治療で受ける全身麻酔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小児歯科での治療で全身麻酔を受ける場合のメリットと注意点とは、どんなものなのでしょうか。全身麻酔と聞くと、とても大変なことのような印象を受けますし、さまざまな合併症も気になります。

子どもが診療対象の小児歯科において、本当に必要な治療方法なのでしょうか。小児歯科での全身麻酔の治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

小児歯科の全身麻酔とそのメリット

小児歯科で治療をおこなう際に「全身麻酔」を受けることがあります。歯科の治療での全身麻酔とは、どういった場合に受けるものなのでしょう。小児歯科における、全身麻酔での治療のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

小児歯科での全身麻酔とは

全身麻酔とは、全身麻酔薬を使って眠ったような状態をつくり、その間におこなう治療です。意識のない状態なので、痛みを感じることなく治療が終了します。恐怖心の強いお子さんや障害のある方などの、心のケアも含めた治療の一環として、全身麻酔が使用されることがあります。

全身麻酔のための設備が必要ですので、大学病院などの施設でおこなわれていますが、最近では医院でも手がけるようになってきています。

全身麻酔での治療のメリット

全身麻酔での歯科治療の最大のメリットは、痛みや恐怖を伴わないことです。小さいお子さんの場合では、治療中に動いたりする可能性もあり、患者の協力を得るということができません。例えば、多くの虫歯の治療をおこなう必要があるとき、全身麻酔治療によって期間が短縮できるというメリットも生じてきます。

患者本人の心のケアはもちろん、ご家族の方の精神的な負担を軽くすることにもつながります。

全身麻酔の必要性と安全性

小児歯科における全身麻酔での治療の必要性とは、どのようなものなのでしょう。全身麻酔と聞くと大事のような気がしてしまいますし、本当に受ける必要があるものなのでしょうか。ここでは、全身麻酔の必要性と安全性、その治療の流れとは、どのようなものなのかについて触れてみます。

全身麻酔での治療の必要性

永久歯に生え変わるからといって、乳歯の虫歯を放置してもいいということはありません。永久歯に影響を与えたり、化膿して熱を出したりすることもあるのです。虫歯は自然治癒しません。治療に協力が得られないという場合は、全身麻酔での治療も有効です。

痛みによって咬むことができず、食事が取れないとなると、発育に問題が起こってくることも。緊急性のある状況で、早めの治療が必要だと判断されたときには、全身麻酔での治療も重要な選択肢のひとつとなってきます。

全身麻酔の安全性

どんな医療にも100%の安全というものはありません。麻酔においてもそれは同じこと。赤ちゃんから高齢者まで、麻酔薬は基本的に安全に作られています。しかし、極々少ないながらも、薬剤や器具に対するアレルギー反応など、副作用の危険性があります。

麻酔中は、呼吸管理や全身状態のモニタリングなどをおこない、歯科麻酔認定や専門医が、常に安全を監視しています。

全身麻酔での治療の流れ

まずは、年齢や緊急度などを考慮して、全身麻酔を使用した治療が必要かどうかを検討します。必要であると判断された場合は、恐怖心を少なくするために数回の来院を勧められることもあります。

全身麻酔での治療では、入院が必要になります。宿泊をともなう入院のこともあれば、日帰りですむこともありますが、担当医との相談によって決められます。処置前の事前検査では、心電図やレントゲン、血液検査、尿検査をおこないます。飲食の制限や退院後の健診などの確認も必要です。

全身麻酔による治療での注意点

全身麻酔を受ける場合、事前に担当医師に伝えておくべきことや普段の生活で注意すべきことがあります。全身麻酔は安全であるとされていても、安易に受けるものではありません。なにより、お子さんの体に関わる重要なことですので、気になることは何でも相談し、疑問点は解消しておくようにしましょう。

全身麻酔による治療の際に注意する点

全身麻酔で治療を受ける際に気をつけなければならないのは、まず体調管理です。風邪などの感染症の症状があると、全身麻酔はかけることができません。これは合併症のリスクが高くなるためです。事前にうける処置前の検査から当日までは、体調管理に十分気をつけて過ごすようにしてください。

このことは、全身麻酔での治療を受けた後の、順調な回復にもつながってきます。お子さんだけではなく、ご家族の方も同じように注意が必要。風邪をひいてしまったりして、治療前のお子さんに移すようなことのないように、周囲の協力も大変重要です。

