虫歯治療における痛みの原因は?使用される麻酔や治療法等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯を治療するにあたって、やはり一番気になるのが治療中から治療後にかけての「痛み」ではないでしょうか。「歯医者は苦手…」という人の中には、歯医者自体ではなく、治療の痛みに対して苦手意識を持っている場合も多いでしょう。

ただ、一口に痛みと言っても、その種類や原因はさまざまです。また、痛みの発生するタイミングや継続する期間も異なります。

この記事では、虫歯治療で発生する痛みの原因、痛みの継続期間の目安、そして痛みを抑える虫歯の治療法について歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯治療で発生する痛みの原因

虫歯治療で発生する痛みは、大きく分けて「麻酔をするときの痛み」、「歯を削るときの痛み」、「歯根を治療するときの痛み」、「治療後の痛み」の4種類があります。ここからは、それぞれの痛みについて詳しくみていきましょう。

麻酔をするときの痛み

痛みを軽減するために使用される麻酔ですが、その麻酔が逆に痛みを発生させてしまうケースもあります。具体的には、麻酔針を歯茎に刺すときの痛み、麻酔液が歯茎に注入されるときの痛み、体温と麻酔液の温度差によって発生する痛み、などです。

麻酔は一旦効いてしまえば治療中の痛みをグッと軽減してくれますが、通常の注射と同じく針を通すタイミングだけはどうしても痛みが発生してしまいます。

歯を削る痛み

歯は、表面から順に「エナメル質」→「象牙質」→「神経(歯髄)」といった層によって構成されています。虫歯がエナメル質だけで止まっている場合は、歯を削っても痛みを感じることはほとんどないでしょう。

ただ、虫歯が象牙質まで到達していた場合は、歯を削ることによって痛みが発生してしまうケースが大半です。こうした場合は、各種麻酔で対処します。

歯根を治療するときの痛み

虫歯が進行していると、表面の歯を削るだけでなく、歯の中にある神経や根元の歯根も治療する必要があります。歯根の治療では、歯をくり抜いた後に虫歯に感染した部分を削りとっていくのですが、ひびがあったり元から痛みに敏感だったりする人はかなり強い痛みが出てしまうでしょう。

治療後の痛み

虫歯の治療が終了したあと、数日に渡って痛みが発生することもあります。これは、歯を削った部分が敏感になっていたり、治療によって抵抗力が回復し、それが腫れや痛みとして出てきたりするため起こる現象です。

また、単純な痛みだけでなく、神経が過敏になって「歯がしみる」というケースも多々あります。

虫歯治療における痛みの継続期間の目安

虫歯の治療後の痛みは、一体どのくらい続くものなのでしょうか。ここでは、痛みが継続する期間の目安について解説していきます。

歯の表面を削る治療の場合だと、おおむね2~3日で痛みは引くでしょう。ただ、その痛みが1週間以上継続してしまう場合は、もしかすると歯の中にある神経まで虫歯が進行しているかもしれません。

神経まで進行した虫歯をハッキリと確認できるのはそこから2~3ヶ月後になるため、それまでは痛みなどの症状を主治医に相談しながら、経過観察をするか神経を抜くかを判断していきます。

なお、中には若干の痛みが数年に渡って続くケースもあります。虫歯治療においては神経はできる限り残すようするのが基本です。そのため、もし我慢できる程度の痛みであれば、そのまま経過観察にする場合もあります。

神経を取る根の治療の場合だと、おおむね4~5日で強い痛みは引くでしょう。ただ、根の治療は数回に渡って行うことが多いため、治療の度に痛みが発生する人も多く、中には6ヶ月~1年に渡って噛んだときの痛みや違和感が残る人もいます。

また、神経を取る治療をしたにも関わらず歯がしみる人は、神経がキレイに取りきれていない場合があるので気をつけてください。

痛みを抑える虫歯治療法

現代は歯科医療も治療法が発達し、以前に比べて痛みを抑えたものが数多く発表されています。ここからは、歯科医院で行われている虫歯治療の痛みを抑える工夫や治療法をみていきましょう。

表面麻酔

歯茎に麻酔針を刺す前に、ジェルやクリーム、シールなどを塗布して表面に麻酔を効かせる方法です。表面麻酔を行うことによって麻酔針の痛みを最小限に抑えられます。特に痛みを感じやすいとされている前歯付近に利用すると効果が実感できます。

極細針・電動麻酔注射器

通常の注射でも同様ですが、針は細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。そのため、歯科医院ではもっとも細いもので「0.2mm」という極細の針を使って痛みを抑えています。

また、電動の注射器を使用するケースも珍しくありません。というのも、電動の注射器だと手動では困難な、「少しずつ」、「弱い力で」、「一定の量を継続的に」麻酔液を注入することができるからです。こうした注入の方法で、麻酔の痛みを軽減することが出来ると言われています。多くの歯科医院で、麻酔針の痛みだけでなく、麻酔液が注入されたときの痛みも抑える工夫がされています。

麻酔液の温め

麻酔液は治療される人の体温との温度差が激しいほど痛みを感じます。キンキン冷えた氷水と常温の水、どちらが口に入れたときに刺激が少ないかをイメージするとわかりやすいかもしれません。

そのため、歯科医院では麻酔液を専用のウォーマーで人肌まで温めることによって、麻酔液を注入するときの痛みを軽減しています。

痛みが治まらなければ痛み止めや再治療も

ここまで紹介してきた方法はすべて「麻酔から治療中」にかけて痛みを軽減する方法です。

治療後は痛み止めが数日分処方されるのが一般的ですし、あまりに強い痛みが続く場合は再治療を検討する必要もあります。とにかく、何か不安なことがあればすぐに治療をしてもらった歯科医師に相談してみてください。

虫歯治療における痛みへの対策は丁寧な麻酔

虫歯治療には、麻酔をするときの痛み、歯を削る痛み、歯根を治療する痛み、そして治療後の腫れなどの痛みが伴います。そのため、虫歯治療で痛みを完全になくすことは難しいでしょう。

ただ、麻酔をするときの痛みは表面麻酔や極細針、電動麻酔注射器といった方法でかなり軽減することが可能です。さらに、麻酔がしっかりと効けば治療中の痛みもそこまで気にならないでしょう。

虫歯治療後の痛みに関しては、個人差があるものの、歯を削る治療であれば2~3日、根元から治療したのであれば4~5日を目安に徐々に引いていくはずです。もし、それよりも痛みが長引くようであれば、担当の歯科医師に相談のうえ再治療が必要になってくるかもしれません。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 中部編

医療法人梅寿会 梅林歯科医院

電話番号 0561-89-7780
住所 愛知県瀬戸市東横山町92番地 バロー新瀬戸ショッピングセンター2F
アクセス 名鉄瀬戸線 新瀬戸駅 徒歩1分
診療時間 【月〜土】9:30~12:30/15:00~19:30
*基本予約制です。ご来院の際は電話でご予約をお願いします。
*土曜午後・その他の診療時間、休診日は予告なく変更する場合がございます。あらかじめお電話にてご確認をお願いいたします。
*月末最終診療日の午後の診療受付は17時30分とさせていただきます。
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://umedental.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る