このような場合は要注意!初期虫歯の特徴をしっかりとチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯の痛みで歯科医院を受診したときに、痛みが伴う歯以外の歯が虫歯だと診断されることがしばしばあります。

私たちは虫歯を「穴があいて黒ずんでいる歯」と思い込みがちですが、実はその前段階として見た目には健康な歯と変化がない「初期虫歯」という段階があり、歯科医師はこの初期虫歯を虫歯として診断しています。

初期虫歯は痛みが発生することが少ないために日常生活において気づくことは稀なのですが、この段階で治療を受けることができれば痛みが少ない治療を受けることができます。今回の記事では初期虫歯の特徴について、歯科サプリ編集部がお届けします。

毎日しっかりと歯を磨いているはずなのに、何故か虫歯になってしまうという方はいませんか。実は生活習慣におけるちょっとした差によって、虫歯に「なりやすい人」と「なりにくい人」に分かれてしまうのです。

初期虫歯について知る前に、まずは虫歯になりやすい人の特徴を見ていきましょう。

意外に軽視されがちな唾液ですが、実は口腔内の健康を維持するために大切な役割を担っています。唾液の機能には口腔内の自浄作用や抗菌作用などがあると知られていますが、実は初期虫歯を自己治療するための機能も有しているのです。

よって、疲れやストレスにより唾液量が減少してしまうと、口腔内は虫歯にかかりやすい状態になります。

虫歯の原因となる細菌は糖類を餌として活動しています。よって、糖分を含む食事や飲み物を頻繁に摂取している人の口腔内では細菌の活動が活発になっているはずです。

細菌の活動が活発な時間が長いほど、歯の表面のエナメル質成分が溶け出す「脱灰(だっかい)」状態が長く続くことになり、最終的には歯の表面に穴があいてしまうことになります。

初期虫歯の特徴

歯科医院で虫歯の診療を受けたときに耳にしたことがあるかと思います。虫歯の進行具合には段階があり、C0、C1、C2、C3、C4という五つで表現されます。このうちC0とC1を通常は初期虫歯と呼びます。ここではC0とC1の特徴について簡単に紹介したいと思います。

C0は「要観察歯」

虫歯の初期状態としてエナメル質の成分が溶け出す脱灰と呼ばれる症状が見られる場合がありますが、C0はこの脱灰が疑われる段階のことをいいます。具体的には、歯に明確な穴は見つからないけれども、歯の表面が白濁していたり、噛み合わせの溝が茶色に変色していたりする状態を指します。

歯科医師も「急いで治療する必要はない」と診断することが多いので軽視しがちですが、虫歯の一歩手前であることは間違いありません。普段の生活においてもしっかりとしたケアが必要です。

C1は「エナメル質齲蝕(うしょく)」

歯のエナメル質の表面に穴があいた状態をC1といいます。エナメル質の厚みは2.0から2.5mmということもあり、虫歯の穴はごくわずかだと考えられます。

ただし、C1の状態では自然修復は期待できませんので、通常はコンポレットレジンと呼ばれる歯科用のプラスチック樹脂を充填することが多いようです。コンポレットレジンの充填には痛みを感じることがほとんどないので、この段階で治療を開始できれば大きな負担がかからずに治療を終了させることができます。

C2以降について

初期虫歯から進行虫歯になったC2やC3、C4についても簡単に紹介しておきます。C2は「象牙質齲蝕」と呼ばれ、虫歯がエナメル質から象牙質まで進行した状態のことをいいます。

C2からは「冷たいものや甘いものが染みる」ようになりますので、一般的に認識されている「虫歯」に近づきます。C2から虫歯がさらに進行した状態が、「歯髄の仮性露出」と呼ばれるC3です。この段階になると歯髄に虫歯が到達して歯髄炎を発症しているケースがほとんどなので、多くの場合は神経を抜くことになります。

万が一C3の状態でも放置していた場合は、最終的に「残根」と呼ばれるC4になります。神経が死んでしまって痛みを感じることすらなくなりますので、多くの場合は抜歯することになります。

初期虫歯治療の特徴

C1の初期虫歯を歯科医院で治療するときにはコンポレットレジンを充填するケースが多いことは前項で紹介しましたが、C0の場合はどういう治療が実施されるのか見ていきたいと思います。

虫歯がC0の状態であれば、無理に治療するよりも再石灰化による自然治癒を期待することが適切であると考える歯科医師は多いようです。そこで自然治癒の確率を高めるために実施されるのがブラッシングの指導です。

歯科衛生士が中心となって、一人ひとりの患者に適した歯ブラシと磨き方を指導してくれます。指導されたブラッシングを歯磨きのときに実施するように心がけることによって、C0の虫歯であれば自然治癒する可能性が高まるでしょう。

虫歯が自然治癒するためには脱灰したエナメル質が再石灰化することが必要です。そのため、再石灰化を促進させるために、歯の表面にフッ素を塗布する治療が歯科医院で実施されることがあります。

フッ素にはエナメル質の耐酸性を高める効果もありますので、将来的な虫歯予防に対しても非常に効果が期待できます。

PMTC

「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」という正式名称をもつPMTCですが、歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使用して実施する口腔クリーニングのことをいいます。

基本的には虫歯や歯周病のリスクを軽減させるために実施する治療ですが、C0がC1やC2に進行することを防ぐ効果も期待できるとされています。

早期発見と早期治療が大切

ここまで初期虫歯の特徴や治療方法などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。実際私の周囲にも「治療が憂鬱だから歯科医院には足が向かない」と考えている人はたくさんいます。だからこそ憂鬱な治療が必要になる前に、初期虫歯のうちに歯科医院を受診することが非常に大切です。

今回紹介したC0の状態で治療を開始することができれば歯を削る必要がありませんので、ほとんど痛みを感じずに治療を終了させることもできます。何度でもいいますが、初期虫歯の段階で治療を開始することによって、虫歯の治療は憂鬱ではなくなるのです。

痛い思いや怖い思いをしないためにも、虫歯は早期発見と早期治療が大切だと心がけていただきたいと思います。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

センタービル歯科

出典:http://www.center-bill-shika.jp/

電話番号 048-225-8049
住所 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル1F
アクセス JR京浜東北線 川口駅 東口 徒歩1分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~20:45
【土・祝】9:30~13:00/14:30〜17:30
【日】9:30~13:30
休診日 木曜日・日曜日午後
URL http://www.center-bill-shika.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る