根管治療の治療中や治療後に痛みが続いている原因と対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

根管治療の際には麻酔をしますが、それでも痛みを強く感じることがあるようです。麻酔が効いていないのでしょうか?また、根管治療をしてもらったのに、また痛みがはじまってしまったというケースが多くあるようです。

また虫歯になってしまったのでしょうか?あるいは、治療が不完全だったのでしょうか?根管治療後にまた痛くなった場合は、どのように対処することができるのでしょうか?

根管治療後の痛みについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

麻酔が効きにくくなるケース

歯の奥深くまで虫歯が広がってしまっている場合は、歯の神経を除去する根管治療が必要になります。神経に触れると電気ショックを受けたような激しい痛みが起こりますから、麻酔をして治療をすることになります。麻酔がちゃんと効いていることを確認してから、神経の切除をはじめることになります。それでも、痛みを強く感じることがあります。麻酔をしているのに、痛みを感じるのはなぜなのでしょうか。

麻酔をしても効きにくくなるのはなぜ?

麻酔注射を刺したところは麻酔が効いているような感じがあるので、麻酔を失敗したというわけではないでしょう。しかし、痛みがひどく、歯の神経が腫れて充血している状態のときは、麻酔が効きにくくなっていることがあるようです。

麻酔は血液を通して神経に作用し、痛みを感じなくなるようにします。歯の神経のところからの出血がひどい場合は血流がよくなく、麻酔の効果が血液から神経に届きにくくなってしまっています。そのため、麻酔をしていても、強い痛みを感じてしまうようです。

痛みを軽減する方法はある?

根管治療で、麻酔が効きにくくなっている場合は、歯の神経に直接麻酔をすることが効果的です。

歯の神経への直接麻酔は、神経を麻酔針で直接触れることになるため、激痛を伴ってしまいます。それでも、すぐに麻酔の効果が効きはじめますから、その後の治療では痛みがずいぶんと軽減されることが期待できます。

このようにして、麻酔が効くようになったら、神経の切除を再開してもらえます。症状がひどい場合は、その日の内にはすべての切除ができないこともあります。まず、露出している上部の神経だけを切除し、のちの治療の際に下部の末端の神経を切除する治療を行ってくれることになるでしょう。

神経切除後の除菌治療は無麻酔

根管治療では、深い虫歯の歯の神経を取り除いたのちに、歯の内部を消毒して細菌を除去しなければなりません。そのために、針のような細い治療器具を用いて、歯の内部を殺菌していきます。

まず、歯の内部の表面を削り取って、細菌が付着してしまっている部分を取り除きます。それから、きれいになった歯の内部の表面に殺菌のための薬液を塗布して消毒し、菌がない状態にしていきます。この段階では、神経が歯の中にないはずなのですが、強く痛みを感じることがあります。なぜなのでしょうか。

殺菌治療中に痛みを感じることがあるのはなぜ?

根管治療で、針のような細い治療器具を用いて歯を削るのは、はじめに歯の中にある神経をすべて取り除いてから行います。ですから、取り除いたのちは痛みを感じることが普通はありませんから、麻酔をする必要もありません。

しかし、切除したはずの神経が一部歯の内部に残ってしまっていることがあり、その場合はその神経に触れた瞬間に激しい激痛を感じることになってしまいます。

根管治療中に痛みを感じた場合はどうする?

根管治療で、歯を削ったり消毒したりする際に、強い痛みを感じてしまう場合は、我慢せずに医師にその旨を伝えるようにしましょう。神経が残っている可能性がありますから、もう一度神経が残っていないか詳しく確認してもらい、取り除いてもらう必要があります。そのときには麻酔も必要になりますから、適切な麻酔をしてもらって続きの治療を進めることができます。

なぜ神経を取ったあとは麻酔をしないのか?

