削る必要がなくなる?虫歯を治療することができる薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯科治療は痛くて怖いと感じている人は少なくありません。ただ、その怖さを感じたくないからと、虫歯になっているとわかっているのになかなか治療を受けないという方も存在しています。しかし、虫歯治療が怖いからと歯医者を敬遠して虫歯を放置しておくと、もっとひどい状態になります。

ここでは、気軽に治療を受けることができるような、薬を使った虫歯治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

虫歯の初期段階の投薬治療

虫歯の初期段階における投薬治療について、詳しく解説していきます。

フッ素で歯を硬く

初期の虫歯であれば、まったく削ることなく治療することができる可能性があります。虫歯というのは、虫歯菌による感染症であり、その菌が放出する酸によって歯が溶かされてしまいます。初期状態は自覚症状がないものの、進行することで歯がしみたり、痛みを感じたりします。

まだ、エナメル質に穴が開いていない状態で虫歯を発見できた場合、高濃度フッ素を虫歯の場所に塗布することで、歯の再石灰化時にエナメル質の成分と結びつき歯をより強くします。特に治療の難しい子どもの虫歯にも対応することも可能です。

虫歯に侵された部分だけを除去する

カリソルブという薬は、虫歯菌に侵された歯を部分的に柔らかくすることができます。柔らかくなった部分は、スプーンなどで簡単に取り除くことができるので、削ったり麻酔をしたりせずとも虫歯を除去することができます。

細菌が入りこんだ歯は、柔らかくなっているものだけでなく、硬いものもあります。そのような歯を柔らかくすることで、すべての虫歯の部分を取ることができるようになります。周りの健康な状態の歯を削る必要がないことが、最大のメリットです。

なお、治療によってできたくぼみに対しては、通常の歯の治療と同じように詰め物をして対処します。

中度以降の虫歯でも削らない投薬治療

中度以降の虫歯の状態であったとしても、治療法によってはまったく削ることなく投薬治療をすることも可能です。

ドッグベストセメントとは

ドッグベストセメントという治療では、可能な限り痛みを少なくして、歯を削ることなく虫歯を治す治療法です。アメリカ合衆国で生み出された薬であり、実際に公的機関の許可を受けて商品化されています。

投薬する薬は抗生物質のようなものではなく、銅イオンを主成分としたミネラル成分です。さらに、アレルギー検査において、歯科で使用されるセメントなどの薬剤の中でもっともアレルギーがないとされています。

半永久的に効果が期待できる

ドッグベストセメントの治療では、虫歯の部分を削らずに薬を詰めるだけの治療法です。薬を詰めた後に、詰め物やかぶせ物をして終了となります。ドッグベストセメントは、麻酔の必要もありません。そのため、一般的な虫歯治療で痛みが起こりやすい処置を避けて治療をすることができます。

さらに、治療によって埋め込まれた薬は、半永久的に殺菌効果を発揮します。一度処理をすればほとんど虫歯が再発しないとされており、さらに一度柔らかくなった歯を硬くする作用があることから、アメリカをはじめヨーロッパなどで多く採用されています。

削る部分を少しでも少なくする投薬治療

まったく削らないということはできませんが、できる限り削らずに薬を使って治療する3MIX法という治療法もあります。

3MIX法とは

3MIX法では、虫歯になっているエナメル質と象牙質だけを削り取ります。従来の虫歯治療のように、ある程度健全な部分も除去するのではなく、虫歯の部分だけを除去していくので、できる限り削り取らないようにしていきます。

虫歯になっている象牙質の部分は、すでに壊死しているため、削ったとしても痛みを感じることはありません。削った部分を十分に消毒し、3MIX剤と呼ばれる3種類の抗生物質を混ぜた薬剤を埋め込んで、その上からセメントでカバーします。

セメントでカバーした時点では、まだ他の象牙質の奥底に細菌が侵入している状態です。そこから徐々に抗生物質の成分が象牙質の中に浸透されていき、象牙質深部に入り込んでいる虫歯菌を殺菌することができます。

3MIX法のメリット

3MIX法のメリットとしては、次の通りです。

・治療の際にできる限り痛みをともなわせない
・麻酔を使う必要がない
・歯をできる限り残すことができる
・歯の神経を守ることができる
・健康な歯を長持ちさせることができる

このように、歯を残しながら治療をしたい場合におすすめです。ただし、歯の神経にまで達してしまった虫歯に対しては効果を発揮しませんので、早めに受診をして治療をする必要があります。

投薬治療の保険適用可否

虫歯の投薬治療は、保険適用できるのかについて詳しく解説していきます。

投薬治療は保険適用外

今回ご紹介した投薬治療の主な費用は次の通りです。すべて保険適用外となりますので、ある程度金額に幅が生じています。

・フッ素治療:0円から3,000円程度
・カリソルブ:10,000円から30,000円
・ドッグベストセメント:0円から3,000円程度
・3MIX:0円から3,000円程度

事前に費用を調べて相談を

現在のところ、虫歯の投薬治療は、基本的に保険適用がされていません。そのため、歯医者での虫歯治療において、投薬治療を選ぶ場合は自己費用となります。

比較的、治療費が安価なものが多いですが、カリソルブなどの治療法は高額ですので注意が必要です。また、あくまでも薬の費用となりますの、そのほかの診察料などは別途必要です。全体の金額がいくらくらいになるのかを確認してから治療を進めるようにしましょう。

高濃度のフッ素治療やドッグベストセメント、3MIX法などで0円からとなっているのは、歯医者によっては無料でその材料を使って治療していることがあるからです。できる限り安価に治療を受けたい場合は、インターネットなどで複数の歯医者を調べて、投薬治療の相談をするようにしましょう。

ある程度の虫歯は薬で治療可能

治療技術の進歩などによって、従来の歯を削る虫歯治療だけではなく、できる限り歯を削らない、もしくはまったく削らない薬を使った治療法が生み出されています。もちろん、すべての虫歯に対応できるわけではなく、神経が侵されてしまった虫歯や、重度の虫歯になってしまった場合は、これまで通りの虫歯治療が必要となります。

薬を使った虫歯治療を行う場合、国に認可されていないもの、認可されていても自由診療扱いで100%自己負担をする必要があります。それでも、歯を削らないことで健康な歯を少しでも多く残すことができる、痛みを感じにくい治療ができるというメリットがあります。薬での虫歯治療を検討する場合は、一度歯科医に相談をしてみてはいかがでしょうか?

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

あゆみ歯科クリニック 松井山手

出典:http://ayumi-dent.com/

電話番号 075-981-6874
住所 京都府八幡市欽明台西31-8
アクセス JR片町線 松井山手駅 車で10分
診療時間 【月~土】10:00~19:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://ayumi-dent.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る