飯田 吉郎 医療法人ナディアパークデンタルセンター理事長 ドクターインタビュー | 歯科サプリ

DOCTOR
INTERVIEW

TO A DESTINED
DOCTOR

飯田 吉郎 医療法人ナディアパークデンタルセンター理事長 ドクターインタビュー



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療以外の時間も若い医師を集めて勉強会を行い、名古屋の歯科医療を底上げしようと精力的に取り組んでいる飯田吉郎理事長。講演やセミナーを多数こなしながら、人に教える以上に自分が学ばなければいけないと、今でも学びに費やす時間は欠かさない完璧主義者の一面も。「患者さんに最善の治療を提供したい」「機能性だけでなく綺麗により自然に仕上げたい」「見える化を推奨し、患者さんが納得できる治療を提供したい」と常に患者さんに寄り添い、患者さん目線の診療をすることを心掛けている。そんな飯田理事長に日々の診療に対する思いや今後のクリニックの目指すゴール、チャレンジしたいことなどたっぷりと聞いた。

飯田 吉郎 Yoshiro Iida

飯田 吉郎

平成4年岡山大学歯学部卒業。平成8年ナディアパークデンタルセンターを開設し理事長に就任。現場の最前線で治療を行う傍ら、アストラテックインプラント セミナー講師としてインプラントの知識を世に広げるべく、若い医師への啓発にも取り組んでいる。日本で6人のみというEuropean Association for Osseointegration(ヨーロッパインプラント学会)の認定医でもあり、インプラント治療の最前線で活躍中の医師でもある。
 
【経歴】
昭和60年 私立東海高校卒業
平成4年 岡山大学歯学部卒業
平成8年 ナディアパークデンタルセンター開設
 
【所属等】
アストラテックインプラント セミナー講師
European Association for Osseointegration(ヨーロッパインプラント学会)認定医
American Academy of Periodontlogy(アメリカ歯周病学会)会員
Japanese Association of Restorative Dentistry 理事
Academy of Osseointegration(アメリカインプラント学会)会員
MID-G理事

―治療に対するこだわりをお聞かせください

歯科治療は患者さんからすると全く何をされているかわからない治療です。特にインプラント治療は、たとえ仕上がりがどんなに綺麗でも、どんな治療をされたか、見えない部分もしっかり治療ができているのか全くわからず不安もあると思います。だからこそ、当院では、患者さんが見えない部分も、患者さんに見て確認していただきながら治療をすることを心掛けています。

「見せる化」ができるような機材も揃え、マイクロスコープで根管の中を覗いた写真を見て、自分の今の状態を確認してもらったりCTを使い立体的な画像で確認してもらったりしています。
歯科治療は家を建てる時と同じようなものです。自分の家の躯体がしっかりしていればきちんと家が建つという安心感が得られるように、口腔内でどんな治療が行なわれているかしっかりと見ていただくことで、安心、納得の治療を受けていただけると考えています。

―患者さんに伝えたいことはありますか?

機能性はもちろん「より綺麗に」「より自然に」。患者さんが納得できる治療を提供したい

当クリニックのポリシーとして、技術もサービスもシステムもすべて日本の歯科医療のトップランナーでいたいという思いがあります。当院が最新だと考え納得できるものを提供することで、「ここにくれば一番いい治療を受けることができるから安心」と患者さんに思っていただけるようなクリニックにしたいと思っています。


―文献を読む会を主催されているようですが、やろうと思った理由をお聞かせいただけますか?

名古屋全体の歯科医師の治療レベルを底上げし、安心できる治療を提供したい

名古屋の歯科医師は学びのために東京や大阪に出ていくため、名古屋にとどまる医師は少なくなっています。だからこそ、名古屋でも学べる機会をつくり、そこで臨床に対する疑問の答えを論文や文献から導き出すという時間をつくっています。会を行うことで、経験値のみの治療ではなく、少しでも疑問を感じたら、その答えとなる文献を探して読み、エビデンスベース(論文で一旦シードされた治療法)を選択すること。患者さんにはとにかく正しい治療を行うことが大切だと参加している医師に伝えています。

―主にどういった領域の文献を読まれているのですか?

オールジャンルです。クリニカルクエスチョンというのですが、自分たちが臨床をやっていると「これって何だろう」「これって本当に正しいのかな」という疑問が必ず出てきます。その疑問点を言葉にし、その言葉からその疑問にあった論文を探して答えを見つけるという作業をしています。英語の文献も多いですが、テクニカルタームという歯科用語はたくさん読むことでスムーズに理解できるようになります。


―講演やセミナーをする立場になって、改めて感じることはありますか?

「間違ったことは伝えられない」ということですね。私自身が正しい知識をもち確実に、かつ論文に裏付けされた確かな内容を教えなければいけないので、以前に比べると学びに費やす時間が増えましたね。そのことがよりハイレベルな治療に繋がっていると感じています。

―患者さんへの治療の説明に時間をかけるのはなぜですか?

押し付けの治療ではなく、患者さんに納得いただいた上で安心して治療を受けてほしいからです。当院はカウンセリングに要する時間を長くとっています。治療の前後や、治療計画の段階でも時間をとって丁寧に説明をいたします。疑問をすべてクリアにすることで安心して治療を受けていたくことができ、お互いの信頼関係も築くことができると考えています。


―これからの歯科医療に求められることは何だと考えていますか?

名古屋全体の歯科医師の治療レベルを底上げし、安心できる治療を提供したい

歯科医療は医科よりも、材料学や機械を多く使うのが特徴です。そのためデジタル化を含め、最先端の技術を取り込んで使いこなし、利用することが大切だと考えています。これから高齢化社会に入っていくので、高齢者に対する治療も歯科医療の大きなテーマになると考えています。

―これからチャレンジしたいことや目指すべきゴールを教えてください

1つは、言葉の問題で日本の素晴らしい歯科医療の情報を海外に伝えきれていないので、海外によさを伝え、アプローチできるような活動をしたいと思っています。
もう1つは、名古屋地区の歯科医療を盛り上げていきたいと考えています。新しい情報が常に集まってくる環境にいるので、できるだけいい形で広めていければと考えています。名古屋で大きなシンポジウムを自分たちの手で開催すること今の目標ですね。

―最後にメッセージをお願いします

今後も自分に活躍する場がある限り、色々なことにチャレンジしながら精力的に取り組んでいきたいと思っています。「ナディアパークに行けば安心」と皆さんに思っていただけると嬉しいですね。これからも「最良のものを綺麗に機能的にきっちりと仕上げる」ことができるように努力していきます。


医療法人ナディアパークデンタルセンター

医療法人ナディアパークデンタルセンター

URL:https://nadyadent.com/

【ナディアパークデンタルセンター】
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル8F
最寄駅:「矢場町駅から徒歩5分」「栄町駅から徒歩7分」

【名駅ナディア歯科】
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-27-1 スパイラルタワーズB2F
最寄駅:「名古屋駅から徒歩1分」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る