入れ歯・義歯 | 歯科サプリ

入れ歯・義歯

義歯の手入れはなぜ必要?理由と方法を紹介

虫歯や歯周病など歯の治療で義歯(入れ歯)を入れた際には、毎日自宅でのお手入れが重要となります。義歯の手入れがおろそかになると、口臭の元となるだけでなく、虫歯や歯周病などの歯の病気を作る原因となります。そこで今回は、義歯のお手入れがなぜ必要なのか、また義歯のお手入れの具体的な方法やポイントについて歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

金具のない入れ歯!?ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャーとは「金具のない入れ歯」のことをいいます。ノン・クラスプとはクラスプという金具がないという意味で、デンチャーは入れ歯のことです。虫歯や歯周病、ケガなどで歯を失ってしまったときに有効な治療法になります。一般的な部分入れ歯には金具があり、審美的に金具を気にする人が少なくないようです。近年、注目されているノン・クラスプ・デンチャーの特徴について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

入れ歯とブリッジの違いとそれぞれの治療にかかる費用を解説

歯医者さんで入れ歯とブリッジを提案されたものの、どちらを選べばよいか分からない方は多いものです。そこで、あてはまる方に向けて、入れ歯とブリッジの違いを解説します。併せて、かかる費用の目安なども紹介しますので、自分に合った治療法を選びたい方などは参考にしてください。入れ歯とブリッジの違いについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

合わない入れ歯が痛い!知っておきたい基礎知識

入れ歯が合わない、入れ歯が当たると痛い。こんな経験をされた方は多くいらっしゃることだと思います。入れ歯というのは硬いプラスチックを使い金属をもとに作られているので、入れ歯が合っていないと、口内炎などのトラブルが起こってしまうことがあります。このようなトラブルを回避するには適切な知識が必要です。入れ歯が合わないトラブルの対処法について歯科サプリ編集部がお届けいたします。

続きを読む

お口に合った入れ歯と長く付き合うための正しいお手入れ方法

入れ歯をお使いの方はお口のなかのケアにくわえて、入れ歯のお手入れも欠かすことができません。しかし、入れ歯のお手入れ方法はお口のケアと異なります。正しい方法でお手入れしなければ、入れ歯が傷んでしまい、装用することができなくなってしまうケースも珍しくありません。入れ歯の正しいお手入れ方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

お口に合わない入れ歯の装用感を改善するためにできること

入れ歯をお使いの方のなかには、その装用感に悩む方も多くいらっしゃいます。お口に合わない入れ歯は痛みや違和感の原因となり、しっかり噛めない状態に至ってしまうことも珍しくありません。入れ歯がお口に合わない原因はさまざまですが、調整を行うことで改善を目指すことが可能です。また、よりお口に馴染みやすい入れ歯に切り替えることで快適な装用感を実現することもできます。お口に合わない入れ歯への対処法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

保険の入れ歯で大丈夫?知っておきたい入れ歯の基礎知識

保険の入れ歯と自費の入れ歯にはそれぞれメリット・デメリットがあります。歯は日常生活を不自由なく送るために重要なもののひとつですから、自分に合った入れ歯を選ぶことが重要です。入れ歯を選ぶためには、はじめに正しい入れ歯の基礎知識を身につける必要があります。入れ歯の基礎知識について歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

部分入れ歯と総入れ歯 治療内容と入れ歯の費用

一言で入れ歯と言っても、入れ歯には様々な大きさや種類があります。まず大きなくくりとして、歯が全くない口に入れる「総義歯」と呼ばれているものと、部分的に歯がない口に入れる「部分入れ歯」があります。

また、上の顎(あご)に入れる入れ歯と下の顎に入れる入れ歯でも形や大きさが異なってきますので、費用も微妙に変わってきます。部分入れ歯においては、例えば抜けている歯が1本の場合は入れ歯はとても小さい形になりますし、多くの歯を補う入れ歯になってくるとサイズも大きくなってきますので、費用も異なってきます。今回は入れ歯の費用について治療内容も含めて歯科サプリ編集部がお届けします。

続きを読む

入れ歯にはたくさんの種類があるって知っていましたか?

入れ歯というとお年寄りが着けるものといったイメージが強いですが、実は比較的若い世代の方にも部分入れ歯を利用している人は多くいます。

インプラントなどその他の治療と比べて比較的手軽ということもあり、身体的に負担が少ない治療として多くの医院でも入れ歯治療に取り組んでいます。

そんな入れ歯には用途やお口の状態に応じて様々なものが存在します。

ここでは入れ歯の種類について、歯科アプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
三戸岡 直樹 歯科医師 三戸岡歯科医院 院長

続きを読む