審美歯科

理想に合わせて選択できる審美歯科の治療方法

お口の審美面に関するトラブルを解決する審美歯科は、口腔疾患の治療を目的とする一般歯科とは治療内容が大きく異なります。社会的にお口の健康意識が高まりつつある昨今、同様に美しさについても意識する人が増えています。健康意識が高い人ほど美意識も高いと言われており、歯科医院の中にはこうした患者の理想を実現できるような審美歯科を専門としているところもあります。そんな審美歯科には目的に応じて様々な治療方法が存在します。審美歯科のさまざまな治療方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
菊島 大輔 歯科医師(ブルーリーフ歯科 院長)

続きを読む

気軽に受けられる審美歯科!ダイレクトボンディングとは?

「芸能人は歯が命」とは一世を風靡したCMの決め台詞ですが、笑顔から覗く白くて美しい歯には、誰もが憧れるものでしょう。

反対に黄ばみ・黒ずみ・すきっ歯などがあり、口元に自信がないと屈託なく笑うことすらためらってしまいますよね。

歯をきれいにしたいけれども、「施術には長い時間がかかるのでは…」「費用が不安」などと、審美歯科の診療を受けることに気後れしてしまっている方もいらっしゃるでしょう。

歯をきれいに魅せるための施術の方法はいくつかありますが、その中でも比較的気軽に受けられる施術方法として『ダイレクトボンディング』があります。

今回はこのダイレクトボンディングの施術方法や利点について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
齋藤 徹 歯科医師 さいとう歯科医院 院長

続きを読む

虫歯治療の詰め物による違和感と審美面を考えた治療

虫歯などの治療で使われる詰め物による違和感には、治療による「咬み合わせ」の違和感と金属を使用したことによる「見た目」の違和感があります。後者の「見た目」の違和感を解消するためには「セラミック」を主に使用した治療が有効。その詰め物の種類と一般的な詰め物のメリット・デメリットを歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
本淨 学 歯科医師 大崎ブライトタワー歯科クリニック

続きを読む

詰め物には銀歯が最適!?気になる疑問を徹底解説

虫歯で穴が空いてしまった部分にはケアが必要です。詰め物を入れようと考えている方も多いでしょう。どんなものを詰めようと考えていますか?

いろんな方法がある中で、銀歯の詰め物も十分効果的。ただ、治療前に銀歯の詰め物にはどんなメリットがあるのか、どんなデメリットがあるのか。そして、他の治療法との違いなどを理解しておきましょう。

今回は銀歯の詰め物に関する気になる疑問を、歯科サプリ編集部が解説します。

この記事の監修ドクター:
荒川 太郎 歯科医師 あらかわ歯科医院 院長

続きを読む

被せ物をした歯が虫歯になる原因と虫歯になるのを防ぐ方法

被せ物をする前に虫歯をしっかりと治療したはずなのに、歯がしみたり痛みを感じたりしてしまうことがあります。歯がしみたり痛くなったりするのには、さまざまな原因が考えられますが、その一つとして虫歯が挙げられます。なぜ被せ物をした歯が虫歯になるのか気になりますよね。この記事では、被せ物をした歯が虫歯になる原因と治療した歯を虫歯にしないための対策方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
佐々木 文彦 歯科医師 ささき歯科クリニック 院長

続きを読む

審美歯科の治療内容と施術期間の目安

審美歯科は、口周りを美しくしてくれる分野です。歯がきれいになると、顔全体の印象を良くすることができるメリットなどもあります。笑顔にも自信が持てるようになり、自然と表情が明るくなる方もいることでしょう。今回は、審美歯科の治療の種類ごとに、それぞれの治療の流れや治療に要する期間の目安をご紹介します。審美歯科治療を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修ドクター:
春藤 泰之 歯科医師 医療法人社団春藤歯科医院 院長

続きを読む

すきっ歯は治すべき?審美歯科でのすきっ歯治療の実際

顔の印象に意外と大きく影響するすきっ歯。そんなすきっ歯が「気になるけれどどうしたらいいかわからず放置している」という人も少なくないと思います。

そこで今回は、審美歯科で行うすきっ歯治療について解説します。すきっ歯の一般的な治療方法やその費用、方法別のメリット・デメリットとともに、すきっ歯になる理由や放置しておくリスクについてもお話いたします。

すきっ歯が気になっている人は、ぜひ参考にしてみくださいね。

この記事の監修ドクター:
馬庭 倫人 歯科医師 マニーデンタル 院長

続きを読む

歯の被せ物が取れたときにはどうする?原因や対策を紹介

日常生活のなかで、歯の被せ物が取れてしまった…という経験がある人も多いのではないでしょうか。歯の被せ物が取れてしまう原因にはいくつかありますが、具体的にどのような対応をしたらよいのか気になりますよね。そこで今回は、歯の被せ物が取れたときの対応方法や原因と治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
岡本 新吾 歯科医師 デンタルオフィスおかもと 院長

続きを読む

審美歯科で実現する美しい見た目のクラウン

虫歯治療などで歯を削ってしまった場合、その箇所には空洞の大きさによって詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を装着していかなくてはなりません。中でも従来の歯科治療で使用するクラウンは、銀歯と呼ばれるように金属製のものが一般的です。しかし、金属製の補綴物は金属アレルギーを引き起こす危険があるなど、装着することに抵抗を感じる方も多いと思います。また、金属部分が目立つため、見た目の上でも不満を抱えている方も多いのではないでしょうか。そんな抵抗や不満を解消する一つの手段が、審美歯科の視点を取り入れたクラウンの装着です。ここでは審美歯科で使用されるクラウンについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
千葉 真渡 歯科医師 千葉歯科クリニック 院長

続きを読む

被せ物をした歯が痛い時の原因と対処法

通常、虫歯が原因で欠けてしまった歯は、しっかりと虫歯を治療した後に被せ物をします。一般歯科で治療すると、銀歯やレジンなどの被せ物をしますが治療箇所が目立ちます。審美歯科では見た目が美しいセラミックなどの被せ物で治療することができます。

しかし、審美歯科での被せ物は治療費が高くなる傾向にあります。そのため、被せ物をした歯が痛くても我慢している方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は審美歯科で被せ物をした歯が痛い場合どのように治療するのか、また治療費はいくらくらいになるのかなど、詳しく解説していきます。さらに、被せ物をした歯が痛い原因と対処法について、歯科サプリ編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
桑原正光 歯科医師 みらいえデンタルオフィス 院長

続きを読む