上部構造にセラミックを使ったインプラント治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

失ってしまった歯の機能回復をはかるインプラント治療では、顎の骨に埋め込んだ人工歯根に上部構造を取り付けて歯を再建します。上部構造には金属製の素材のほか、セラミック系の素材を選ぶことが可能です。自然な透明感や白さを備えたセラミックを使うことで口元の審美性についても満足度の高い治療結果を期待することができます。インプラント治療で選択されることの多いセラミック系の素材について、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療とセラミック

歯周病などの症状の進行によって歯を失ってしまった場合に検討されることの多い治療方法のひとつがインプラントです。入れ歯やブリッジなどの治療方法よりも噛む機能を強く回復させることができ、「第3の永久歯」と言われます。また、治療にあたってはセラミック系の素材を選ぶことで、口元に自然な見た目を取り戻すことができます。

噛む機能の回復をはかるインプラント治療

インプラント治療では外科手術によって顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その人工歯根の上に上部構造としてセラミックなどでできた人工歯を取り付けます。入れ歯やブリッジはお口のなかに残っているほかの歯で噛む力を支えますが。インプラントは噛む力を直接、顎の骨で受け止めることが可能で、ほかの歯に負担をかけてしまう心配もありません。また、入れ歯は噛み心地や装用感に不満を持つ方が少なくありませんが、インプラントはご自身の歯と遜色のない噛み心地を実現することができます。

術前診査から上部構造の取り付けまでの流れ

インプラント治療は、まず顎の骨に人工歯根を埋め込む手術を実施し、その後、セラミックなどの上部構造の取り付けを行います。手術を行う場合は、事前に歯科用CTによって顎の骨の厚みや密度を測定し、安全に人工歯根の埋入を行うためのシミュレーションを行う歯科医院が多くなっています。また、歯科医院によってはインプラントガイドを作成して歯科医の勘に頼ることなくより安全に埋入手術を行うケースが見られます。埋入本数にもよりますが、人工歯根の埋め込み手術は1時間程度で終わることが多く、手術後はそのまま帰宅することが可能です。2回法で治療を行う場合には、人工歯根が顎の骨のなかで安定するのを待ってから、上部構造の取り付けが行われます。

インプラント治療で噛む機能を回復させる仕組み

インプラント治療はチタンが骨と結合する性質を利用することで実現している治療方法です。顎の骨に埋め込まれた人工歯根は顎の骨と強固に結合し、数十kgにもなる噛む力をしっかりと受け止めることができるようになります。入れ歯のように取り外してお手入れをする必要もなく、自分の歯と同じようにしっかりとケアを行うことで長期間にわたって噛む機能を保ち続けることが可能です。

人工歯根に取り付ける上部構造

治療を行うことで口元に自然な見た目を取り戻すことが可能な点もインプラント治療の魅力のひとつです。人工歯根が顎の骨のなかで安定した後に、アバットメントを介して上部構造の取り付けを行います。上部構造はさまざまな素材からチョイスすることができます。銀歯などのメタル素材を使用することも可能ですが、多くの場合セラミック製の上部構造が選ばれます。セラミックは高い審美性を期待することができるほか、表面が平滑なため汚れが付着しにくいという特徴も備えています。銀歯による金属アレルギーの心配がないという点もセラミック素材を選択するメリットのひとつです。

上部構造に選択されるセラミック系の素材

インプラントの上部構造に使用される素材はセラミック系を中心にいくつかの種類があります。治療箇所や患者さんが求めている審美的な条件などによってチョイスされます。口元の見た目の美しさにこだわる方のリクエストにも細やかに応えることができます。

高い審美性が魅力のオールセラミックス

オールセラミックスは全体がセラミックでできているため、天然歯にきわめて近い見た目を実現することができます。審美性に対する高いニーズにも応えることができる素材です。摩耗に強い特性を備えていますが、割れやすいため奥歯のインプラント治療では使用されるケースは多くありません。また、内部に金属素材を含んでいないため、金属アレルギーを心配する方も安心して選ぶことができる素材です。

高い強度と審美性を併せ持ったジルコニア

人工ダイヤモンドとして知られているジルコニアは、セラミックのなかでもとくに高い強度を備えた素材です。金属よりも頑丈なため、奥歯の強い咬合にも耐えることができます。近年、ジルコニアも審美性のニーズにより柔軟に応えられるようになり、天然歯に近い白さや透明感を求めることが可能です。変色も起こりにくく、長期にわたって美しい見た目を保つことができます。また、その高い機能性や審美性から、ジルコニアを選択して治療を行った場合に何らかの保証を付ける歯科医院も見られるようになりました。インプラント治療は治療費が高額となりやすい治療のひとつですが、保証があることで、より安心して治療を受けられるようになります。

手軽にチョイスできるハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスはセラミックに歯科用プラスチックであるレジンを混合して作られた素材です。比較的選びやすい料金を設定している歯科医院が多く、口元に自然な見た目を手軽に実現することができます。部分的に欠けてしまった場合に口腔内で修復が可能である点もハイブリッドセラミックスの利点です。プラスチックを含んだ素材のため、時間の経過とともに変色する場合があります。

変色にも強いメタルボンド

メタルボンドは金属素材にセラミックを焼き付けて作られた素材です。天然歯に近い色みを再現でき、変色にも強いという特徴があります。また、内部構造が金属でできているため高い強度も期待することができます。

インプラント治療を受ける場合の歯科医院選び

インプラント治療では人工歯根の埋入手術の安全性や噛む機能の回復に高い関心が寄せられます。しかし、長く付き合うインプラントだからこそ、見た目の美しさにもこだわりたいものです。治療を受ける歯科医院を選ぶ際には、インプラント治療の実績だけでなく、審美性にも重きをおいたセラミック治療における実績や歯科技工所との緊密な連携体制にも注目することで、満足度の高いインプラント治療を受けることができます。噛む機能の回復と自然な見た目の口元を取り戻すことを目指して、歯科医院を選んでいただきたいと思います。

治療への満足度を左右するセラミック治療の技術

インプラント治療の目的は歯を失ってしまった箇所に噛む機能を力強く回復させることにあります。しかし、治療後も長きにわたってインプラントと付き合っていくことを考えた場合、口元の見た目にもしっかりこだわった治療を受けることが大切です。インプラントの上部構造に取り付けるセラミックは、口元の見た目を大きく左右する場合があります。セラミック素材による審美性にこだわった治療で豊富な実績を持つ歯科医院を選ぶことで、治療に対する納得度を大きく高めることができます。インプラント治療の実績に加えて、審美歯科の治療でも高い技術を備えた歯科医院を選んでいただきたいと思います。

インプラント・セラミック治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

吉川デンタルクリニック

出典:http://www.k-dc.co.jp/

電話番号 0120-648-014
住所 京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599
アクセス 地下鉄烏丸線・東西線 烏丸御池駅 南6番出口徒歩1分
診療時間 【月~土】10:00~13:00/14:30~19:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.k-dc.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る