歯の内部の神経を取り除く治療をしたのちは、麻酔を使用せずに治療をすることが多いです。神経が残っていてひどい痛みを感じてしまう可能性があるのに、なぜ麻酔を使わずに治療するのでしょうか。

保険制度上の問題なのですが、根管治療中の神経除去後の麻酔は医療報酬に記載されないので、歯科医師たちも使用する必要性を感じないという点があります。それでも使ってはいけないというわけではありませんから、患者さんが痛いのでどうにかしてほしいと訴えると、麻酔をしてくれるケースも多くあります。よいコミュニケーションを取って、意思を伝えることが大切です。

根管治療完了後の痛み

何度も歯科医院に通って何回も歯の中を消毒し、なんとか根管治療を終了したのに、また治療した歯の根元がズキズキ痛くなってくるということがあるようです。どういう原因が考えられるのでしょうか。

根管治療の完全成功率はあまり高くない

残念ながら、根管治療を完全に治療するということは、簡単なことではないようです。特に、患部の状態がひどく細菌が多く繁殖してしまっている場合は、消毒を繰り返して菌がなくなったように見えても残ってしまっているということがあるようです。

歯科医師も奥歯の歯の中の様子をのぞき込んで直接確認できるわけでもなく、完全に殺菌ができたかどうかを判断するのはなかなか難しいようです。歯の根っこの部分の形状はそれぞれ異なっており、根管の穴も枝分かれしていたりして、すべてのスペースを消毒することは簡単なことではありません。細菌は小さな隙間に入り込んでしまい、完全にすべての細菌を取り除くのはかなり大変であることが分かります。

どのように再発する?

根管治療後に、再発が疑われる場合の症状としては、歯茎の腫れ、噛みしめたときに感じる痛みがあらわれることがあります。取り除けなかった細菌が繁殖してしまったり、治療後の膿が溜まっていたり、歯にひびが入っていて、元の患部に細菌が侵入してしまう場合などに、そういった症状が起きることがあります。

治療した箇所が痛くなったらどうする?

根管治療の専門医は、ラバーダムという器具の使用を推奨しています。ラバーダムは、薄いゴムの膜で、治療中の歯を隔離することができます。治療中にせっかくきれいに消毒した患部に、唾液などを通して、細菌が再侵入してしまうことを徹底的に防ぐことができます。欧米での根管治療では必須となっているこの器具ですが、日本ではまだあまり一般的ではありません。

何度でも治療を繰り返すのが普通になってしまっている根管治療ですが、繰り返していると、削り取ることができる範囲も少なくなってしまいます。また、歯自身も弱くなってしまいますから、早いうちに成功率の高い治療方法で完治するように対応することがとても重要になります。

根管治療は専門医で徹底的な治療

根管治療は根気よく直していく必要があります。痛いのが苦手な方にはなかなか厳しく、試練になることでしょう。

根管治療中に、麻酔をしていないかのように激しく痛みを感じることがあります。治療中の患部の状態がひどく出血が多い時などは、麻酔が血流を伝わって患部に届きにくくなるため、患部での麻酔の効き目が弱くなってしまいます。患部の神経に直接麻酔をするのはたいへん痛みが伴いますが、その後の治療の痛みは軽減できます。

神経切除後は、除菌や消毒を目指して、患部の表面を削り取り細菌を取り除きます。大抵は麻酔をせずに除菌の治療をします。この段階で痛みを強く感じる場合は、神経が根管内に残っていることが疑われますから、神経切除をしてもらいましょう。

根管治療完了後も、痛みが生じることがあります。再度根管治療が必要な状態になってしまっていることも多いですから、歯科医院に早めに見てもらうようにすることが大切です。

正しい情報を上手に活用して治療に活かすようにしてください。

根管治療でおすすめの歯医者さん 関東編

吉江歯科医院

出典:http://www.yoshie-shika.com/

電話番号 044-877-3231
住所 神奈川県川崎市高津区新作6-16-3
アクセス JR南武線 武蔵新城駅 南出口 徒歩4分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~19:00
【土曜】9:30~13:00/14:30~18:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://www.yoshie-shika.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る