未分類

予防歯科で糖尿病も予防できる?気になるそのメカニズムとは

インスリン(血糖を下げる働きをもつ唯一のホルモン)の働きが十分でないため、血糖値が高くなってしまうという『糖尿病』。

血糖値の高い状態が長く続くと合併症(網膜症・腎症・神経障害症など)が起こってしまう可能性も高くなります。

さらに『糖尿病』は気付かないうちに発症し、ゆっくりと進行していくこともあります。症状がないからといって放置していると、様々な合併症を引き起こしてしまうこともあるのです。

このような事態にならないためには早期発見が重要となる『糖尿病』。予防や検査・治療をする際には内科や内分泌代謝内科などを受診するのが一般的です。

しかし最近では、「糖尿病を予防するには歯医者さんに行くのが良い」といったお話を耳にするようになってきました。

『糖尿病』と『予防歯科』。一見、関係があるようには思いづらいこの2つですが、どのようにつながっているのか・またどうして歯科医院で『糖尿病』が予防できるのかについては気になるところです。

そこで今回は『糖尿病』と『予防歯科』の関係や、なぜ歯科医院で『糖尿病』が予防できるのかについて歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
徳永 佳嗣 歯科医師 北越谷歯科 院長

続きを読む

予防歯科で歯周病予防!セルフケア&メンテナンスを徹底解説

現在、日本人の多くが感染しているとされる「歯周病」。

「自覚症状がないから問題ない」とか「歯磨きをしっかりしているから大丈夫!」なんて思って油断してはいませんか?歯周病は自覚症状のないまま進行してしまい、気がついたときには手遅れ・・・なんて可能性もある恐ろしい病気なのです。

そこで今回は、歯周病予防のための自宅でのセルフケアや予防歯科で受けることができる歯周病予防のためのメンテナンスについて歯科サプリ編集部が解説していきたいと思います。

続きを読む

記事非公開化についてのお知らせ

いつも歯科サプリをご覧いただきましてありがとうございます。
本記事は、医療情報の信頼性確保のため、ただいま監修ドクターによる検閲作業をおこなっております。
作業完了次第、再公開して参りますので、しばらくお待ちくださいませ。

歯科サプリ編集部

インプラントに徹底した歯周病対策が求められる理由を解説

さまざまな理由により健康な歯を失ってしまった人にとって、ものが上手く噛めない不自由さは一刻も早く解消したい悩みの一つではないでしょうか。

失った歯を取り戻すためには、入れ歯やブリッジなど従来型の治療法も多く活用されていますが、自分の歯と変わらない噛み心地と見た目の自然さから本格的なインプラント治療に踏み切る方も増えているのが現状です。

すでに歯を失った箇所を補う形のインプラントは一見簡単に処置できるように思えるものの、ここで口の中の点検を怠るとせっかくのインプラント治療が水の泡となってしまうことも少なくないのです。

そして、その点検などの重要なアプローチこそが歯周病への対策につながると言われています。

しかし、人工物であるインプラントに歯周病とはどういうことなのでしょうか?

そこで今回は、インプラントと歯周病の関連やその対策について歯科サプリ編集部がお届けいたします。

続きを読む

ドックスベストセメントで叶えよう!神経を残す虫歯治療の最前線

「歯を削る」「歯の神経を抜く」「抜歯する」など、虫歯の進行度合いによって不可欠とされてきたこれらの治療は、痛みや不快感が伴うことで歯科治療に対してのマイナスイメージをより大きくする要因にもなっています。

歯の表面を深く削り神経を抜いてしまう虫歯治療は、歯への栄養補給を途絶えさせてしまう事にもつながり最終的に歯の寿命そのものを短くしてしまうという点でベストな治療法とは言い難いものです。

対して、ドックスベストセメントは可能な限り歯を削らず、歯の神経を温存させることに重点を置いているだけでなく、健康な歯も生かしつつ虫歯の病巣にアプローチできるという画期的な治療方法です。

ここでは、ドックスベストセメントへの知識を深めると共に、さらに興味を持っていただくためのポイントを歯科サプリ編集部がご紹介していきます。

 

続きを読む