ドックスベストセメントで叶えよう!神経を残す虫歯治療の最前線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「歯を削る」「歯の神経を抜く」「抜歯する」など、虫歯の進行度合いによって不可欠とされてきたこれらの治療は、痛みや不快感が伴うことで歯科治療に対してのマイナスイメージをより大きくする要因にもなっています。

歯の表面を深く削り神経を抜いてしまう虫歯治療は、歯への栄養補給を途絶えさせてしまう事にもつながり最終的に歯の寿命そのものを短くしてしまうという点でベストな治療法とは言い難いものです。

対して、ドックスベストセメントは可能な限り歯を削らず、歯の神経を温存させることに重点を置いているだけでなく、健康な歯も生かしつつ虫歯の病巣にアプローチできるという画期的な治療方法です。

ここでは、ドックスベストセメントへの知識を深めると共に、さらに興味を持っていただくためのポイントを歯科サプリ編集部がご紹介していきます。

 

かぶせ物や詰め物に使われる一般的な歯科用セメントは、亜鉛や酸化マグネシウムといった物質に酸性の水溶液を混ぜて作られる接着剤のことを指して言います。

一方、アメリカで研究・開発されたドックスベストセメントは、体に対してより安全に使用できる天然ミネラルを主成分としており、殺菌力にも優れているという特徴を持っています。

虫歯治療の過程で歯の神経を抜く事には、新たな虫歯の発生を防ぐという目的があります。

しかし、ドックスベストセメントを使うことで虫歯菌そのものを死滅させ、歯の神経まで深く傷つけることなく治療することが可能となります。

ドックスベストセメントには、鉄や銅に含まれる天然ミネラルの殺菌力を活用することで歯を削るリスクを大幅に回避することができると同時に、治療時の痛みも少なく麻酔すら必要としない虫歯治療が望めるというメリットもあります。

これは、麻酔や治療時の痛みに対して不安感がある方の治療にも適した方法と言えるのではないでしょうか。

痛みによる負担を減らし虫歯を殺菌して治療する方法では、3種類の抗生物質を混ぜた薬剤を使用する3Mix法なども知られていますが、殺菌力がより高い上にその効果も継続的であるという点でドックスベストセメントに勝るものはありません。

歯の表面を覆っているエナメル質の奥に存在するのが象牙質です。一般的な虫歯はすでにエナメル質に穴が開いた状態で、そこに虫歯菌が入り込むことによって一気に象牙質まで虫歯が到達し、痛みや歯がしみるといった症状を引き起こします。

ドックスベストセメントには、虫歯菌によって傷ついた象牙質を再石灰化できる成分も含んでおり、象牙質の再生にも期待が持てる治療法と言えます。

虫歯の画期的治療法として注目を集めるドックスベストセメントですが、その優れた殺菌力によって歯根の病気への殺菌効果も期待されています。

ドックスベストセメントではどんな治療をするの?

画期的な最新の治療方法とはいっても、初めての治療には何かと不安がつきものですね。

ここでは、参考までにドックスベストセメントの治療の流れについて簡単にご紹介いたします。

虫歯の患部を表面に露出させる目的で、エナメル質の表面のみを削り取ることが最初のステップです。

ここでは削ることで虫歯を除去するのではなく、まずは虫歯菌に侵された部分を効果的に殺菌するための治療が施されます。

洗浄・消毒をおこなう

虫歯の周りに付着した汚れをきれいにするために、人体に害のない薬剤や次亜塩素酸水などを使った洗浄がおこなわれます。

ドックスベストセメントの充填

洗浄が終わると、ドックスベストセメントを虫歯の部分に設置して硬化させます。

このドックスベストセメントは他の方法に比べて硬化するスピードも速いため、殺菌効果のある薬剤をいち早く病巣に届けられるというメリットも持っています。

費用の差で見るドックスベストセメントと従来型虫歯治療

歯科治療においては、痛みや不快感などの身体的な不安もさることながら、高額になりがちな費用負担も悩ましい問題となってしまいます。なるべくなら効果の高い治療を受けたいですが、保険が適用される治療なのかも気になるところでしょう。

こちらでは、これからドックスベストセメントを検討したいという方の参考として、一般的な虫歯治療との料金の比較についてご紹介いたします。

一般的な虫歯治療の費用

進行度合いによって治療費に幅のある虫歯治療の中でも、ドックスベストセメントと比較検討できる初期~中程度の虫歯治療にかかる費用は次のとおりです。

・初期段階の虫歯(歯を削る範囲は小さく、簡単な詰め物で治療が可能)1,500~3,000円程度

・中程度の虫歯(歯を削る範囲が大きく、詰め物以外にもかぶせ物が必要となるケース)3,000~10,000円程度

上記は、いずれも3割負担の保険が適用になった場合での目安です。セラミック素材など希望する詰め物の種類によっては保険が適用にならないケースもありますので、事前に医師と充分に相談することをおすすめします。

ドックスベストセメント治療の費用

ドックスベストセメントを利用する上で費用面で注意しなければならないのは、保険が適用されない自由診療になってしまう事です。

ドックスベストセメントでは、虫歯の部分に薬を塗る費用が3,000~5,000円程度。薬の充填が終わった後の詰め物やかぶせ物に係る費用が3,000~40,000円程度必要になるなど、使われる素材によっても負担の幅が大きいことを理解しておく必要があります。

ドックスベストセメントのメリット・デメリット

どんな治療方法にもメリット・デメリットは存在しますが、それはドックベストセメントも例外ではありません。

具体的なメリット・デメリットの一例として次のようなものが挙げられます。

メリット

・歯をほとんど削らなくて済む

・歯の神経を傷つけることなく治療できる

・痛みが少なく麻酔の必要性も低い

・治療回数が少なく、通常2~3回で済む

・天然ミネラルが主成分のため、薬物に対しての副作用が起こりにくい

・子供、妊娠中の方や授乳中でも使用できる

デメリット

・保険が適用されない自由診療である

・虫歯の進行度によって有効な治療法とならない場合もあり、必ずしも100%の効果が期待できる治療ではない

・口の中の虫歯菌を広範囲に殺菌できるものではないので、治療後も定期的な歯科検診が必要となる

・重度の虫歯や、痛みが激しい場合には向かない

・金属アレルギーを持つ方は使用できない

・治療後の歯が黒ずむなど審美的には劣るため、前歯の虫歯治療には向かない

自分自身の歯の未来を見据えて、根気よく治療と向き合っていくことが大切です

いかがでしたでしょうか?

今回は、歯そのものの寿命をまもりつつ神経も温存できる虫歯治療として期待されるドックスベストセメントについてお届けしました。

現段階では厚生労働省の認可を受けていない薬剤を使用するため自費診療の枠を越えておらず、全ての人に対応できる治療ではないという点についても今後に改善が期待される課題は残りますが、自分の歯と少しでも長く付き合っていきたいと考える方にとっては有効な選択肢のひとつであると言えるのではないでしょうか。

ドックスベストセメントによる虫歯治療は、的確なタイミングでアプローチをすることによってその効果を最大限に生かすことができます。

そのためには、普段から歯の健康について相談できる身近なホームドクターの存在も欠かせません。

新しい治療法のメリット・デメリットを充分に理解した上で、自分自身に合った適切な治療をアドバイスしてくれるお医者様との信頼関係こそが、いつまでも健康な口腔内の状態を保つために重要なポイントであると言えるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る