予防歯科

歯槽膿漏(歯周病)に効果あり!予防歯科にできることとは?

「歯が痛い!」と感じるむし歯の場合には誰もが歯医者さんに駆け込みますが、歯槽膿漏だからといって歯医者さんに駆け込む方は少ないのではないでしょうか?

なぜなら、歯槽膿漏はむし歯のような痛みもなく気がつかない内に徐々に進行していく病気だからであると言えるでしょう。

しかし、歯槽膿漏はむし歯よりも歯を失う確率は高いうえに、「気がついたら手遅れ」となってしまう恐ろしい病気でもあります。

予防歯科は、歯槽膿漏が手遅れにならないための重要な役割を持っている歯科医療です。こちらでは、歯槽膿漏という病気と予防歯科について歯科サプリ編集部がご紹介してまいります。

ご自分の歯が手遅れになってしまわないためにも、ぜひご覧になってみてください。

この記事の監修ドクター:
飯山 浩靖 歯科医師 いいやま歯科医院 院長

続きを読む

ブラッシングだけじゃない!予防歯科の役割と重要性を解説

「歯のブラッシング指導は以前も受けたし、予防歯科を受診しなくても問題ないのでは?」と疑問に思っていませんか?確かに、ブラッシング指導は予防歯科の大切な役割のひとつです。しかし、予防歯科の大きな目的はあくまでも「虫歯や歯周病の予防」であり、ブラッシング指導以外にも、お口の健康を保つための大切な処置を受けられる診療科目でもあります。

今回は、予防歯科の重要な役割について解説します。ブラッシング指導を定期的に受ける意味、お口の健康を保つ各種処置についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。予防歯科とブラッシングについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
田中 一郎 歯科医師 医療法人IDGいちろう歯科 院長

続きを読む

予防歯科で行う治療法とは?治療によるメリットを紹介

虫歯など、歯の状態が悪くなってから歯医者へ行くのではなく、予防歯科に通い虫歯などにならないための治療を受ける人が増えています。

実際に予防歯科を受診する際には、どのような治療を行なうことによって歯に関する病気の予防を行っているのか、知らないという人も多いです。

実際にどのようなことに効果があるのか、気になる治療法などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
北村 茂 歯科医師 きたむら歯科経堂 院長

続きを読む

予防歯科でバイオフィルムを綺麗に!むし歯や歯周病は予防可能

むし歯や歯周病の原因であり、最近では高齢者の誤嚥性肺炎にも関係していると言われいる歯垢・歯石は食後に歯をしっかり磨かないことで、しだいに進行していきます。しかし、最近では予防歯科の重要性が注目され、歯垢として扱われてきた「プラーク」と呼ばれるものの他に、バイオフィルムと呼ばれるものが、むし歯・歯周病に関係あるとされるようになってきました。実は同じものとされる「プラーク」と「バイオフィルム」ですが、その二つの違いとともにどうすればバイオフィルムの影響を受けずに、むし歯や歯周病を予防できるかについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
加藤 麦夫 歯科医師 むぎ歯科 院長

続きを読む

虫歯?それとも汚れ?子供の歯が黒い原因を症状別にチェック!

虫歯?それとも汚れ?子供の歯が黒い原因を症状別にチェック!
笑顔とともに見える白い歯は、清潔感があり、印象もよくなる傾向があります。そのため、大人と同じで、子供の歯も健康で白い色をキープさせたいものです。しかし、子供の場合、乳歯といわれる大人の歯よりもやわらかい歯質のため、さまざまな影響を受けて黒い歯になることがあります。
そこで、ここでは子供の歯が黒い場合、どのような原因が考えられるのかということについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
山岡 昌彦 歯科医師 山岡歯科医院 院長

続きを読む

予防歯科で一生健康な歯に!予防歯科の基本と歯科医の選び方

最近耳にすることも多い「予防歯科」。興味はあるけれど実際どんなことをするのか分からない方も多いのではないでしょうか。
自分の歯が80歳で20本以上残っている人を国内外で比較すると、日本は欧米の半分以下ということが分かっています。 病気と同様、歯のトラブルは、発生原因を予防することで抑え込むことができます。予防歯科で適切なケアをしていれば、生涯にわたり、健康な歯をキープすることが可能なのです。
今回はそんな予防歯科について、そして予防歯科を受ける場合の「良い歯科医の選び方」について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
秀島 学 歯科医師 仁愛会歯科 武蔵小杉クリニック 院長

続きを読む

予防歯科で行うメンテナンスってどんなもの?

みなさんは予防歯科という言葉を聞いたことがあるでしょうか?昨今、多くの歯科医院が積極的に取り組んでいるということもあり、一度くらいは予防歯科という言葉を耳にしていると思います。

しかし、現在の日本ではまだまだ認知度が高くなく、意識的に予防歯科へ取り組んでいる人が少ないというのが現実です。

そこで予防歯科がどういったものなのか、予防歯科で行うメンテナンスにはどのようなものがあるのかについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
河原 茂 歯科医師 河原歯科医院 院長

続きを読む

予防歯科で受けられる自分だけの歯磨き指導「TBI」

予防歯科の指導内容に「TBI」というものがあります。「TBI」とは歯磨き指導のことで、最も身近な歯の病気の予防方法です。毎日の歯磨きが効果的にできているか、改めて見直すきっかけになるのがTBIです。自己流の歯磨きでは、虫歯・歯周病の予防になっているとは言い切れません。プロによる指導の下、正しい歯磨きの方法を身につけるためのTBI。予防歯科で行われるTBIについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
坂中 幸誠 歯科医師(さかなか歯科 院長)

続きを読む

子供の予防歯科におすすめのシーラントの効果や治療方法

子供の歯においては予防歯科が非常に重要です。予防歯科とは、虫歯にならないための歯科指導や事前治療のことを指しますが、そのなかでも今回はシーラントについて探っていきましょう。

シーラントとは主に子供のための予防歯科と言われていますが、その治療方法はどのようなものなのか、効果はあるのか、注意すべき点など。基礎知識として知っておきましょう。

今回は子供の予防歯科シーラントを検討している方々のために、知っておきたい基礎知識について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
潤田 眞 歯科医師(ウルタ歯科医院 院長)

続きを読む

プロのケアで根こそぎ破壊!歯を蝕むバイオフィルムとは?

食事の後や就寝前に必ず歯を磨いて汚れを取り除く。もちろんこれはとても大切なことですが、はたして虫歯や歯周病に対するケアは毎日の歯磨きだけで充分であると言えるでしょうか?

今回は、口の中の汚れである「バイオフィルム」に着目し、歯に及ぼす深刻な影響や予防歯科がおこなう効果的なバイオフィルム除去の方法などについて歯科サプリ編集部が解説します。

続きを読む