審美歯科の人工歯e-maxは耐久性と審美性が高い | 歯科サプリ

審美歯科の人工歯e-maxは耐久性と審美性が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一昔前までは、歯の治療と言えば銀歯が使われていました。しかし銀歯は目立ってしまい見た目があまり良くないことから現在は他の素材を使った審美歯科を希望する方が多いです。

審美歯科に使われる素材としてはセラミックがあげられますが、セラミックと言っても様々な種類があります。その1つがe-maxです。審美歯科に使われるe-maxについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

審美歯科で使われるe-max

審美歯科で使われるe-maxについて説明する前に、審美歯科で使われるセラミックの種類に触れておきましょう。

審美歯科で使われるセラミックの種類は年々増えており、全てを取り上げることはできませんが、代表的なものを紹介します。

審美歯科で使われるセラミックの種類

審美歯科で使われるセラミックには幾つか種類があります。代表的なのは「ジルコニア」「アルミナ」「ハイブリッドセラミック」、そして今回紹介する「e-max」です。

・ジルコニア
生体親和性に優れています。腐食にも強く審美性も高いので審美歯科に使われています。

・アルミナ
アルミナは酸化アルミニウムのことです。ジルコニアが開発される前には審美歯科の主要な材料として使われていました。

・ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミックはハイブリッドレジンとも言います。レジンと呼ばれる歯科用プラスチックにセラミックの粉末を合わせた素材です。

e-max

e-maxは二ケイ酸リチウムガラスで主にできています。スイスのIvoclar Vivadent社が開発した加工システムです。「empress max(エンプレス・マックス)」の意味があります。

天然歯と同じような色調・形態を再現できることから注目されています。金属を使わないので金属アレルギーの方でも安心して使うことができるのです。

e-maxのメリット

ここからはe-maxの特性つまりメリットを紹介していきます。メリットを知ることで自分に合っているか判断することができるでしょう。

・強度が強い
強度は360~400mPaです。天然歯の350mPaにかなり近い数字となっています。噛み合わせた天然歯を過度に摩耗させることもありません。歯ぎしりの癖がある方や噛み合わせの力が強い方にも有効です。

・見た目が良い
天然歯同様の色調を再現できます。さらに使用を続けても変色することがほとんどありません。

・汚れに強い
e-maxはプラークが付きにくいです。そのため汚れに強いと言えます。

・虫歯に強い
天然歯の残っている部分と分子レベルで接着されます。そのため接着部分から虫歯になることが少ないです。

・比較的に費用が安い
ジルコニアより費用は安くなっています。

・安全性が高い
金属アレルギーの心配がないだけでなく、e-maxに使われる二ケイ酸リチウムガラスは健康に影響がないとされています。安心して使用できる素材です。

e-maxのデメリット

e-maxの人工歯を使用するデメリットも存在します。後から後悔しないようにデメリットをわかった上でe-maxを使用するか否かを最終的に判断してください。

・歯を削る量が多い
e-maxでクラウンを作る場合、土台の天然歯を削りますが、かなりの量削ることがあります。歯を削られるのが苦手な方は苦痛に感じるかもしれません。

・色付けには限界も
ジルコニアは複雑な色付けが可能です。しかしe-maxは単色で削り出すため色付けには限界があります。

・ステイニングした色は変色することも
ステイニングした色は時間が経つと共に変色していくことがあります。

・中の歯の色が透けて見える
e-maxを被せた中の歯の色が透けて見えます。ほとんどの方は心配ありませんが、歯がすでに黒ずんでいるなど中の歯の色が気になる方はジルコニアなど他の素材が良いかもしれません。

・健康保険適用外
ジルコニアに比べ費用が安いものの、健康保険の適用外です。相場は7万~15万円となっています。

・ブリッジには向かない
ブリッジにした場合、ダミー連結部で折れる危険性があります。しかしブリッジが可能としている審美歯科もあります。自分のかかる審美歯科では可能なのか尋ねてみてください。

e-maxを使った治療法とメンテナンス方法

e-max治療法とクラウンを使用する際の手順も紹介しましょう。また、e-maxを長持ちさせるにはメンテナンスも大切です。メンテナンスの方法も説明します。

e-maxを使った治療法

e-maxを使った治療法は主に3つあります。

・e-maxクラウン
e-maxを使用した人工歯を、天然歯を削った部分に被せる方法です。

・e-maxインレー
e-maxを使用した詰め物を、天然歯を削った部分に詰めます。奥歯に使われる治療法です。

・ラミネートベニア
付け爪のように歯の表面に付けます。幼少期に抗生剤を投与されるなどして歯が黒ずんでいる方におすすめの治療法です。

e-maxクラウンの作製手順

e-maxクラウンの作製手順も理解しておくと不安なく治療を受けられます。

1.歯を削り、型取り

2.歯科技工士が天然歯の色調を見、歯の形態のレシピを作成

3.歯科技工士が石膏模型を使って、ロウ型を制作

4.インゴットの選択

5.インゴットを溶かし鋳型に流し込む

6.自然冷却し、鋳型を壊して鋳造体を取り出す

7.研磨して形を整える

8.薬で色付けし、焼いて色を定着させる

e-max人工歯のメンテナンス

耐久性に優れたe-maxですが、歯ぎしりの癖がある方や噛み合わせの力が強い方は欠損する危険性が高くなります。歯ぎしりの癖がある方や噛み合わせの力が強い方は睡眠時にマウスピースを使用することもできます。

マウスピースは、実は健康保険の適用になります。費用の相場は5,000~7,000円です。しかしマウスピースが破損あるいは紛失してしまった場合は6か月以上経たないと保険適用外になるので注意が必要です。

スポーツのためやインプラントを保護するためのマウスピースは保険適用外となります。ですから施術を受ける審美歯科に尋ねると良いでしょう。市販のマウスピースもありますが、歯や顎に合わないと逆効果になります。

耐久性と審美性が高いe-max

審美歯科で使われるe-maxについて紹介しました。e-maxは天然歯と同等の耐久性を持っています。ですから天然歯と噛み合わせても過度に摩耗することもありません。上手に管理するなら長く使用できるでしょう。

メリットとしては他に透明度が高く審美性が高いこともあげられます。銀歯が目立って気になっていた方にはおすすめの材料です。

デメリットは透明度が高いため歯が黒ずんでいる方には向きません。また、ジルコニアに比べれば費用は安いのですが、それでも健康保険の適用はされませんので費用はそれなりにかかります。

メリット・デメリットを良く理解したうえで使用するかどうかを決めましょう。多くの審美歯科ではカウンセリングをしっかり行なってから治療法を決めます。審美歯科でe-maxに関して疑問に思ったことは何でも尋ねてみてください。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

新城アイモール歯科

電話番号 044-750-0118
住所 神奈川県川崎市中原区新城3-1-3 メチェナーテ1F
アクセス JR南武線 武蔵新城駅 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~20:00
【土・日】10:00~13:00/14:30~18:00
※基本は予約制ですが、急患の方も随時受け付けております
休診日 祝日
URL http://www.imall-shika.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る