憧れの八重歯は審美歯科で手に入れることが出来る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

笑った時などに見える八重歯に憧れている方も多いのではないでしょうか。女性の八重歯は、可愛いイメージやセクシーなイメージがあります。八重歯が欲しいと思っていても、生まれつき八重歯を持っていなかったら、一生手に入れることは出来ないと諦めている方も多くいます。しかし、審美歯科では、多くの人が憧れている八重歯をつける施術を受けることが出来ます。今回は、審美歯科でつける八重歯の施術方法やつけ八重歯をつけるメリット・デメリットなどについて歯科サプリ編集部がお届けします。

八重歯についての基礎知識

日本では昔から八重歯があると笑顔が可愛いと言われていて、八重歯を持つ人気アイドルなども多く存在します。しかし、八重歯があると吸血鬼のようなので海外では日本ほど人気がないのも事実です。この八重歯とは牙のように尖った歯のことで、押歯、添歯、鬼歯などと呼ばれることもあります。聞いたことはあるけど、実際八重歯と犬歯の違いや八重歯のデメリットなど詳しくはあまり知らない方も多くいます。可愛いと人気の八重歯ですが、八重歯があることによって口の中に悪い影響を及ぼすことはあるのでしょうか?八重歯とはどういった歯なのかについて詳しくご紹介していきます。

八重歯と犬歯は違う?

犬歯とは、左右前から数えて3番目に位置する歯のことです。この犬歯はもともと食物を切り裂くための歯で、まさに牙のような役目を果たします。犬歯という名の通り、犬の犬歯は鋭く尖っていて、とても良く発達しています。そのことから人間の前から3番目の歯も犬歯と呼ばれていますが、尖っていることから尖頭歯などと呼ばれることもあります。犬歯は、個人差もありますが他の歯に比べて先端が尖っており、人によっては吸血鬼のように鋭く尖っている場合もあります。しかし、全ての犬歯が八重歯という訳ではありません。八重歯とは、前に出っ張っている犬歯のみを意味します。犬歯が前に出ていることで、舌の歯と当たって削れることがなく、尖ったままの状態になります。

八重歯がある人とない人がいるのはナゼ?

犬歯が前に出て八重歯が出来るのには、口や骨格の大きさ、永久歯が生える順番、遺伝などが関係しています。乳歯から永久歯へと生え変わる時は、奥歯にある第一大臼歯から生えてきて、次は前歯という順番で生えてきます。犬歯は、この順番の中でも最後の方に生えてくる歯です。そのため、すでに他の歯にスペースを取られてしまっている場合、犬歯が前に出て生えてくるのです。遺伝などで骨格が小さかったり歯冠幅が狭いことが原因で八重歯になることが多くあります。また、乳歯の脱落遅延なども八重歯になる原因の一つです。

八重歯のデメリットは?

八重歯は可愛いと人気がありますが、八重歯が原因で口の病気などのトラブルが起こってしまう場合もあります。八重歯は他の歯よりも前に出ているため隣の歯と重なる部分があります。八重歯があると歯並びが悪く見えるだけでなく、歯磨きもしにくくなります。食べカスや汚れが歯磨きで落とせなかったら、虫歯や歯周病などを引き起こしてしまう原因となります。また、八重歯が前に出ていることで口を閉じにくくなります。口を開けている時間が長いと口腔内の細菌を繁殖させやすくなるため、口臭の原因となります。その他にも年を取ると歯が移動してさらに歯並びが悪くなる恐れもあります。そのため、つけ八重歯をつける人がいる反面、生まれつき持っている八重歯を削ってセラミックなどの歯を入れたり、歯列矯正を行って八重歯を失くす治療を行う方も多くいます。

審美歯科でつけられるつけ八重歯

審美歯科の中には、つけ八重歯をつける施術を受けられる場所もあります。多くの人が憧れている八重歯を簡単に手に入れることが出来るということで注目を集めています。審美歯科でつける八重歯のメリットについて詳しくご紹介していきます。

