虫歯を治療した後も白い歯が長持ち!セラミックって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯の治療で詰めものや被せものが必要な場合、どのような素材を選びますか?銀歯は保険がきいて安いけれど、見た目がいまひとつです。また、白いプラスチック素材に関しては、見た目はいいものの壊れやすいというリスクがあります。

そこで、詰めものや被せものにセラミックを使用すると、白い状態で長持ちさせることができます。ではセラミックとはどういう素材なのでしょうか。治療費は高いのでしょうか。今回は、虫歯の治療の詰めものや被せものを長持ちさせたい人のために、セラミックを使った虫歯の治療について歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯の進行度と治療

虫歯は、進行度合いによって、C0~C4まであり、治療方法が異なります。進行度合いが軽い場合は削る必要はありませんが、進行度合いによっては、削ったうえで詰め物をしたり、上からかぶせ物をしたりして治療を行う場合もあります。どのような症状が現れたら、どの程度の虫歯なのでしょうか。段階別にご説明します。

削る必要のない初期虫歯C0

ごく初期の虫歯は、削らなくても治療が可能です。進行度としてはC0と言われます。歯の表面が溶け始めた状態で、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。歯の表面が白く濁ったような色に変わっているのが特徴です。歯磨きを適切に行ったり、フッ素を塗布したりすることによって、虫歯の進行を抑えられます。

歯の表面の虫歯C1

C1の虫歯も、痛みはありません。歯の表面のエナメル質が侵食されている状態ですが、虫歯を削って修復材を詰めるという簡単な治療で対応可能です。麻酔を使わず治療ができます。

痛みが出始めるC2

虫歯がエナメル質の次の象牙質まで進行したのがC2の状態で、冷たいものを口に入れたりすると少し痛みがあります。場合によっては麻酔を使用して、虫歯を取り除く治療が行われますが、取り除いた部分が大きい場合は詰めものを施します。一つの歯に複数の虫歯がある場合は、詰めものではなく被せ物を施す場合もあります。

神経まで進行したC3

虫歯がC3まで進行すると、神経まで達しているので、熱いものがしみたり、何もしていなくても激しい痛みを伴ったりすることがあります。虫歯の治療は、炎症が起きている部分を取り除いて、歯に被せ物を行います。 

C4まで達すると……

C4の虫歯は歯の根だけになった状態で、歯髄が壊死しています。この段階になると、強烈な痛みを感じる方がほとんどです。元の歯を残さず抜いたうえで、ブリッジや部分入れ歯、インプラントで治療を行います。

虫歯の治療で使う歯の詰めものや被せものの素材

主にC2の虫歯の治療においては、歯に詰めものを施します。また、C3では歯に被せものを施します。詰めものや被せものの素材の種類によって、見た目や耐久性、値段などが異なります。代表的な種類をご紹介します。

プラスチック

歯科医院で一般的に使用されている素材です。色が白く歯の色に似ているため、見た目がいいのが特徴です。また、保険適用されるため、比較的安価で治療が可能です。ただし、プラスチックなので、変色しやすい点と強度が弱いため、欠けたり割れたりする場合がある点にも注意が必要です。

金銀パラジウム合金

いわゆる銀歯と言われるもので、保険適用されます。プラスチックと比べて少しだけ費用が高いですが、耐久性はあります。ただし、使用する素材によっては、金属アレルギーを持っている人は症状が出てしまうこともあります。

セラミック

セラミックとは、陶磁器のことです。トイレの便座にも使われている素材であることから、水に強く、耐久性もあり、汚れにくいことがわかります。丈夫で耐久性も高く、白く美しいことで、歯の治療に用いられることもありますが、ほとんどのものが保険適用対象外です。
セラミックにはいくつか種類があります。ただし、詰めもので5万円前後、被せもので1本約3万円~10万円強と高額な治療費がかかる点はデメリットです。また、外部からの衝撃で割れやすい点や、歯よりも固いため歯を傷つけてしまうことがある点にも注意が必要です。ただし、金属アレルギーの心配はないため、アレルギー体質の人でも安心です。

金歯

銀歯と同じように耐久性が高い金属製の歯ですが、ゴールドを使用しているため、金属アレルギーの心配が銀歯に比べて少ないのが金歯です。使用している金の種類は歯科医院によって異なります。

虫歯の治療に使用するセラミックの種類

虫歯の治療で使うセラミックについて、代表的なものをご紹介します。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミックに一部プラスチックが混ぜられている素材で、保険が適用できます。プラスチックより劣化しにくく、色の種類が豊富なのも特徴です。費用が安く済むのはメリットですが、耐久性においては純粋なセラミックにやや劣ります。

オールセラミック

オールセラミックとは、プラスチックなどを混ぜていない純粋なセラミック素材でできているものを指します。保険適用外ですが耐久性は高く、自然な色味の歯に仕上がる上に、長持ちしやすいのが特徴です。ただし、外部からの強い衝撃で割れやすい側面もあります。

メタルボンド

セラミックの内側が金属でできているものです。金属なので頑丈で、耐久性は高いですが、金属アレルギーの人は症状が出てしまう場合があります。また、内部に使用する金属の色によっては、歯の色が黒っぽく見えてしまったり、歯茎が黒く見えてしまったりする場合があります。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤであるジルコニアの上にセラミックを焼き付けた、強度と審美性両方を兼ね備えた素材で、ハリウッドで生まれました。天然の歯に色が近く美しいため、前歯や奥歯におすすめの素材です。セラミックを何層重ねるかによって、価格が異なります。

虫歯治療に美しさを求めるならセラミック

今回の記事では、虫歯の段階と治療方法、歯の詰めものや被せものの素材についてご紹介してきました。虫歯の痛みが出始めるC2になると、治療で詰めものや被せものが必要です。また、C3になると、被せものが必要です。それ以降になると歯を根元から取り除いてインプラントなどの処置をしなければなりません。

歯の詰めものや被せものの素材として、プラスチックや銀歯、金歯やセラミックがあります。プラスチックや銀歯は保険適用されますが、耐久性や審美性、アレルギー反応などデメリットもあります。セラミックはプラスチックが混ざったもの以外は保険適用外ですが、耐久性・審美性ともに優れています。かなり高額にはなりますが、長持ちもするので、近々虫歯の治療が必要な人は、検討してみてはいかがでしょうか。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

はまだ歯科医院

出典:http://www.hamada-dc.com/

電話番号 03-6300-6166
住所 東京都渋谷区本町1-2-5 初台AIビル2F
アクセス 京王線 初台駅 北口 徒歩1分
診療時間 【月・木】9:30~18:30
【火・金・土】9:30~19:00
【日】10:00~18:30(日曜日は「クリーニング・矯正治療の日」となりますので、それ以外の診療の予約はできません。)
※最終受付は診療終わりの30分前です
休診日 水曜日・祝日
URL http://www.hamada-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る