妊婦は歯周病にかかりやすいって本当?原因やリスクを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一昔前まではお口の中だけのトラブルだと考えられていた歯周病ですが、最近では歯周病が私たちの全身の健康状態にもさまざまな影響を及ぼしていることが明らかになってきました。とくに歯周病との関連性が深いとされる病気には糖尿病や脳血管疾患、心臓疾患、誤嚥性肺炎などがあります。そして病気ではありませんが、妊婦さんも歯周病によるリスクが非常に大きいことが広く認知されるようになってきました。今回このページでは、妊婦が歯周病にかかりやすい理由、妊娠中に歯周病にかかってしまうことのリスク、妊娠中の有効な歯周病対策法などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

なぜ妊娠中は歯周病にかかりやすくなってしまうのか?原因を解説

妊娠中は歯周病や虫歯にかかりやすいという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この噂は本当なのでしょうか?結論からいうと「妊娠中はお口のトラブルが起こりやすい」というのは事実です。ここではなぜ、妊娠中は歯周病にかかりやすくなってしまうのか、説明していきます。

妊婦さんが歯周病にかかりやすい理由その1 女性ホルモンの影響

妊娠中の女性が歯周病にかかりやすい理由の一つに女性ホルモンの影響があります。妊娠中は、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が増加します。出産前になるとその増加量は、月経時の10倍とも100倍ともいわれています。実は歯周病を引き起こす歯周病性細菌は、女性ホルモンが大好物なのです。とくに、エストロゲンは歯周病関連細菌の増殖を促し、その活動を活発にすることが分かっています。プロゲステロンは歯肉炎のもととなる、プロスタグランジンを刺激します。この2つの女性ホルモンの増加によって妊娠中は歯周病に非常にかかりやすくなってしまうのです。

また妊娠中に女性ホルモンが増加することで、唾液の分泌量も減少します。分泌量が減少すると唾液の粘度が増してネバネバした感じになります。唾液の分泌量が減り、粘度が増すことで唾液が本来持っている自浄作用の働きが弱まってしまい、歯肉炎や虫歯になりやすくなってしまいます。こうした理由から、実際9割近くの妊婦さんが妊娠中に歯茎の腫れや出血などがあり、程度の差こそあれ歯周病の症状がみられるといわれています。このような妊娠中にかかる歯周病のことを「妊娠性歯肉炎」と呼びます。

妊婦さんが歯周病にかかりやすい理由その2 悪阻(つわり)の影響

妊婦さんが虫歯や歯周病にかかりやすい理由としては、つわりによる影響も大きいといえます。つわりが酷い時には、歯磨き粉のニオイに嫌悪感を覚える人も多く、満足に歯磨きを行えないということも珍しくありません。唾液の分泌量が減ることも相まって、口腔内の環境も悪くなりがちです。また妊娠中は、つわりによる胃酸の逆流や酸っぱい物(柑橘類や酢の物)を欲するケースが多いことから、口の中が酸性に傾きやすい状態になります。歯の表面にあるエナメル質は酸に溶かされるので、虫歯になってしまうのです。

その他にも、普段と食べ物の好みがかわり、歯によくない食べ物ばかりを好むようになったり、長時間に渡ってなにかを食べ続けたりといった習慣が身についてしまう妊婦さんも珍しくありません。そうした悪習慣は、もちろん口腔内の環境にとってはよくありません。虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。

妊娠中に歯周病にかかることによるリスク 胎児への影響

妊娠中は歯周病や虫歯にかかりやすくなることは前述した通りです。ここでは、妊娠中の女性が歯周病にかかると、お腹の中の胎児にどのような影響が出るのか説明します。

妊婦の歯周病は早産や低出生体重児のリスクが高まる

1996年アメリカで、「妊娠中の歯周病は、早産や低出生体重児が生まれるリスクが高まる」という研究報告が発表されました。早産(妊娠37週未満)の人や2,500g以下の低出生体重児を出産した人を対象とした調査を行った結果、歯周病の症状がみられる妊婦さんが非常にたくさんいたのです。妊娠中に歯周病の症状がない人と比較すると、進行した歯周病の症状がみられる妊婦さんは、早産や低出生体重児のリスクがなんと7.5倍も高くなると報告されています。

