入れ歯・義歯 | 歯科サプリ

入れ歯・義歯

入れ歯とブリッジの違いとそれぞれの治療にかかる費用を解説

歯医者さんで入れ歯とブリッジを提案されたものの、どちらを選べばよいか分からない方は多いものです。そこで、あてはまる方に向けて、入れ歯とブリッジの違いを解説します。併せて、かかる費用の目安なども紹介しますので、自分に合った治療法を選びたい方などは参考にしてください。入れ歯とブリッジの違いについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
鈴木 智雄 歯科医師(たんぽぽ歯科クリニック 院長)

続きを読む

入れ歯のクラスプとは?その新技術なども含めて徹底解説!

突然ですが、入れ歯の「クラスプ」って何のことかご存知ですか?

初めて聞いた、とか聞いたことがあるけれどよくわからない、という方もいるかと思います。

この「クラスプ」とは、部分入れ歯に使われる留め具の総称のことであり、部分入れ歯に欠かせない重要なパーツなのです。

今回は、入れ歯のクラスプとは一体どのようなものなのかについての説明や、新しい技術を使ったクラスプなどについて歯科サプリ編集部が解説いたします。

続きを読む

ズレる!挟まる!外れちゃう?入れ歯装着時の不快感について

失ってしまった歯を補うための治療方法として多くの方に選ばれている「入れ歯」。

しかし、入れ歯が合わないために生じる違和感や不快感について耳にする機会も少なくありません。

そこで今回は、入れ歯の使用時における違和感や不快感の原因などについて歯科サプリ編集部がお届けいたします。

入れ歯についての基礎知識

入れ歯とは

失われてしまった歯を補う治療である補綴(ほてつ)治療の手法として一般にも広く浸透している「入れ歯」。

差し歯やブリッジ、さらに近年飛躍的に普及が進んでいるインプラント治療など、失われてしまった歯を補うための治療方法には様々ありますが、古くから使われている治療方法であり、もっともポピュラーな補綴治療であると言っても過言ではないでしょう。

残された元の歯の歯根に義歯を被せる「差し歯」や、隣接する自分の歯を支えとして義歯を取り付ける「ブリッジ」、人口の歯根をあごの骨に埋め込み義歯を被せる「インプラント」などの他の補綴治療と比較したとき、入れ歯特有の大きな特徴はその構造にあると言えるでしょう。

入れ歯の特徴である「構造」について

他の補綴治療には無い入れ歯の最大の特徴は、「床(しょう)」によって義歯を支えているという入れ歯特有の構造にあります。

入れ歯以外の補綴治療では、なんらかの支えを基に義歯が直接歯の欠損箇所へと設置されますが、入れ歯の場合には床を歯茎に被せることで床の上部に設置してある義歯が補われる治療方法となります。

さらに入れ歯には、その特徴によって「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類の分類があり、患者の歯の状況によって使いわけられています。

総入れ歯

床と義歯のみによってつくられた非常にシンプルなタイプの入れ歯です。上下のあごの設置する側に歯が一本もない「無歯顎者(むしがくしゃ)」用の入れ歯となります。

部分入れ歯

入れ歯を装着する側の歯茎に他の歯が残っている場合に歯の欠損部分を補うために使用される入れ歯です。

床と義歯で作られた入れ歯に加えて、歯に引っかけるためのバネや、離れた部分に設置される入れ歯同士を接続する「連結子」が取り付けられており、総入れ歯よりも複雑な構造をしています。

入れ歯のメリット・デメリット

他の補綴方法と入れ歯を比較すると、入れ歯には保険適用となるため安価に治療をおこなうことができる「価格の安さ」や、人工歯根をあごの骨に埋めるインプラントや健康な歯を削る必要があるブリッジとは異なりただ被せるだけで装着できるという「身体への負担の少なさ」に加えて、取り外して洗える「清掃性の高さ」や「残っている歯の本数を問わずに補綴できる」というメリットがあります。

その一方で、バネをかけられた自然歯に負担がかかる点やバネが見えてしまうことによる見た目の悪さに加えて、噛む力があまり強くないという点がデメリットとして考慮されます。

さらに入れ歯には、装着時の不快感を感じる場合があるというデメリットが生じるケースもあるのです。

入れ歯における「不快感」の問題について

入れ歯を装着したときに不快感を感じる理由

入れ歯を利用した経験がある方が感じる不快感には、入れ歯が歯茎に当たることで生じる痛みや入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込んでしまうことで生じる痛みなどの装着時の歯茎の痛みや違和感が問題となるケースや、すぐに外れてしまい口を大きく開けられない、表情が作りにくくなるなどの機能的な問題が主な理由として挙げられています。

このような方々の中には入れ歯を調整したり作り直したりすることによって入れ歯による不快感の改善を試みたが、満足のゆく入れ歯にたどり着けなかったという方も少なくないようです。

結局は入れ歯の不快感をあきらめてしまい、入れ歯安定剤によってご自身の口内にあわせるという手段を選ぶ方も多く、入れ歯安定剤の売り上げが年間100億円以上もあることからも入れ歯の装着時に不快感を感じている方が非常に多いことがうかがい知ることができます。

合わない入れ歯が作られる原因

ここまでご覧いただいたように、入れ歯装着時の不快感について探ってみると入れ歯を装着する方の口内と入れ歯の形がしっかりとフィットしていないことが原因となって不快感が生じていることがわかります。

ではなぜ口内の形状と合致しない入れ歯が作成されてしまうのでしょうか?

