顕微鏡治療

顕微鏡治療に保険は効く?

歯や歯茎のへ負担が軽減され治療の効果が長持ちすると言われている顕微鏡治療。この歯科治療用の顕微鏡は別名「マイクロスコープ」とも呼ばれています。

日本では対応出来る歯科医院が少ないと言われていますが、保険適用での治療は可能なのでしょうか?顕微鏡治療に興味はあるけれど、保険が適用されるのか心配している方へ。顕微鏡治療のメリットやデメリットに顕微鏡治療と保険について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
富澤 直基 歯科医師 富沢歯科医院 院長

続きを読む

抜かずに虫歯が治せる?根管治療における顕微鏡治療とは!

歯の内部の歯髄やその周辺組織にまで虫歯が進行してしまうと治療することは難しく、従来は抜歯による治療を選ばざるを得ないケースが多くみられました。

しかし近年の歯科医療技術の進歩は、歯髄やその周辺組織の治療である根管治療の成功率の飛躍的な向上をもたらしました。

特に、マイクロスコープとも呼ばれる歯科用の顕微鏡を使用しておこなわれる顕微鏡治療は、歯科医療のあらゆるシーンで活用されており、歯科医療全体の可能性を拡大したと言っても過言では無いのです。

そこで今回は、歯髄やその周辺組織の治療である根管治療における顕微鏡治療の有用性などについて歯科サプリ編集部がお届けいたします。

続きを読む

従来型とは何が違うの?顕微鏡治療による虫歯へのアプローチ

顕微鏡がこの世に登場したのは17世紀のことです。

顕微鏡の発明によって肉眼では見えない世界をつぶさに観察できるようになったのはもちろん、医療の分野においても治療の重要な一端を担う医療用機器へと進化してきました。

日本における歯科用の顕微鏡は1990年代ごろから本格的な使用が開始され、現在では数千台以上にものぼる数が全国の歯科医院で稼働していると言われているものの、その普及率は全体の数パーセントとまだまだ低い水準を推移しています。

では、歯科における顕微鏡治療とはいかなるものなのでしょうか。

今回は、顕微鏡治療が特に虫歯への治療効果が高いと言われる理由などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

歯科治療の最先端!歯科で行う顕微鏡治療とは?

肉眼では見えないぐらいの小さなものを拡大してみることができる顕微鏡。歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を歯科治療に用いた治療が話題になっています。

肉眼で行う歯科治療では、実は目に見えない部分も多く、歯科医によるカンや経験に頼る部分が多かったのです。今まで見えなかった部分を歯科医師が自分の目で確認しながら治療を行うことができるため、顕微鏡治療は歯科医療にとって大きなメリットをもたらしています。

そんな歯科の顕微鏡治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

歯科用顕微鏡を使った治療――料金が心配ではないですか?

「口」は、私たちの生活に直結し、身近に感じられる大切な器官のひとつ。身近なだけに、鏡をのぞき込みさえすればその内部の様子はある程度把握できる――そう思いがちです。

しかし、「口のプロ」である歯科医であっても、口腔内の状況を裸眼で詳細に把握することは不可能だということをご存知でしょうか。経験や勘による手探りの作業を助けるのが、マイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡です。

ここでは、歯科用顕微鏡のメリットや活用できる歯科分野、費用、治療時間などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
河合 啓太 歯科医師(河合歯科医院 院長)

続きを読む