ドクターインタビュー

飯田 吉郎 医療法人ナディアパークデンタルセンター理事長 ドクターインタビュー



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「見せる化」で納得の治療を
機能性と見た目にこだわる審美とインプラントで、最良の治療を提供したい

治療以外の時間も若い医師を集めて勉強会を行い、名古屋の歯科医療を底上げしようと精力的に取り組んでいる飯田吉郎理事長。講演やセミナーを多数こなしながら、人に教える以上に自分が学ばなければいけないと、今でも学びに費やす時間は欠かさない完璧主義者の一面も。「患者さんに最善の治療を提供したい」「機能性だけでなく綺麗により自然に仕上げたい」「見える化を推奨し、患者さんが納得できる治療を提供したい」と常に患者さんに寄り添い、患者さん目線の診療をすることを心掛けている。そんな飯田理事長に日々の診療に対する思いや今後のクリニックの目指すゴール、チャレンジしたいことなどたっぷりと聞いた。

続きを読む

荒井 昌海 医療法人社団翔舞会理事長 ドクターインタビュー



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

患者さんが健康的な生活を送るために不可欠な「歯の健康」。予防医学の観点から、歯の健康意識を高めていきたい

歯科医師でありながら、医院経営、教育体制にも新しい風を常に送り込んできた荒井理事長。アメリカ、ヨーロッパの最前線の歯科医療を日本へ導入し、より無駄のない、高水準の医療を実践してきた。その根幹にあるのは、「患者さんに安心し、信頼していただける医院でありたい」という強い気持ちだ。理事長のこれまでの経緯と、患者さんに抱く「想い」について、お話を伺った。

荒井昌海 Masami Arai

荒井昌海

1999年、東京医科歯科大学歯学部卒業。大学卒業後は、神奈川県内で歯科医として研鑽を積んだ。一般歯科治療はもちろん、レーザー治療をはじめ、さまざまな技術を取得し、2003年エムズ歯科クリニックを開院。翌2004年、医療法人社団翔舞会 理事長就任。歯科治療の提供と共に、「歯科治療にエビデンスを」というコンセプトのもと、高水準な歯科治療を提供するための教育・マニュアル化に尽力し、現在では、関東一円に9医院を開業。国内外を問わず、最新の歯科知識の取得や、講演活動など、多忙な毎日を送っている。
 
1999年 東京医科歯科大学 歯学部 卒業
2003年 エムズ歯科クリニック 開院
2004年 医療法人社団 翔舞会 理事長 就任
 
【資格・所属等】
歯学博士
日本口腔インプラント学会 会員・専門医
ICOI(国際インプラント学会)会員 Diplomate指導医
EAO(ヨーロッパインプラント学会)認定医
MID-G 顧問
大阪歯科大学 客員教授
東京医科歯科大学 非常勤講師
藤田保健衛生大学 非常勤講師

続きを読む