虫歯はどの段階で抜く必要がある?抜歯の費用や手順をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乳歯から永久歯の場合を除いて、歯は一度抜いてしまうと再び生やすことができません。そのため、虫歯になったとしてもできる限り歯を抜くことなく治療ができるよう、歯科医は努力しています。

しかし、虫歯の状況によっては、抜歯せざるを得ない状況があるのです。どのような虫歯状態で抜歯の必要が出てくるのか、また抜歯の費用について、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

虫歯で抜歯しなければいけなくなる理由

近年では、抜歯は極力行わずに、できる限り残す方針が取られています。虫歯によって抜歯しなければならに状態とは、どのような状態のことを指すのかについて、詳しく解説していきます。

根管治療でも対応できない

虫歯になると、歯を残す治療を進めていきます。しかし、長期間虫歯を放置するなどによって、虫歯が歯髄にまで達してしまうと、神経を除去するなどの根管治療が必要となります。

ただし、この根管治療を行っても完全に虫歯の治療ができないケースがあります。そのような状態で、歯をそのまま放置してしまうと、顎骨炎などの重度の病気になる恐れがあります。そのような場合は、悪化をさせないために抜歯を行います。

歯根の先端部に虫歯ができる

歯根という根の先端部に大きな虫歯ができてしまうと、虫歯になっているその歯だけではなく、周囲の歯や骨などの悪い影響を与えるようになります。これ以上被害を拡大させないためにも、抜歯をして阻止する場合があります。

歯冠部が崩壊している

虫歯が進行しすぎてしまい、歯冠部や神経が残っておらず、歯がぐらぐらになることがあります。歯冠部というのは、口の中で通常見えている歯のことを言います。歯冠部が、そのような状態に陥ってしまうと、治療によって改善させることができないため、抜歯を行います。

抜歯をする際の主な手順

虫歯などによって、抜歯が必要になる際の主な手順について、簡単にご紹介していきます。

レントゲン

歯を抜く前には、必ずレントゲンが必要になります。歯茎に詰まっている歯の根っこ部分というのは、それぞれの歯ごとに違いがあります。まっすぐ伸びている根もあれば、複雑に曲がっているもの、そして枝分かれしているものもあります。確実にダメージを少なく抜歯するために、場合によってはCTを利用するケースもあります。

麻酔

抜歯をする際には、必ず2回の麻酔処理を行います。まず、塗るタイプの表面麻酔を歯茎に塗って、その後注射を使って部分麻酔をします。表面麻酔をするのは、注射の針による痛みを軽減させるためです。

ただ、それでも歯茎は敏感ですので、歯科医は非常に細い針を使ってゆっくり入れていきます。近年では痛みの少ない、電動の麻酔器も用いられるようになっています。

歯を抜く

歯と骨は歯根膜という膜でつながっています。専用の器具を使い、歯根膜から歯を引き離すことで抜歯をすることができます。抜歯の際には麻酔が十分に聞いている状態なので痛みを感じることは少ないです。万が一痛みを感じる場合は、医師に報告するようにしましょう。

歯の形状によっては、周りの骨を削ったり、歯を割ったりしてから抜くなどの行為が必要なことがあります。

止血縫合

歯を抜いた部分は、大きな穴が開きますので血がたまらないように、止血用スポンジやガーゼを入れ、縫合を行います。

消毒および抜糸

翌日に出血が完全に止まってから消毒をして、おおよそ1週間後に抜糸をします。

抜歯にかかる費用

虫歯や歯周病などが原因によって抜歯をする際には、基本的に保険適用となります。抜歯の内容によって、金額が変わってきますので、それぞれの目安をご紹介します。

軽度な抜歯

歯周病などによって歯がぐらつく場合や、親知らずなどでもまっすぐに生えている歯は、麻酔や止血縫合を加えても、10分もかからず抜くことができます。腫れや痛みも少なく、負担が軽いのが特徴です。保険適用後の費用は1,000円から2,000円程度となります。

中度な抜歯

虫歯が歯茎の奥の方まで進行してる状態、歯の根っこが曲がって複雑な状態である場合は、一度歯を割って、小さくしてから抜いていきます。そのため、麻酔から抜歯・縫合まで20分程度の時間を要します。麻酔が切れた後の痛みも強くなるので、痛み止めを2回程度飲む必要があります。保険適用後の費用は、2,000円から3,000円程度となります。

重度な抜歯

過剰歯などの骨の中に歯が埋まってしまっている状態の場合、歯茎を切って埋まっている歯の周りの骨を削って抜歯する必要があります。さらに、歯を割る必要もあるので30分程度の時間がかかります。骨まで削るので、痛みだけでなく腫れやすくなり、痛み止めも複数回服用する必要があります。費用としては、3,000円から4,000円程度となるようです。

抜歯後の治療法

歯を抜いた後の治療としては、状態によってさまざまなものがあります。それぞれについて、簡単にご紹介していきます。

放置する

抜歯した部分が、外から目立ちにくい場合、または抜いた後も歯が綺麗な状態を維持している場合は、抜歯後の治療を行わずに放置することもあります。

インプラント

歯を抜いた部分にインプラントという人工歯根を埋め込んで、元あった場所に歯がある状態に回復させる治療です。元の歯と全く同じというわけにはいきませんが、90%程度までの力で噛むことができるようになります。周囲の歯に影響を与えないうえに、見た目も自然になるという特徴があります。ただし、この中ではもっとも費用がかかる治療法でもあります。

ブリッジ

歯を抜いた後に、前後の歯を削り、橋のように歯をつなげる治療法です。前後の歯を土台にするため、違和感を極力少なく噛むことができるようになります。ただし、土台となっている歯には、負担がかかってしまうため、土台が悪くなる恐れもあります。

部分入れ歯

残っている歯に針金を使って入れ歯を装着する治療法があります。噛む力は、20~30%程度となるため、噛まなければ気になることはないのですが、硬いものやくっつきやすいものを噛んでしまうと、外れてしまう恐れがあります。

虫歯の状態によっては抜歯も必要

永久歯を抜いてしまうと、2度と歯を取り戻すことができません。そのため、歯科医としては、極力歯や神経を残して治療をしていきます。ただ、根管治療を行っても治療することができない、歯冠部が崩壊してしまっているなどの状態までダメージを受けてしまうと、歯を抜く必要性が出てきます。場合によっては、他の歯や歯茎に悪影響を与えるリスクもあるからです。

抜歯をする際には、早い場合は10分程度、長くなると30分程度の時間で抜歯をすることができます。長くなればなるほどダメージも大きくなるため、痛み止めを含め治療費は大きくなっていきます。

抜歯後の治療では、見た目や噛み心地など、ある程度自分で選択することができるので、予算などを医師と相談をしながら決めていくようにしましょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

よこやま歯科クリニック

出典:http://www.yokoyama-dental.com/

電話番号 0120-81-3748(予約専用)
※初診の方は必ずご予約の後、ご来院ください
048-475-1822
住所 埼玉県志木市本町5-18-22
アクセス JR・東武東上線 志木駅 東口より徒歩3分
診療時間 【平日】9:30~12:00/14:00~20:00
【金・土】9:30~12:00/14:00~18:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.yokoyama-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る