ドクターコラム

いい入れ歯を手に入れるために知っておきたいこと

歯が抜けると、体裁が悪くて出歩くことが億劫になるということをよく耳にします。それ以外にも歯を失うと、発音に影響し相手が聞きとりにくくなったり、大切な栄養を補給する食事にも悪影響があることは、皆さんも想像できると思います。歯を失う原因はさまざまですがここでは、触れないでおきます。しかし、痴呆症や余命をよく調べてみると歯を失うと明らかに悪影響があることがわかっています。さらに、入れ歯を入れていない人と入れている人では、痴呆の発現率が減少し、余命も伸びることがよく知られています。

続きを読む

予防歯科は効果がある?定期健診の重要性

日本の歯科分野は長い間、悪くなってからもしくは、症状が出てから治すスタイルがずっと主流でした。

この背景には歯科医院の数と患者さんの口腔内状態も大きく関係しています。

昔は歯の悪い人が多く、治療を受けられる歯科医院の数が少なく、歯科医師も治療を行うことだけで手一杯の状態でした。

そしてこのような治療形態で歯科医院も十分に経営が成り立っていたのです。

しかし、治療を重ねても結局は歯の保存は出来ずに抜歯にいたるケースが多く、結果的に先進国では極めて生涯残っている歯の数が少ないという現状になってしまったのです。

しかし、最近では国民の歯に対する意識も高くなり、逆に歯科医院の数は爆発的に増えて、従来の悪いところを治すという歯科医院の経営の構図は完全に崩れてしまったのです。

そのため最近では多くの歯科医院が予防歯科に取り組んでいると謳うようになったのです。

続きを読む