虫歯などの治療に有効な歯科レントゲンの種類や特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯などの口内の状態は、なかなか目視では確認することができない部分と言われています。そこで役に立つのが、目には見えない部分まで写すことができる歯科レントゲンです。歯科レントゲンは虫歯などの早期発見はもちろんのこと、治療経過観察にも有効です。今回は、歯科レントゲンの種類や特徴、気になる安全性などについて、歯科アプリ編集部がお届けします。

歯科でレントゲンを撮影する理由とレントゲンの種類

歯科を初めて受診したときに、まずはレントゲンを撮影する医院も多いようです。これは、歯科の病気や状態は口腔内を覗き肉眼で発見することができるものが少ないからだと言われています。レントゲンを撮影することで肉眼では確認することができない部分まで把握することができ、病気の早期発見にも役立ちます。

レントゲンの種類

歯科で使用しているレントゲンは大きく分けて3種類あります。まずは、「デンタルX線」です。これは口内法とも呼ばれており、口の中にフィルムを入れて撮影します。狭い範囲を細部まで鮮明に写し出してくれるところが特徴で、入り組んでいる細かな虫歯や分岐した根管など、部分的な情報が欲しいときに向いています。

2つ目は「パノラマX線」です。現在の歯科で使用されるレントゲンの主流となっているもので、患者の周りを機械が一周することで口腔内全体の様子を1枚の写真で確認することができます。歯や歯の周囲の状態だけでなくあごの骨格まで分かるため、広範囲の情報を一度に確認することができるところが特徴です。

3つ目は「CTレントゲン」です。CTはあらゆる角度からの断層写真を撮影することができるため、歯並びや骨格などはもちろんのこと、神経や血管などにできている腫瘍などの形や位置を特定することができます。

このように3種類のレントゲンを使い分けることで、より正確な情報を得て治療へと生かすことができると考えられています。

レントゲンから分かること

歯科レントゲンを見るときには「硬いものが黒く映る」ことと「左右が反対に映ること」が基本だと言われています。歯科レントゲンを見てみると「歯」と「骨」の部分が白く塗りつぶされたようになっており、この部分に注目して見ることで歯の形や歯の状態を知ることが可能です。また、歯科レントゲンはあごの骨や関節、神経を確認することもできるので、嚙み合わせや骨の異常などの問題を解決するときにも有効だと考えられています。平面のレントゲンだけでは情報が足りない場合には立体的に捉えることができるCTレントゲンを利用して、より細部まで分析できるように進めていきます。

虫歯の疑いがある部分は黒く映る

歯科レントゲンを撮影したものの、どのように見たらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。歯に虫歯などの異常がある場合は、その部分が黒く映ります。とくに白いはずの歯の隅や根っこの部分が黒く映っている場合には、虫歯の疑いがあると考えられます。

同様に歯を両サイドから支えている骨の部分が黒く映る場合には、骨に異常がある、または歯周病などの疾患であると考えることができるそうです。このように簡単な歯科レントゲンの見方を知っておくだけでも、歯科を受診したときの参考になります。

歯科レントゲンの安全性

歯科レントゲンを撮影するときに気になることと言えば、人体への影響です。現在の歯科レントゲンは性能が高くなり、安全性も確保されるようになっていると言われています。日本人が1年間に自然界から受けている放射線量が1.1mSvで、それに比べると「デンタルX線」は0.001~0.002mSv、「デジタルX線」は0.003mSvだそうです。「CTレントゲン」でも0.5mSvほどだと言われています。日本人が1年間に自然に浴びる放射線量と同じだけの放射線を浴びるには、1度に数十枚以上の歯科レントゲン撮影をする必要があります。

このように考えてみると、歯科レントゲンは日常生活の範囲レベルのわずかな放射線量で撮影することができるため、人体への影響は極めて少ないと考えられています。そのため、歯科治療にはもちろんのこと、経過観察のためにも取り入れている歯科医院が多いのです。

防護エプロンを着用する理由

歯科レントゲンを撮影するときには、肩から防護エプロンをかけて放射線による影響を少しでも軽減する処置がとられています。中には鉛が入っており、放射線による内臓への影響をほぼ0にすることができると言われています。また、歯科レントゲンの撮影時間はとても短いので人体への影響はほとんどないと考えられています。

歯科レントゲンの妊婦への影響

歯科レントゲンを撮影するときに、妊婦や胎児への影響を心配する人も多いのではないでしょうか。歯科で使用するレントゲンの放射線量は極めて少ないため、妊娠全期間において妊婦や胎児への影響はないと言われています。胎児に精神発達障害や奇形などの影響が起こる可能性が出てくるのは100mSv以上とわれています。こうしたことから、防護エプロンを装着して正しい方法で撮影を行えば安全性は高いと考えられます。

また、妊娠期間は口内環境にも変化が起こりやすく、虫歯になりやすい時期でもあります。そのため、早期に虫歯の治療を受けることも大切です。

不安がある場合は医師に相談を

適切な虫歯の治療を受けるために欠かせない歯科レントゲンですが、どうしても不安がある場合には医師に相談してみるのも一つの手段です。歯科医院によって使用しているレントゲンの機器の種類が異なるため、特徴や性能を理解することで納得できるかもしれません。

また、レントゲンの撮影をしなくても治療を進めることができる方法を提案してもらえる場合もあるようです。レントゲン撮影を行うときは、どのような点が不安なのか治療を受ける前に相談してみるといいでしょう。

レントゲン撮影は口内の状態を確認する大切な手段

虫歯などの口内の状態を確認する方法として、歯科レントゲンは有効な方法だと考えられています。とくに、口内は目視では確認できない部分が多いためレントゲンを用いることで、虫歯などの異常を早期発見するができるようになりました。現在、歯科レントゲンには3つの種類があり、虫歯などの状況に合わせて使い分けることが可能です。

また、歯科レントゲンに使用しているレントゲン機器から放出される放射線量は非常に少なく、安全性が高くなっていると言われています。そのため、妊婦でも胎児や人体への影響はほとんどないと考えられています。どうしても不安がある場合には、医師に相談してみることも一つの手段です。歯科レントゲンを使用することで虫歯などの治療や治療後の経過観察に役立てることができます。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

マエダ歯科医院

出典:http://kobemaeda-dc.com/

電話番号 078-251-6480
住所 兵庫県神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル11F
アクセス 三ノ宮駅(JR)三宮駅(阪急・阪神・市営地下鉄山手線) 徒歩10分
診療時間 【平日】9:30~12:30/14:00~18:00
【木・土】9:30~12:30
※完全予約制
休診日 日曜日・祝日/木曜日・土曜日の午後
※祝日のある週の木曜日は午後診療いたします。
URL http://kobemaeda-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る