はじめての小児歯科!検診前に知っておきたいこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

生え始めた赤ちゃんの歯。歯磨きも思うようにやらせてもらえないので、虫歯になるのでは?と心配しているパパやママは多いのではないでしょうか。

小児歯科で検診してもらうべきなのはわかるけれど、まだまだ本数も少ないので、歯医者さんに行くべきなのか、いつから通うべきなのか悩んでしまいますよね。

 
そんな小児歯科の検診について、パパやママたちが知っておきたいことを歯科サプリ編集部がお届けします。

はじめての小児歯科検診で気をつけたいこと

歯が生え始めたらできるだけ早めに受診を

小児歯科の多くが「歯が生えはじめたら早めに受診をしてほしい」と思っています。早めに小児歯科デビューをすることで、歯医者さんへの恐怖心をなくすことができ、早めに慣れることができます。

また、乳歯は永久歯と比べると、エナメル質が半分ほどしかないため、虫歯になりやすく、さらになってしまうと進行が早く、広がりやすいといわれています。子どもによっては神経が未発達なため、痛みをあまり感じないことがあり、虫歯になっていても、歯磨きをしているパパやママ、本人さえも気づきづらいといったことも考えられます。早期に虫歯を発見するためにも、歯が生えてきたら一度小児歯科などを受診しておくのがベストです。

子どもの扱いに慣れた歯科医を選ぼう

子どもがはじめて歯医者さんに行く場合、最も重要ともいえるのが「子どもの扱いに慣れた歯科医を選ぶ」ということ。最初の検診で嫌な思いをしてしまうと、その後ずっと歯医者嫌いな子になってしまう、といったことが考えられます。

一度歯医者嫌いになってしまうと好きになってもらうのは大変なことです。これから生えてくる永久歯のことを考えても、はじめての歯医者選びはとっても大切なのです。そこで、やはり子どもの扱いに慣れている小児歯科を選ぶことをおすすめします。

はじめての歯医者さんで嫌な思いをせずに済めば、その後検診で通う際にも機嫌よく通ってくれるようになります。子どもの小児歯科デビューは、歯科医を慎重に選びましょう。

プロから子どもの歯のケア方法をしっかり学ぼう

子どもの歯は、その生え方や状態によってケアの方法が違ってきます。どの子も同じような状態で歯が生えるわけではありませんし、生え揃う時期も違います。

歯の生え方はとても個人差が大きいもの。育児書などをいくら熟読しても、その子にあったケアの方法は違うのです。小児歯科の検診では、正しい歯の磨き方などを細かく指導してもらえます。その子の歯の生え方に合ったケアの方法を親もしっかりと学ぶことができますので、早めに受診することで子どもの歯を守れます。

歯に関する疑問を解決しよう

小児歯科の検診は、パパやママが日頃から思っている歯に関する疑問を解決するためにも、大変貴重な良い機会になります。基本的な歯の磨き方はもちろん、歯磨き粉はどのようなものを使ったら良いのか?夜中の授乳は虫歯の原因になるのか?など、多くのパパやママたちは、日頃から歯に関して疑問に思っていることが、ひとつぐらいはあるのではないでしょうか。そういった疑問を解決することも、歯科検診が必要な理由のひとつなのです。

機嫌の良い時間帯に予約を

はじめての歯医者さんで嫌な思いをしてしまうと、歯医者嫌いになる危険が高まります。赤ちゃんを連れて行くなら、機嫌の良い時間帯を選んで受診することも大切で、その中でも比較的機嫌の良い午前中がおすすめです。午後になると眠くなり機嫌が悪くなってしまうことがありますし、小学生がやってくる午後の時間帯よりも、小児歯科の場合は予約も比較的取りやすいでしょう。

待合室で待っている間も機嫌が悪くならないよう、楽しい雰囲気をつくってあげることも大切です。お気に入りの絵本やおもちゃを一緒に持って行くなど、待合室で落ち着いて過ごせるように準備してから行くようにしてください。

乳歯が虫歯になることの危険性

乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすい

乳歯が永久歯よりも虫歯になりやすいのは、歯質が永久歯よりも弱いことが原因のひとつといえます。歯の表面を覆うことで歯を守っているエナメル質は永久歯の半分の厚さしかありません。歯の質が柔らかいため、虫歯菌に弱く、神経まで到達してしまうのが早いため、乳歯は一度虫歯になると広がるのも早いのです。

また、乳歯の虫歯は初期状態では黒っぽい色ではなく、白っぽい色をしているため、毎日赤ちゃんの歯磨きをして、仕上げ磨きを行いながら子どもの口の中を見ているはずのパパやママでも、虫歯に気づきづらいことも原因かもしれません。さまざまな理由が考えられますが、子ども自身も虫歯の自覚がないことも多いので、定期的な検診が大切なのです。

永久歯も虫歯になる危険が高まる

乳歯が虫歯になることで、永久歯も虫歯にしてしまう危険が高まってしまうことが考えられます。虫歯は虫歯菌が関係している、と聞いたことがある方は多いと思います。その虫歯菌は、虫歯を放置することで増えてしまいます。

口の中の虫歯菌が増えてしまった環境の中に、永久歯は生えてくることになってしまうのです。そういったことから、乳歯の虫歯は乳歯だけではなく、次に生えてくる永久歯までも虫歯の危険にさらしてしまうことになるのです。

永久歯の歯並びにも影響が

乳歯の虫歯は、永久歯の虫歯の危険を高めるだけではなく、歯並びにまで影響する可能性があります。虫歯になった乳歯の形が崩れてしまう、虫歯の進行によりやむなく抜歯した場合、できてしまった隙間に両隣の歯が寄ってきてしまうことがあります。

そうすると、次に生えてくる永久歯がまがって生えてきてしまったり、横から生えてしまったりすることがあります。また、乳歯の虫歯が進行することで、下に控えている永久歯の形成に影響してしまうこともあるのです。

いずれ抜ける歯でも早めに治療を!

乳歯はいずれ抜けてしまう歯ということで、乳歯の虫歯をあまり深刻に考えていないパパやママもいるかもしれません。しかし、乳歯が虫歯になることは、その後大人になってもずっと使い続けることになる永久歯へも影響を与えてしまうのです。

子どもが痛がらないからといって、乳歯の虫歯を放置してはいけません。早めに虫歯を見つけるためにも、毎日自宅でしっかりとケアを行い、定期的な検診を受けておくようにしましょう。

子どもの大切な歯を守る小児歯科の検診

大切な我が子の歯を守るためにも、信頼できる小児歯科を見つけておくことは大切なこと。そのためにも、赤ちゃんの歯が生えはじめたら早めに小児歯科を受診して、歯医者さんが好きな子になってもらいましょう。

小児歯科は虫歯の治療を行うだけの場所ではありません。歯が虫歯になるのを防ぐ、予防歯科を行っているところが多いため、大人とは違う子どもの歯で虫歯になりやすいポイントを教えてくれたり、正しい歯ブラシの使い方なども学んだりすることができる場所です。定期的に検診に通い、子どもの大切な歯を親がしっかりと守ってあげてくださいね。

小児歯科でおすすめの歯医者さん 近畿編

すまいる歯科

電話番号 0564-333-222
住所 愛知県岡崎市北野町一番訳33-1
アクセス 愛知環状鉄道 北野桝塚駅 徒歩7分
診療時間 【平日】9:00~13:00/15:00~19:00
【土曜】9:00~16:00
休診日 日曜日
URL http://www.smile-shika.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る