審美歯科でつけ八重歯をつけるメリット

審美歯科のつけ八重歯は、好きな形や色を選んで自分に合った八重歯を見つけることが出来ます。つけ八重歯を使えば、生まれつき八重歯を持っていなくても、憧れの八重歯を簡単に手に入れることが出来ます。つけ八重歯をつけることで、口元が可愛くなり、笑顔に自信が持てるというメリットがあります。また、必ず両方につけ八重歯をつけなければならないという訳ではなく、イメージや好みに合わせて片方のみ八重歯をつけるのも可能です。つけ八重歯には、取り外し出来るタイプもあるため、その日の気分に合わせて使えるのもメリットの一つです。また、つけ八重歯は、もともとある犬歯に張りつけるため、生まれつき持っている八重歯とは違い歯磨きがしにくくなることもほとんどありません。

つけ八重歯の施術について

審美歯科のつけ八重歯には、つけっぱなしと取り外し式の二つのタイプがあります。どちらのタイプも装飾歯を犬歯に張りつけるだけですので、1回~2回ほどの来院で施術が完了します。また、つけ八重歯の施術は自由治療になるため保険は適用されません。これら二つのタイプのつけ八重歯について、料金や施術内容、誰でもつけ八重歯をつけることは可能なのかなどを詳しくご紹介していきます。

つけっぱなしの場合

つけっぱなしのつけ八重歯は、ずっと八重歯をつけたままにしたいという方におすすめです。まず、つけ八重歯の色、形、イメージなどを選びます。歯に接着する装飾歯のイメージなどが決定したら、技工士が一人一人の噛み合わせに合った装飾歯を制作します。その後、医師によって犬歯に完全に装飾歯を接着させる施術が行われます。来院回数は2回ほどで完了しますが、半年に1回程度は定期健診やクリーニングに通います。つけっぱなしタイプのつけ八重歯の料金は審美歯科によって異なりますが、大体1本約20,000円~50,000円程度です。つけっぱなしタイプのつけ八重歯を除去したい場合、自分では除去することが出来ません。そのため歯科で除去代を支払ってつけ八重歯を除去します。除去代にかかる費用は約5,000円程度です。

取り外し式の場合

取り外し式のつけ八重歯は、専用のジェルを使って自分で装着させるタイプになります。食事の際や夜寝る時などは取り外さなくてはいけません。そのため、噛み合わせを考慮して歯を制作する必要がなく、短時間で装飾歯が完成し1回の来院で完了します。取り外し式のつけ八重歯の料金は、1本約30,000円程度です。

メリット・デメリットを踏まえた上でつけ八重歯をつけよう

つけ八重歯のメリット・デメリットや施術の流れなどをご紹介してきました。つけ八重歯のメリットは、なんといっても見た目が可愛くて笑顔のアクセントになるということです。しかし、つけ八重歯をつけるのには、料金がかかる、口のトラブルの原因になる場合がある、飽きてしまうなどのデメリットもあります。健康な歯を削って八重歯を入れると、飽きてしまっても元に戻すことは出来ません。さらに、元々元気だった歯を削って八重歯を入れるということは、歯の健康を損ねてしまうことにも繋がります。つけ八重歯に興味があるけど、一生八重歯をつけていたいかどうかについてはまだ分からない場合、装飾歯を使用するのがおすすめです。装飾は八重歯の位置に貼るだけですので、飽きた時にはすぐに取り外すことが出来ます。つけ八重歯を手に入れて笑顔に自信を持ちたい方は、まず取り外し式の八重歯を試してみることをおすすめします。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 中部編

村木デンタルオフィス

出典:http://murakidental.com/

電話番号 0532-51-6480
住所 愛知県豊橋市向山町字中畑13-1 マイルストーンビル2F
アクセス 名鉄名古屋本線 豊橋駅から車で10分
豊橋鉄道東田本線 東八町駅から1km(徒歩15分)
豊橋鉄道東田本線 前畑駅から1km(徒歩15分)
豊橋鉄道渥美線 柳生橋駅から1km(徒歩19分)
診療時間 【月~土】9:30~13:00/14:30~18:30
※隔週土曜は休診です。
※当院は予約制となっております。
休診日 隔週土曜日・日曜日・祝日
URL http://murakidental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る