虫歯の治療期間と治療にかかる金額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誰もがかかる可能性があり、とても一般的な病気のひとつである虫歯。虫歯というのは自然治癒しない病気なので、かかってしまったら必ず病院に行って治療をしなければなりません。

しかし、仕事の合間を縫って治療に通うのは大変なことですし、お金もかかってしまいます。虫歯かな、と思ったときにある程度病院に通うスケジュールを組めるように、虫歯の治療にかかる期間を知っておくことはとても大切なことです。虫歯の治療期間と治療にかかる金額について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯の進行度合いの分類

虫歯は進行度が5段階に分けられ、それぞれの進行度合いによって治療方法もかかる期間も違ってきます。まず虫歯の進行度合いはどのように分けられていて、どんな症状なのかを確認しておきましょう。

虫歯の進行度①CO

虫歯の進行度合いで最も程度が軽いのがCOです。これはCaries Observationの略で、「経過観察」を意味します。歯の表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりして、エナメル質がやや溶けている状態です。この状態では、歯の再石灰化作用によって症状が改善することがあるため、治療には入らずに経過観察をすることが多くあるようです。

虫歯の進行度②C1

C1はエナメル質がさらに冒され、表面に黒ずんだ小さな穴が開く状態です。この状態までくると再石灰化による症状の改善はのぞめません。

ただC1では自覚症状がない状態がほとんどですので、C1まで進行しても経過観察として治療に入らない場合もあるようです。こちらもCOと同様に素人の目でわかるものではなく、専門家の判断で診断が確定します。

虫歯の進行度③C2

C2はエナメル質の下にある象牙質まで虫歯が進行し、歯の中に広がっている状態です。象牙質の下には神経が通っており、冷たいものがしみるようになります。また神経に虫歯が近づいていくにつれ、暖かいものや
甘いものもしみてくるようになってきます。

ここまで来たら痛みが出てきますので、経過観察ではなく確実に治療に入ります。

虫歯の進行度④C3

C3は象牙質の下にある神経にまで虫歯が広がり、何もしていなくても歯に激しい痛みがあるような状態です。非常に激しい痛みがあるので放置する人はまずいないでしょうが、放置すると神経の炎症である歯髄炎が進行し、歯髄が腐って死んでしまいます。ここまで症状が進行しないように早めに受診することが大切です。

虫歯の進行度⑤C4

C4は歯の神経の部分が腐り落ちてしまい、痛みも感じなくなってしまった状態です。神経とともに歯も崩れてしまい、根元の部分しか残りません。

ここまで来ると元の歯を残すような治療は難しく、インプラントや差し歯など代替のものを使った治療が選択されます。

虫歯の進行度合いによる治療方法と標準的な期間

虫歯の進行度合いは前述のように5段階に分けられます。どの程度進行しているのかで治療方法が大きく変わってきますし、治療の種類によって期間も金額も変わってきます。どんな治療方法があるのか、どの程度の期間がかかるのかを見ていきましょう。

虫歯の治療その①CO~C1

CO~C1程度の虫歯では自覚症状が無く、特にCOの場合は歯の再石灰化によって症状の改善が期待できるため、フッ素の塗布を行って歯の経過観察をすることが多いようです。

C1の場合は患部を削り取ったうえで、削り取った位置にコンポジットレジンというプラスチック製の詰め物を詰めます。この詰め物はペースト状で、可視光線を当てることで簡単に硬化します。また詰め物をする場所が小さいために型取りの必要がなく、治療は一日で終わります。フッ素塗布も同様です。

虫歯の治療その②C2

C2まで虫歯が進行した場合は、C1と同様にコンポジットレジンを詰める場合もあります。しかし多くの場合、患部が大きく広がっているため、より広範囲に削り取ってインレーと呼ばれる大きな詰め物を入れます。

この場合は範囲の広い詰め物となるために型を取り、詰め物の完成までは仮詰めをしておくことになります。そのため最低でも治療までに2回は通院することになります。

虫歯の治療その③C3

C3は神経まで虫歯に冒されてしまった状態です。治療法としては、まず虫歯に冒された神経を取り除きます。取り除いた神経の周囲の炎症がおさまったら取り除いた部分を薬で埋めて土台を作り、そこに被せ物をします。

