あごの骨が少なくインプラント治療ができない場合の骨造成とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インプラント治療を行うためには、あごの骨が非常に重要です。人工歯根を埋め入れるためのあごの骨の幅や高さが一定量ないと、適切にインプラント治療をすることができません。

それでは、あごの骨が足りない人はインプラント治療が全くできないのかというと、そうではありません。骨造成という治療を行うことで、インプラントを埋入させるために必要な骨の高さや厚みを再生させることができ、インプラント治療を可能にする技術があります。

ここでは、インプラント治療の骨造成について、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療をするために必要な骨の量

インプラント治療をするためには、どれくらいの骨の量が必要なのかについてみていきましょう。

インプラント治療の基本

インプラントというのは、体の中に埋め込む人工物という意味です。そのため、総合的に考えると骨折治療のボルトや心臓のペースメーカーなどもインプラントと呼ぶことができます。

歯科治療におけるインプラントは、チタン製の人工歯根(インプラント)をあごの骨(歯槽骨)に埋め込み、人工歯根の上に人口の歯を装着します。そのため、部分入れ歯や差し歯のように、他の歯を支えにして補うのでなく、人工歯根によって新たな歯を作る治療です。

インプラントに使用しているチタンは、骨と結合する性質があります。そのため、あごの骨に埋め込むとチタンと骨が強く結合することから、ぐらつきも少なく自分の歯のような噛み心地を取り戻すことができるのです。

あごの骨がポイント

インプラント治療を適切に受けるためには、インプラントを埋め込むためのあごの骨が重要なポイントとなります。あまりに骨の量が少ない場合、歯科クリニックによってはインプラント治療ができないといわれるケースもあります。インプラントに必要な骨の大きさは、少なくとも骨の幅で約6mm、そして高さで少なくとも10mm程度の高さが必要とされています。

骨造成をせずにインプラントをした場合のリスク

先にご紹介した必要な骨の量が足りない場合、インプラント治療が適切に行うことができずに、歯科クリニックによっては治療を断られるケースもあります。骨の量が足りない状態で、インプラント治療をしてしまうとどのようなリスクがあるのかについて解説していきます。

なぜ骨の量が減ってしまうのか

歯周病などが原因によって歯が抜けてしまう、あごの骨がやせてしまうことで骨の量が減少してしまいます。さらに、歯が抜けた状態で長時間放置しておくと、「骨吸収」という現象によって、骨の量がさらに減少してしまいます。

骨というのは、筋肉と同じであり、使っていないとどんどん衰えてしまいます。歯が抜け落ちてしまうことで、噛むという行為が行われなくなり、あごの骨に対する刺激が減少してしまい、どんどんあごの骨がやせていってしまいます。この現象を骨吸収と呼びます。

インプラントが抜け落ちてしまうリスクがある

骨の量が少ない状態で、無理にインプラント治療をしてしまうと、人工歯根があごの骨にしっかりと結合しない恐れがあります。そのような状態で咀嚼を続けてしまうと、ある時急にインプラントが抜け落ちてしまうなどのトラブルが引き起こされる可能性があります。

インプラントの骨造成の手順

骨の量が足りないと、絶対にインプラント治療ができないというわけではありません。骨が足りない場合には、骨造成をして骨の量を増やすことで、通常のインプラント治療ができるようになります。ここでは、インプラント治療の骨造成で多く利用されるGBR(骨再生誘導法)について解説します。

1.自家骨を採取する

自分自身の骨を使って骨造成を行う場合、まずはインプラント治療に使う骨の採取が必要です。自家骨は、下あごの先端部や下あごの奥歯の外側の骨を採取することが多いです。インプラントの埋め込みと同時で行う治療では、「ボーンミル」という機器を用いて、採取した骨を細かく粉砕して使用します。もし、自家骨を使用しない場合は、骨補填剤という素材を使用します。

2.インプラントの埋め込み

骨造成を行う前に、まずインプラントを土台となる骨に埋め込みます。骨が足りない状態でインプラントを埋め込むと、正しく埋め込んでも骨の中にインプラントが収まりきらずに一部が露出してしまう形になります。

3.自家骨・骨補填剤の充填

骨を増やしたい部分に細かく粉砕した自家骨や骨補填剤を充填します。充填することにより、骨芽細胞という骨の再生や形成を担う細胞を増殖・活発化させる事ができます。

4.メンブレン被覆

骨の形成を阻害する繊維芽細胞が入り込まないように、自家骨もしくは骨補填剤を投入した部分をメンブレン(人口膜)で封をして、再生を促します。

5.歯肉縫合と人口歯の装着

治療によって開いた歯肉を縫合し、インプラントが固定されると人工歯を装着します。

骨造成をすることによるメリット・デメリット

骨造成をすることでインプラント治療をするメリットデメリットには、どのようなものがあるのか?詳しく解説していきます。

骨造成をすることのメリット

骨造成を行うことで、しっかりとインプラントを支えることが可能であり、インプラントの性能を最大限に発揮させることが可能です。また、あご全体の骨のレベルをそろえることができます。骨のレベルをそろえられるということは、高さをそろえたインプラント治療が可能となります。

そのため、インプラント治療後の歯肉や歯の自然な連続性、つまりは審美性が高いインプラント治療が実現するのです。審美性の高いインプラントは、見た目が美しいだけではなく、ブラッシングを含むメンテナンスも容易となるというメリットがあります。

骨造成をするデメリット

骨造成の中でも自家骨を使った治療の場合、手術を行うエリアがかなり大きくなります。また、自家骨を使用しなかったとしても代用骨やチタン製のプレートを使用するためには、高度な治療技術を要します。そのため、治療のために高額の治療費が必要となる恐れがあります。

また、移植した骨が安定しなかったり、治療部位が感染症を引き起こしてしまったりすることで、再治療の必要性が発生する恐れがあります。

骨が足りない場合は医師と骨造成を相談

インプラントを適切に、そして最大限の効果を発揮させるためには、インプラントを埋め込むあごの骨の量が重要となります。あごの骨の量が不足している場合、そのままインプラントを装着するとインプラントの脱落などのトラブルが引き起こされる恐れがあります。

そのようなトラブルを防ぐためにも、骨造成などの技術を用いて必要な骨の量を増やしながらインプラントをしていくとよいでしょう。骨造成を行う場合、自家骨を用いるか骨補填剤を用いるかはどうか、個人の意思もありますが担当の医師との話し合いも必要となります。

骨造成のメリットだけではなく、ある程度のリスクも存在しています。それぞれをしっかりと理解したうえで骨造成によるインプラント治療を行うとよいでしょう。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 関東編

アス港北歯科クリニック

出典:http://www.us-kouhoku.com/

電話番号 045-944-6480
住所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央5-1 港北TOKYU S.C.4F
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~19:00
休診日 水曜日
URL http://www.us-kouhoku.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る