歯周病

症状が進むと高額になりやすい歯周病の治療費

歯周病の治療は、基本治療と外科治療の2本立てになっています。初期の歯周病で基本治療だけで終われば負担は軽く済むことが多いです。

しかし、病態が進行していて外科治療まで行うと負担が増えます。外科手術には、保険外の自由診療になるものもあり、その場合はさらなる負担増です。歯周病の治療の概要と治療費について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
森川真作 歯科医師 医療法人真美会森川歯科クリニック 院長

続きを読む

30代で入れ歯に?歯周病の症状と治療法・予防法を解説

歯周病は口の中に炎症が起こる病気です。以前は歯槽膿漏と呼ばれ、高齢者の病気として知られていましたが、最近は20代や30代にも増えつつあります。進行すると入れ歯になってしまう場合もあるので、日ごろのケアが重要です。歯周病は何が原因で起こり、どのようにすれば予防や治療ができる病気なのでしょうか。

この記事では、歯周病の原因と症状、治療法や予防法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
髙崎 俊輔 歯科医師 池上通り歯科 院長

続きを読む

歯周病の原因や症状と予防効果のあるセルフケア

歯みがきをしたときに歯ぐきから出血することはありませんか?ひょっとしたらそれは歯周病が原因かもしれません。歯周病は静かに症状が進行し、放っておくと最悪の場合は歯を失ってしまう原因になる疾患です。歯周病から自分の歯を守るためには、原因や治療法をしっかりとチェックし、正しいケアを行うことが大切です。ここでは歯周病の原因や症状、予防につながるセルフケアの方法について歯科サプリ編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
野崎 康弘 歯科医師 ジェイエムビル歯科医院 院長

続きを読む

ステージごとに考える歯周病の対策

歯周病の原因を検討してみると、歯周病にならないための効果的な対策は歯周病菌の増殖を抑えることだといえます。そして、歯周病に罹患してしまったら、早期に治療を開始して対策することが望まれます。

見た目に軽度であっても、気付かないうちに悪化してしまうことがあるためです。歯周病の対策について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
久満 啓樹 歯科医師 新丸子うららか歯科 院長

続きを読む

歯周病はお口の中だけの問題じゃない!全身疾患との関連性を解説

歯周病になると、歯がグラついたり口臭が気になったりとお口の中にさまざまな不快な症状が起こります。また、歯周病は放置していると最終的に大切な歯を失うことにも繋がる恐ろしい病気です。近年ではそんな恐ろしい歯周病が全身疾患や体全体の健康状態とも深い関わりがあることが分かってきました。そこで今回このページでは、歯周病と全身疾患の関連性について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
藤塚勝功 歯科医師 緑が丘歯科医院 院長

続きを読む

市販薬で歯周病は改善できる?市販薬の作用と効果

かつて「歯槽膿漏」と呼ばれていた「歯周病」は、日本人のおよそ8割が感染しているともいわれている病気です。日本人は、予防歯科への関心が諸外国に比べて低く、なんらかの異変が起きても歯科医院を受診しない人が多いため、歯周病に悩まされている人も多いと言われています。

歯周病の治療というと歯科医院を思い浮かべる人が多いと思いますが、歯周病用の歯磨き剤や塗り薬などが市販されており、市販薬で歯周病を改善しようとする人も少なくありません。

そこで、歯周病の市販薬で謳われている作用や効果について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
藤田 勲 歯科医師 レガロ歯科クリニック 院長

続きを読む

【埼玉県版】日本歯周病学会認定医・歯周病専門医がいる、歯周病治療おすすめ医院♪

歯周病認定医アイキャッチ

歯周病(歯槽膿漏)とは、細菌感染によって引き起こされる歯肉の炎症性疾患です。初期段階では歯と歯肉の間に入り込んだ細菌が歯肉に炎症を起こし歯と歯肉の間(歯周ポケット)を広げていき、最終的には歯を支えている歯槽骨と呼ばれる土台を溶かし、歯を失ってしまう、とても怖い病気です。日本人成人の約8割が罹患しているとも言われ、生活習慣病の一つにも数えられています。ギネスブックでは、「全世界で最も蔓延している病気」であると認定されています。

歯周病は100%治すことはできないと言われ、進行を止め、状態を改善させていく治療が中心となります。重度歯周病ではフラップオペと呼ばれる歯周外科手術や、内服による歯周内科治療などが選択されることはありますが、初期~中期の治療や予防においては、日頃の歯磨きなどのセルフケアと、定期的な通院での歯石除去などのプロフェッショナルケアが欠かせません。

続きを読む

歯茎の腫れは歯周病のサイン

私たちは疲労やストレスを感じると、風邪や吹き出物といった色々な症状が体に現れることがあります。そして、そのような症状が現れるのは口腔内も同様です。疲れやストレスを感じると普段はなんともない歯が痛み出したり、歯茎が腫れたりといった症状が現れる人もいます。

こんなときに、「最近忙しかったから」とか「疲れが溜まっているから歯茎が腫れたのだ」と考えて歯医者に行かない人も珍しくありませんが、その歯茎の腫れの症状は歯周病のサインかもしれませんよ。

今回このページでは歯茎の腫れと歯周病の関係について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
多保 学 歯科医師(医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院 院長)

続きを読む