インプラントを考えている人必読!インプラントのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯の治療を行っていく中で、インプラント治療について耳にしたことのある人は多いはずです。

自分の歯を失っても、入れ歯やブリッジなどの方法とは違い、扱いやすい等の様々なメリットがあります。メリットの反面、デメリットも存在しているのが事実。

今回はインプラント治療におけるデメリット面を詳しく見ていきましょう。インプラント治療のデメリットについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療時のデメリット

インプラント治療とは、人工歯根を顎の骨に埋め込こんで人工歯をかぶせる方法のことです。

骨に直接歯を埋め込むので、従来の入れ歯やブリッジといった方法と比べると扱いやすいという理由で人気を得ています。しかし、顎の骨に埋め込むという治療故に、患者自身に対し発生するデメリットが存在します。

インプラント治療時に発生するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

治療できない人が存在

インプラント治療は、希望する人すべてに治療が可能なわけではありません。一部ではありますが、治療が行えない人が存在しています。妊婦や骨が未発達な子供に行えないのはもちろんのこと、以下の病気を持っている人にも行えない可能性があります。糖尿病、貧血、高血圧症、関節リウマチ、骨粗しょう症です。

これらの疾患には、直接的に妨げとなる症状があるほか、使用している薬剤が悪影響を与える可能性がありえます。これらの理由から、何らかの疾患を抱えている人は事前に歯科医へ相談することが必要となります。

外科処置が必要

インプラント治療は、顎の骨を削って人工歯根であるインプラントを埋め込む外科手術を行います。そのインプラントに土台を設け、人工の歯をかぶせることで自然の歯と同様の機能を持たせることができます。そのため、治療後の人工歯は自分の歯のように噛めるようになりますが、歯肉を切開し、顎の骨にドリルで穴を開けるなどの外科的施術に、心理的負担を感じる患者は少なくありません。

インプラントの不定着

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋めることができたらそれで成功というわけではありません。外科処置を施した後は、しばらく経過観察が必要となります。

時間とともにインプラントが骨とうまく癒合して初めて成功となるのですが、ごく稀に癒合がうまく進まずぐらついてしまうことがあります。その場合には別の対処方法を検討する必要がでてきます。長期間放置した虫歯などは、周辺の骨へ影響を及ぼすため、このような人工歯根のぐらつきにつながるリスクをはらんでいます。

治療費用が高額になる可能性

普段多くの人が歯科医で受けている虫歯治療や銀歯を被せるなどの歯科治療には、健康保険が適用されています。一方でインプラント治療は、一部の場合を除いて保険適用外の治療となるため、その治療費は全額自己負担となってしまいます。インプラント治療を行いたいと考えている人は、治療費が高額になることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

治療期間が長期になる可能性

従来のブリッジ治療や入れ歯治療は、数週間から2か月程度で治療が終わります。それがインプラント治療になると、施術方法によってまちまちですが2か月以上は治療期間を要することを覚悟しておいた方が良いでしょう。

治療期間を長く要することはデメリットに感じる人もいるでしょうが、治療の安全性を高めるためには欠かせない期間です。時間をしっかりかけることで、周辺組織にインプラントがしっかり定着し、自分自身の歯のように機能するようになるのです。

インプラント治療後に発生するデメリット

インプラント治療が無事に終了しても、治療後に発生する可能性のあるデメリットがいくつか存在します。インプラント治療後に発生するデメリットについて詳しく見ていきます。

メンテナンスが必要

インプラント治療で施術された人工歯は虫歯になる可能性はありませんが、丁寧なメンテナンスを日々行う必要があります。人工歯根を埋め込む部分は自分自身の歯科組織であるため、衛生状態が悪いと歯周病菌を繁殖させてしまいます。メンテナンスが不十分であると、インプラントの寿命を左右してしまう重大なリスク要因となってしまいますので、定期検診は必須となります。

インプラントへの違和感

歯の無い期間が長ければ長いほど、空いているスペースに舌や頬が入り込んでしまうので、インプラントに馴染むまで、違和感を感じやすくなってしまいます。口腔内の筋肉が変化に対応できず、頬や舌を噛んでしまったり、発音しにくく感じたりというトラブルが起きる可能性もあります。

インプラントの存在に慣れてしまえば解消されますが、慣れるまでの期間は個人差があることを知っておきましょう。また、噛みあわせの問題や歯が揺れるなどの問題がある場合には、担当医に相談することをおすすめします。

デメリットを解消する方法

ここまでインプラントのデメリットについて説明してきました。デメリットに感じる部分も、安全なインプラント治療を行う上では不可欠な事柄であったり、一部のデメリットは解消することができたりします。ここでは、インプラント治療のデメリットの中でも解消できるものについて、その解消方法を説明していきます。

治療できない人への解消方法

インプラント治療には治療が行えない人が存在しました。しかし、治療が行えない事情さえ解消すれば施術を受けることが可能となります。例えば、骨が未発達な子供は骨の成長が止まる18歳頃以降からなら治療が可能です。疾患を抱えている人でも、インプラント治療前に措置を取ることで可能となる場合がありますので、必ず相談するようにしましょう。

心理的負担の解消方法

インプラント治療に必要な外科処置に不安を感じる人へは、不安を和らげる方法を取り入れている歯科医院があります。「静脈内鎮静法」は、脳の中枢神経に作用して緊張や恐怖心を緩和します。局所麻酔と併用することで、インプラント治療への心理的負担を解消してくれる可能性があります。

金銭面のデメリット軽減方法

一部の例外を除いてインプラント治療は健康保険適用外ではありますが、医療費控除の対象ではあります。年間の医療費が10万を上回った場合、少々手間はかかりますが、確定申告することで収入から医療費の控除を受けることができます。保険適用外だからと諦めず、必ず歯科医院で発行された領収書を保管しておくようにしましょう。

インプラントのデメリットを正しく理解して不安解消

インプラントのデメリットやその解消方法について説明してきました。

入れ歯やブリッジ治療などの従来の方法と比べて扱いが楽なことや、自分の歯のように扱えること、しっかりと物が噛めるなど、インプラントのデメリットを加味しても、選ばれるだけの多くのメリットがインプラントにはあるのです。

インプラント治療をする上で発生するデメリットの多くは、治療を安全に行うためやインプラントの寿命を延ばすために不可欠なものです。いくつかのデメリットに関しては、歯科医に相談することや手続きを行うことで解消することや軽減することができます。

インプラントのデメリットを正しく理解して、治療を行うことが口腔内や自分自身の健康へとつながる大切な事柄となるのです。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 関東編

菊名デンタルクリニック

出典:http://www.kikuna-dental.com/

電話番号 045-834-8889
住所 神奈川県横浜市港北区菊名6-17-1
アクセス JR横浜線 菊名駅 徒歩4分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:00~16:30/17:00~19:00
【土・日】9:30~13:00/14:00~17:00
休診日 木曜日・祝日
URL http://www.kikuna-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る