神経を抜いたり炎症がおさまるのを待ったり、土台作りや被せ物のための型取りなども合わせると非常に大変であり、平均して1ヶ月~3ヶ月程度の時間がかかるようです。

虫歯の治療その④C4

C4は歯を残す治療が非常に難しく、基本的には部分入れ歯やブリッジ、インプラントなどをつかって代替の歯に付け替えるような治療となります。そのためまず抜歯、型取り、入れ歯やブリッジ、インプラントの作成にかかる時間まで考えると、部分入れ歯やブリッジで抜歯から3~4ヶ月、インプラントでは6ヶ月程度かかることになります。

虫歯治療にかかる金額

虫歯治療にはレジンの詰め物やインレーの詰め物、入れ歯やインプラントなど様々なものがあります。虫歯の治療にかかる金額は、診療費とこれらの詰め物などの金額が主なものとなります。治療方法によって大きく金額も違い、場合によっては保険適用外となるものもありますのでよく見ておきましょう。

虫歯の治療にかかる金額①CO~C1

CO~C1の場合は、フッ素塗布か削った箇所へのコンポジットレジンによる詰め物がメインとなります。病院によって金額は違ってきますが、この場合は1,500円~3,000円程度であることが多いようです。治療も1回
で済みますので、金銭的な負担はそこまで大きくなくて済みます。

虫歯の治療にかかる金額②C2

C2でコンポジットレジンで済む程度でしたらC1とさほど変わらない金額で済むでしょう。しかしC2は大きく患部が広がっていることが多く、型取りをしたうえで詰め物をすることがほとんどです。

この場合の詰め物は保険適用のパラジウムによる銀色の詰め物と、歯と同様に白く見える詰め物、化学変化が起こりにくい金による詰め物があります。パラジウム以外は保険適用外であるため高額で、1ヶ所につき40,000~50,000円前後、保険適用の場合なら2,000~10,000円前後のことが多いようです。

虫歯の治療にかかる金額③C3

C3の治療は、虫歯に冒された神経を抜いてから土台作りと被せ物をする、というものです。それなりに通院回数も多くなるため、自然と治療費も高額となってきます。

保険適用の硬質レジンによる被せ物の場合は、1歯につき7,000~20,000円前後となります。自然の歯に近い色の被せ物を選択した場合、保険適用外となってしまい1歯につき70,000~150,000円前後かかってしまうようです。

虫歯の治療にかかる金額④C4

C4は元の歯を保存できないレベルですので、治療も抜歯したあとの部分をどうするのか、という内容によって大きく金額が変わってきます。

保険適用のパラジウムによるブリッジであれば7,000~20,000円程度で済みますが、インプラントを使うとなると歯肉の切開手術や、あごの形状によっては補助手術が必要となることもあり、総額で300,000円を超えるような大金がかかってしまうこともあるようです。

虫歯の治療期間と金額の節約が必要

虫歯の治療期間は進行度合いによって様々です。1回の通院で済むこともあれば、場合によっては半年以上の通院が必要なこともあります。また治療にかかる金額も、虫歯の進行があまり進んでいない状態であればそこまでお金はかかりませんが、進行してしまうと全て保険適用であったとしても万単位の出費が見込まれ、見た目を気にして保険適用外の治療を選択すると10万単位のお金がかかってしまいます。

虫歯は早期発見すればお金も期間も節約して治すことができますし、予防に注意して過ごすことで虫歯にならず済むこともあります。痛み、治療にかかる期間、治療にかかる金額のことを考えれば、毎日のちょっとした注意や歯磨きなど大したことはありません。毎日の歯磨きと定期的な検診を忘れないようにしましょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 東北編

ふただ歯科クリニック

出典:http://www.futada-dental.com/

電話番号 018-870-6482
住所 秋田県潟上市天王字二田219-122
アクセス JR男鹿線 二田駅から500m(徒歩7分)
JR男鹿線 上二田駅から2km(徒歩27分)
JR奥羽本線 大久保駅から8km(車で21分)
JR奥羽本線 羽後飯塚駅から9km(車で24分)
診療時間 【月〜土】9:30~12:30/14:30~19:00
【水曜】9:30~12:30
休診日 水曜日午後・日曜日・祝日
URL http://www.futada-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る