この数字はアルコールやたばこ、高齢出産によるリスクよりもはるかに高い数字です。いかに妊娠中の歯周病におそろしいリスクがあるのかがよく分かりますね。未だにはっきりと原因は解明されてはいませんが、最近の研究によって子宮収縮作用のあるプロスタグランディンという物質と、このプロスタグランディンの分泌を促すサイトカインという生理活性物質が関連していることが解明されてきました。

子宮収縮作用のあるプロスタグランディンの分泌を促すサイトカインは、炎症などによって活性化します。つまり歯周病によって歯の周りが炎症を起こすとサイトカインが増加し、大量のプロスタグランディンが分泌されることによって子宮の収縮が起こり、早産のリスクが高まるのです。実際に血液中のサイトカインの数値が高い妊婦さんほど、出産時期が早くなることがわかっています。

妊娠中の口腔ケアの疑問や問題を解決

妊娠中に歯周病にかかってしまうことのおそろしさは前述した通りです。それでは、妊娠中の口腔ケアはどうすればよいのでしょうか。ここでは妊娠中の女性の口腔ケアの方法、よくある疑問について紹介します。

妊娠中はどの時期に歯医者を受診すれいいの?

妊娠がわかった時は、なるべく早い時期に歯科医による口腔内のチェックをしてもらいましょう。小さな虫歯などの場合は妊娠初期段階でも十分治療することは可能です。麻酔が必要となる治療の場合でも、妊娠16週から27週ごろになれば治療を行うことができます。

出産間際になって歯の痛みに耐えきれずに受診される妊婦さんも珍しくありませんが、出産間際の場合は抜歯などの治療を行えないケースもあります。虫歯を残したままの出産となると十分にいきむことが出来ないこともありますので、妊娠がわかったらなるべく早期に歯科医を受診するようにしましょう。

レントゲンはお腹の赤ちゃんに影響はないの?

エックス線撮影による胎児への影響を心配される妊婦さんもたくさんおられますが、その心配はいりません。というのも、最近の歯科医でのレントゲン撮影はデジタル撮影機によって行われます。従来のタイプに比べ被ばく量は1/10にまで軽減されているのでお腹の中の赤ちゃんにも影響はありません。もちろん撮影時には、お腹周りに放射線の影響を防ぐプロテクターも装着するので安心してください。

麻酔は胎児に影響しないの?

歯医者で使われる麻酔は胎児への影響はほとんどない(ほぼ0)ので安心してください。歯医者で行われる麻酔の成分は、無痛分娩や帝王切開で使われる麻酔と同じものなので胎児への影響はないのです。しかも使用量もとても少ないので安心です。

つわりが辛くて歯がみがけない!どうすればいいの?

物理的な刺激がつわりを引き起こすといわれていますので、妊娠中はヘッドの小さい歯ブラシを利用するのがおすすめです。また、朝、昼、晩といった決められたタイミングで磨くのではなく、「今なら大丈夫そう」という自分の体調の良いタイミングで歯磨きするのもおすすめです。どうしてもブラッシングすることが困難な場合は、クロルヘキジンという成分が配合された液体歯磨きを使ってうがいをするのもおすすめですよ。

妊婦さんは歯周病のリスクが高い!正しいケアで歯周病予防が重要

妊娠中に歯周病になりやすくなってしまう理由や、妊娠中の歯周病によるリスクについて詳しく説明してきました。昔から妊娠中は、子供に歯の栄養を取られてしまうので妊婦さんの歯が弱くなってしまうといわれていました。このうわさはまったく事実無根であり、お腹の子供に歯の栄養を奪われるということはありません。

しかし、今回説明してきたように、妊娠中はホルモンバランスの変化などによって歯周病や虫歯になりやすくなってしまいます。正しい口腔ケアで妊娠中の歯周病を防ぐことが、早産や低出生体重児のリスクを軽減する重要なポイントであることをしっかりと認識してください。また、妊娠中でも治療を受けられる場合があります。歯が痛み出したら、まずは歯科医に相談するようにしましょう。

歯周病治療でおすすめの歯医者さん 関東編

さるや歯科医院

出典:http://www.saruya-dental.com/

電話番号 044-822-0121
住所 神奈川県川崎市高津区溝口3-10-38
アクセス 東急田園都市線 高津駅 西口 徒歩5分
診療時間 【月・火・金】9:00~12:30/14:30~19:00
【水・木】9:00~12:30/14:30~17:30
【土曜】9:00~12:30/14:30~16:00
※最終受付は、15分前までとなります。
休診日 日曜日・祝日・第1、3水曜・第2、4木曜
URL http://www.saruya-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る