全身麻酔での治療と予防接種

小さいお子さんですと、予防接種を受ける時期と重なることも考えられます。この場合、接種後であれば、しばらくの間は全身麻酔での治療を避けることをお勧めします。

予防接種の目的は、体の免疫による防御反応を誘導すること。接種後しばらくは、風邪のような症状が出ることがあります。担当医師に予防接種のスケジュールと治療計画との兼ね合いを、よく相談するようにしてください。

同じように、全身麻酔での治療をおこなったあとも、回復に時間がかかりますので接種時期には注意が必要です。

全身麻酔での治療と合併症

全身麻酔を受けたことによって起こる合併症の主な症状は、悪心・嘔吐、発熱、気管への挿管による影響やアレルギー反応などがあります。

悪心・嘔吐は麻酔剤の作用によるもので、麻酔後数時間続きます。食欲の減退が起こることもあります。気管挿管による合併症は、声のかすれやのどの痛みなど。薬剤やゴム素材に対するアレルギー反応や高熱症など、重篤なものに対しては、他の医療機関との連携や対応手段、特効薬の準備などの対策が取られています。

このような合併症は、発症する頻度としては低いですし、治療前の体調管理と治療中の安全確認を十分におこなうことで対処が可能です。しかし、担当医とご家族の連携が最も重要です。

お子さんの体調の変化や少しでも気になることがあれば、必ず担当医に相談しておくことを心がけるようにしましょう。

全身麻酔での治療を受ける際の留意点

全身麻酔を受ける前に守るべきことや、治療を受けたあとについて、いくつか気をつけておきたいことがあります。全身麻酔を受ける治療の前後で、体調の変化や様子などに違いはあるのでしょうか。

治療前に気をつけておくこと

発熱・嘔吐・下痢や風邪症状など、お子さんの体調の変化はかならず担当医に伝えること。重篤な合併症を引き起こす原因にもなりかねませんので、とても大切なことです。予防接種を受けた時期や、喘息などの持病の有無。お子さんの体に関する情報は、すべて医師に伝えておいてください。

また、全身麻酔での治療の前には、必ず食事制限があります。これは、麻酔をかけるときに胃の中に食べ物があると、吐いてしまうからです。麻酔がかかった状態では、嘔吐したものが肺に流れてしまい、肺炎を起こす可能性も。飲食に関する医師の指示は、必ず守るようにしてください。

治療を受けた後に気をつけておくこと

治療後は、麻酔からの回復を十分に確認してから帰宅します。意識の状態やすわっていても気分が悪くならないかなど、お子さんの状態に問題がなければ、水分をとることから始めていきます。歩くことができるまでに麻酔から回復すれば、麻酔医師が帰宅を許可してくれます。

ふらつきやめまいなどは残りやすいので、注意して帰宅します。帰宅後の食事も、吐き気が残っていることがあるので、本人の求めに応じて少しずつ始めるのがいいでしょう。担当医の指示にしたがって、治療後の健診を必ず受けるようにしてください。

小児歯科における全身麻酔の治療に必要なのは治療への理解

小児歯科の治療の際に受ける全身麻酔は、必要性も高く、メリットも多い方法です。しかし、すべての治療を全身麻酔でおこなうというものではなく、あくまでも専門医によって、必要であると確認されたときのみに限られています。

治療箇所が多い場合など、小さいお子さんには負担の大きい治療も、たった1度で済ませてしまうことも可能です。負担の軽減は本人だけでなく、家族にとっての利点にもなり得ます。

メリットが大きい分、厳重な管理の下でおこなわれるべき治療方法ですので、担当医ときちんと相談し、納得の上で治療を受けるようにしましょう。合併症や注意するべきことも多く、体への負担も少なからず存在します。

大切なお子さんの体のことですので、疑問を抱えたまま治療をすすめることのないようにしてください。

小児歯科でおすすめの歯医者さん 九州編

東町グラン歯科

出典:http://www.grand-dc.com/

電話番号 096-285-5032
住所 熊本県熊本市東区東町2-1-2
アクセス 熊本市電 健軍町駅から車で5分
診療時間 【月~土】9:00~12:30/14:30~19:00
※予約優先 ※受付は診療終了時間の30分前まで。
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.grand-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る