原因その① 旧態依然とした入れ歯づくりのプロセス

補綴治療として長い歴史をもつ入れ歯は、古くから作られ使用されてきました。

しかし入れ歯の作成を担う歯科医院は昔は現在ほど数も多くなく、補綴治療の方法もそのほとんどを入れ歯が担ってきました。

したがって数少ない歯科医院に入れ歯の作成を求める患者が殺到することとなり、質より量でどんどん作成することが求められ、結果として入れ歯のフィット感よりも量産に重きをおいた入れ歯作成のプロセスがとられるようになったのです。

そこに国民皆保険制度が導入されることでこのプロセスが固定化されてしまったことによって、品質があまり重要視されない入れ歯作成のプロセスが現在にも続くことになっていると考えることができるのです。

原因その② 技術習得の難しさ

前述のような入れ歯作成事情の中においても、卓越した入れ歯作成技術をもつ、いわば「入れ歯職人」とも言える技術者は存在します。

しかしながら、品質の高い入れ歯作成には数ミクロン単位の微細な技術が要求され、なかなか後進の育成が難しいという問題があるのです。

さらに、入れ歯職人の高齢化による後継者不足や、優れた入れ歯作成技術自体が経験や感覚的な部分によるところが多く技術力を伝達しづらいため後継者育成がはかどらないなどの、まさに日本における職人の後継者不足と同様の理由によって品質のあまり良くない入れ歯が量産されてしまっているのです。

原因その③ 優秀な歯科医師の入れ歯離れ

突然リアルな話になりますが、歯科医師というのも当然ながら職業でありビジネスであることは言うまでもありません。

経験と研鑽を重ねに重ねて品質に優れた入れ歯を作成するよりも、自費診療となるインプラントや自費入れ歯などの技術を習得し実施した方が効率的・営利的な面で優れているという現実は否めません。

歯科医院の経営が苦しくなることは歯科医療の停滞・衰退をまねき、結局は患者の不利益へつながる事態が考慮されますので歯科医院の営利的な理由による治療手段の判断については是非を問うものでは無いと筆者は感じます。

しかしながらこの事は、合わない入れ歯が量産される理由のひとつとして考えられることも事実であると言えるでしょう。

最新技術によって作られる「ノンクラスプデンチャー」

入れ歯の不快感の原因の多くは入れ歯が口内の形と合わないことにあり、合わない入れ歯が量産される理由にはその作成プロセスや技術習得の難しさなどがあることがわかりました。

せっかく作成した入れ歯が合わずに不快感が生じてしまっていた場合、これまではあきらめて入れ歯安定剤を使用したりインプラントなどに切り替えたりせざるを得ないことが一般的でした。

しかし、近年の技術進歩は入れ歯にも恩恵をもたらしており、新技術によって入れ歯の弱点を克服したさまざまな新しい入れ歯が登場してきています。

ここでは、この新しい入れ歯についていくつかご紹介いたします。

ここでご紹介する新技術によって作られた入れ歯は、部分入れ歯の金属製のバネ部分である「クラスプ」を使用していないため、「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれています

◆ウェルデンツ

この義歯にはそもそも床がありません。したがって装着時に歯茎に不快感を感じる理由が無いのです。

さらにこの義歯には金属製のクラスプもないため、部分入れ歯のように見た目が悪くなることもありません。

部分入れ歯のように欠損箇所の両サイドに生えている歯に引っ掛けて装着するタイプであるため、どちらかというとブリッジに近いタイプの義歯ですが、ブリッジとは異なり元の歯を削る必要もなく、入れ歯のように取り外して清掃することが可能なのです。

◆コンフォートシリーズ

柔らかくしなやかな素材で作られた床が歯茎にしっかりと吸着することで自然な装着感と抜群のフィット感が得られます。

部分入れ歯のように少ない欠損箇所を補う製品から、総入れ歯と同様にすべての歯を補うタイプに加えて、難症例にも対応できるタイプなどさまざまな製品タイプが作られています。

部分入れ歯のようなクラスプもなく見た目的にも自然な仕上がりとなります。

◆バルプラスト

この製品もしなやかな床素材がしっかりと歯茎にフィットするうえに見た目的にも自然な仕上がりとなります。

ウェルデンツ同様隣接する歯に引っ掛けて装着することでしっかりと安定して固定されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、入れ歯の使用につきものである不快感について学んでまいりました。

