インプラント治療における失敗とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医療行為であれば100%成功するということは確約できず、失敗をしてしまうということももちろんあります。

しかし、自分が失敗されるのはとても怖いのではないでしょうか。特に高いお金と時間をかけて治療するインプラント治療であればなおのことです。

インプラント治療の失敗にはどのようなものがあるのか、また自分が失敗されずに治療してもらうためにはどうすればよいかについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療における失敗例

国民生活センターによるとインプラント治療におけるトラブル、失敗されたという相談は年々増加傾向にあり、60歳代と50歳代が全体の約6割を占めているようです。

インプラント治療における失敗例とはどのようなものなのかの具体例をここでは紹介します。

インプラントが骨と結合しない

インプラントは顎の骨と結合することによって、安定性が増し、その後のかぶせ物の固定も容易になります。
しかし、インプラントと顎の骨がなかなか結合しないというのは失敗です。その原因は、ドリルの熱で骨がダメージを受けたことによる骨のやけど、インプラントを挿入する際の深さや位置が不正確であった、などになります。

また、この固定の際にインプラントが貫通した、結合しなかった部分が感染症状を起こしたという事例もあるようです。

かぶせていた歯が破損する

かぶせ物の歯(人工歯)が破損してしまうという失敗です。インプラントとかぶせ物の歯をつなぐ部分が緩んでいる、適切なかみ合わせに調整できていないということが原因となります。

インプラント治療によって骨が溶ける

インプラントの治療によって骨が溶けてしまったという失敗です。骨が溶けたことによって鼻と口をつないでいる部分にインプラントが貫通し、蓄膿症となったという事例があります。

また、挿入時に歯茎が炎症を起こしたことによって骨が溶けてしまい、インプラントがすべて外れてしまったという事例もあります。

誤った部分へのインプラント挿入

本来骨の上に挿入するはずのインプラントが骨の横に挿入されてしまっている例です。また、骨だけでなく迷いながらインプラントを挿入したのか、インプラントが横たわっている、インプラントがかぶせ物(人工歯)を挿入することができないくらいに埋まっているという失敗事例があります。

術前にはなかった身体症状が起こる

インプラントの失敗として最も患者さんが訴えることが多いのがこの身体症状です。

最も多いのはインプラント挿入により神経を圧迫してしまったことによる口や顎の痺れや感覚麻痺です。また衛生環境が整っていな場所での手術によってインプラントから菌が入り、発熱や痛みなどの感染症状を引き起こしたという患者さんもいます。

中には、インプラント挿入時に舌まで貫通して大出血を起こしその血の塊が気道に入り込んで呼吸ができなくなったというまさに生命に直結するような事例もあります。

インプラント治療による失敗が起こる理由

インプラント治療により多くの失敗例が報告されていますが、その原因は何なのでしょうか。

医師の知識、経験不足

インプラント治療は比較的新しい治療法となります。そのため、大学では授業のカリキュラムに最近組み込んだところがほとんどで、大学の案内を見てみるとここ10年以内カリキュラムに組み込まれたところがほとんどです。そうするとそれ以前に歯学部を卒業して医師免許を取得した医師は、研修機関などで研修をして知識や技術を習得しなければなりません。

技術研修をしっかりとやる研修期間もありますが中には講義のみで研修を終えてしまうところもあるそうで、実践勝負となっている現状もあります。医師の知識や経験の不足がインプラント治療の失敗を招いていると考えられます。

経営の影響

歯科は年々増え続け、今ではコンビニの1.7倍もの量の歯科があるといわれています。そうなると、いくら歯科としての技量が良くても生き残るために集客に必死になります。

歯科の診療の中でインプラント治療は自費診療という保険適用外の治療となります。つまり、経営が立て直せる診療となるのです。そうすると知識や経験が不足していてもインプラント治療を頑張ってやろうとする歯科が増えます。とあるアンケートでは自分の技量を超えたケースの患者が来院し、治療をせざるを得なかった例が70%を超えていたそうです。

経営のために自分の技量を超えた診療をしているということも失敗を招いてしまっていると考えられます。

誇大広告

失敗をされたと消費者センターに訴えた患者の多くは、インターネットや新聞折り込み広告、情報誌等を見て歯科を選択したという人でした。患者さんの訴えがあった歯科の広告を調べると医療法で禁止とされている文言や誇大広告が多く見られたそうです。

こういった誇大広告に魅せられ、インプラント治療のリスクなどを理解せずに治療を受ける患者さんも増えており、患者さんの知識不足も失敗につながってしまう一因となってしまっていると考えます。

自分がインプラント治療を失敗しないための対策

とはいえ、やはりインプラント治療は有益な治療法であり、治療を行ったことによって食べられるもののバリエーションが広がった、生活に潤いが出たと恩恵を受けている人もたくさんいます。難しい症例に対しても失敗せずに治療をしている医師もたくさんいます。

自分が失敗せずにインプラント治療を受けるためにはどうしたらよいのでしょうか。

医師の説明をよく聞く

まずは、患者さん自身が医師の説明をよく聞きましょう。治療を受ける上でのメリットだけでなくデメリットもしっかりと説明してくれる歯科であれば安心して治療を受けても良いでしょう。

また、検査をしっかりと行ってくれることもポイントです。しっかりと検査を行ったうえで自分自身に合わせた治療計画を立ててくれる歯科であれば信用しても良いでしょう。

決断を迫られた場合には断る

インプラント治療において失敗されたという患者さんが来院した歯科の多くは今すぐに治療をした方が良いと決断を迫ったということです。

しかし、虫歯など進行する病気ではないため、いつ治療をしたとしても変わりはありませんし悪化することもありません。今すぐ治療をした方が良いと決断を迫られた場合には疑いの目をもち断ってしまっても良いでしょう。

セカンドオピニオンを活用する

セカンドオピニオンとは第2の意見を求めるという意味があります。1か所での説明で不安であればこのセカンドオピニオンを活用し他の医師の意見を聞いてみるのも良いでしょう。

そこで2人の医師の意見が食い違えばサードオピニオンとしてまた別の医師の意見を聞いても良いのです。とにかく自分が納得するまで専門家の意見を求めましょう。

信頼できる病院を探すことが大切

インプラント治療は治療としてはとても良い治療法です。そのため自分が心から信頼できる医師を見つけることができれば、良い治療を受けることが可能でしょう。

全てを医師任せにするのではなく患者さん自身が行動を起こすことによって、信頼できる病院はきっと見つかることでしょう。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

日根野谷歯科医院

電話番号 072-464-7172
住所 大阪府泉佐野市上町3-4-23
アクセス 南海本線 泉佐野駅 徒歩3分
診療時間 【平日】9:00~12:00/14:00~19:00
【金曜】9:00~12:00/14:00~18:00
【土曜】9:00~12:00
※受付は終了の30分前までです。
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.hinenoya.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る