歯周病

歯周病になると糖尿病になるって本当?ふたつの病の不思議な関係

歯周病は長いあいだ、単に歯がなくなるだけの「口の中の病気」だと思われてきました。しかし近年の研究により、全身に影響を及ぼすおそろしい病であることがわかってきたのです。

特に糖尿病との関係は密接で、切っても切り離せない深い相互関係にあるようです。厚生労働省によると、日本人の70%以上が歯周病を患っているそうですから、多くの方にとって他人事ではありません。

歯周病と糖尿病の関係性や、それぞれが体におよぼす影響について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

お口の臭いの原因となる歯周病とその治療

お口の臭いの原因はさまざまですが、そのひとつに歯周病があります。なかなか改善しないお口の臭いは歯周病によって引き起こされている可能性があり、歯科医院で適切な治療を受ける必要があります。デリケートな悩みであるお口の臭いと歯周病の関係のほか、進行度に応じた歯周病の治療の進め方や治療後の予防方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

重度になると全身に影響を及ぼす歯周病

歯周病は20代で約7割もの人にみられ、年代が上がるほど有病率の数値が上昇するとされています。成人なら誰もが歯周病になっている可能性を持っているわけですが、自覚症状がないこともあり、大事に至るイメージが少ないかもしれません。

しかし、歯周病は知らない間に重度にまで進行する可能性を持っています。歯周病はよくある疾患だなどと軽くみていると危険な状態になりかねません。歯周病の原因や重度の歯周病の危険性などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

適切な対応で歯周病をコントロール!歯周病改善のポイント

生活習慣病のひとつに挙げられる「歯周病」は、成人だけでなく、小中学生などの若年層でも多く見られることから“国民病”といわれることもしばしばです。

歯周病は、歯科領域の症状にとどまらず、身体にも不調をもたらす病気といわれています。一度歯周病を発症すると自然に治ることはありません。しかし、適切に対処すればコントロールできるといわれており、改善が見込めます。

ただ、歯周病の改善にはいくつかのポイントがあります。歯周病の原因や改善のためのポイントについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

ステージごとに考える歯周病の対策

歯周病の原因を検討してみると、歯周病にならないための効果的な対策は歯周病菌の増殖を抑えることだといえます。そして、歯周病に罹患してしまったら、早期に治療を開始して対策することが望まれます。

見た目に軽度であっても、気付かないうちに悪化してしまうことがあるためです。歯周病の対策について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

歯周病の原因はこれだ!プラークができてしまう日常の生活習慣

口の中の代表的な病気である歯周病。その患者数は300万人を超えており、近年増加傾向にあります。歯周病は歯茎の細菌感染によって起こりますが、細菌の温床として重要なのがプラークです。

プラークが作られる原因は、日常生活の中にたくさんあります。今回は歯周病の原因について、歯科サプリ編集部がお届けいたします。

続きを読む

実は怖い歯周病!その予防方法とは?

厚生労働省が行った平成26年の調査によると、歯周病の患者さんは年々減少傾向にあるものの20代で7割、30~50代で8割、60代では約9割が歯周病であるとされています。歯周病と聞くと歯あるいは口の中だけの病気と思われるかもしれませんが、歯周病は身体全体に影響を及ぼす可能性のある怖い病気なのです。歯周病の予防とはどのようにすればよいのか、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

歯周病におすすめの歯磨きの仕方

歯周病は歯肉が炎症を起こし、やがて歯の土台となる骨を溶かして大切な歯を失ってしまうことにもつながる病気です。歯周病の治療の基本は、歯周病を引き起こす細菌を増やさないために、適切な歯磨きを行うこと、歯の衛生状態と歯肉の状態を歯科で定期的にチェックすることです。歯周病におすすめの歯磨きの仕方について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

歯茎の病気である歯周病の治療方法と予防の大切さ

歯を失ってしまう原因にもなる歯周病は、お口のなかの細菌によって歯を支えている組織の破壊が進んでしまう感染症です。歯周病の治療ではお口のなかをきれいにして、細菌の数を減らすことがもっとも大きな課題となります。また、予防においてもお口のなかを清潔に保って歯茎を健康に保つことが大事です。中高年世代に方に多く見られる歯周病とその治療方法や予防方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

くわしく知りたい!起こりがちな歯周病の症状

「歯周病は、年を取った人が感染する病気」だと思っている方もいることでしょう。しかし、日本においては、30歳以上の8割程度が歯周病に陥る可能性があるとされています。そのため、若い世代の方も安心できず、日頃からの注意が必要です。歯周病の症状を中心に、その原因や予防について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む