入れ歯の不快感の原因の多くは入れ歯が口内の形と合わないことにあり、合わない入れ歯が量産される理由にはその作成プロセスや技術習得の難しさなどがあることがおわかりいただけたかと思います。

さらに、入れ歯の装着時の不快感をはじめとした様々な弱点を克服した、最新技術によって作られた「ノンクラスプデンチャー」があることもおわかりいただけたかと思います。

ノンクラスプデンチャーの作成はほとんどの場合が自費治療となりますので、興味のある方は費用負担などについて医師としっかり相談したうえで検討してみることをおすすめします。

入れ歯について詳しく学び、入れ歯の不快感に悩まされない快適な日々を送りましょう。

入れ歯でおすすめの歯医者さん 関東編

みたに歯科医院

電話番号 03-3594-4118
住所 東京都練馬区石神井台7-6-10
アクセス 西武新宿線 武蔵関駅 北口 徒歩5分
診療時間 【平日】9:30~13:00/15:00~19:00
【土曜】9:30~13:00/14:00~17:00
休診日 木曜日・日曜日
※但し祝日のある週は木曜診療になります。
URL http://www.mitani-dental.jp/

最良の入れ歯を手にしよう!入れ歯の専門医について徹底解説

歯が抜けてしまった箇所を補う治療にはさまざまありますが、誰もが最初に思い浮かぶのが入れ歯ではないでしょうか?

欠損した歯の治療として入れ歯を選択する方も多いかと思われますが、自分の歯の代わりとなり口内にとりいれるものだからこそご自身にとって最良の入れ歯を使用するべきであるのは言うまでもないことでしょう。

最良の入れ歯を手に入れるためには、入れ歯治療を担当する歯科医師のスキルが重要となります。

そこで今回は、入れ歯治療における専門医について歯科サプリ編集部がお届けいたします。

続きを読む

義歯の手入れはなぜ必要?理由と方法を紹介

虫歯や歯周病など歯の治療で義歯(入れ歯)を入れた際には、毎日自宅でのお手入れが重要となります。義歯の手入れがおろそかになると、口臭の元となるだけでなく、虫歯や歯周病などの歯の病気を作る原因となります。そこで今回は、義歯のお手入れがなぜ必要なのか、また義歯のお手入れの具体的な方法やポイントについて歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

金具のない入れ歯!?ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャーとは「金具のない入れ歯」のことをいいます。ノン・クラスプとはクラスプという金具がないという意味で、デンチャーは入れ歯のことです。虫歯や歯周病、ケガなどで歯を失ってしまったときに有効な治療法になります。一般的な部分入れ歯には金具があり、審美的に金具を気にする人が少なくないようです。近年、注目されているノン・クラスプ・デンチャーの特徴について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

合わない入れ歯が痛い!知っておきたい基礎知識

入れ歯が合わない、入れ歯が当たると痛い。こんな経験をされた方は多くいらっしゃることだと思います。入れ歯というのは硬いプラスチックを使い金属をもとに作られているので、入れ歯が合っていないと、口内炎などのトラブルが起こってしまうことがあります。このようなトラブルを回避するには適切な知識が必要です。入れ歯が合わないトラブルの対処法について歯科サプリ編集部がお届けいたします。

この記事の監修ドクター:
赤嶺 雄志 歯科医師(赤嶺歯科クリニック 院長)

続きを読む

お口に合った入れ歯と長く付き合うための正しいお手入れ方法

入れ歯をお使いの方はお口のなかのケアにくわえて、入れ歯のお手入れも欠かすことができません。しかし、入れ歯のお手入れ方法はお口のケアと異なります。正しい方法でお手入れしなければ、入れ歯が傷んでしまい、装用することができなくなってしまうケースも珍しくありません。入れ歯の正しいお手入れ方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

お口に合わない入れ歯の装用感を改善するためにできること

入れ歯をお使いの方のなかには、その装用感に悩む方も多くいらっしゃいます。お口に合わない入れ歯は痛みや違和感の原因となり、しっかり噛めない状態に至ってしまうことも珍しくありません。入れ歯がお口に合わない原因はさまざまですが、調整を行うことで改善を目指すことが可能です。また、よりお口に馴染みやすい入れ歯に切り替えることで快適な装用感を実現することもできます。お口に合わない入れ歯への対処法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

保険の入れ歯で大丈夫?知っておきたい入れ歯の基礎知識

保険の入れ歯と自費の入れ歯にはそれぞれメリット・デメリットがあります。歯は日常生活を不自由なく送るために重要なもののひとつですから、自分に合った入れ歯を選ぶことが重要です。入れ歯を選ぶためには、はじめに正しい入れ歯の基礎知識を身につける必要があります。入れ歯の基礎知識について歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む