予防歯科のメリットを知って、歯医者さんを活用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

口の中に痛みや腫れ、何らかの異変を感じても、なかなか歯医者さんに行けない――そんな人が多いようです。我慢ができなくなってからやっと歯医者さんに足を運ぶのでは、歯を大きく削らざるをえなかったり、最悪の場合は抜歯にいたることも。

歯は治療しても元に戻るものではありません。失ってしまってから後悔するのではなく、問題が起こる前に対処していきましょう。現在は、お口の中の健康と自然な歯を守るため、予防歯科への取り組みに力を入れている歯医者さんが増えています。

読者の皆さんが予防歯科の重要性を知り、定期的に歯医者さんに足を運べるように、予防歯科のメリットについて歯科サプリ編集部がお届けします。

予防歯科の目的

日本人のメンテナンス意識

あなたが最近歯医者さんに足を運んだのはいつのことでしょう。虫歯かもしれない痛みが走ったときでしょうか。それとも、歯茎の出血があったときでしょうか。歯が欠けたときかもしれません。

実は、スウェーデンやアメリカなどの歯科医療先進国では、こうした通院事情は異なります。歯科受診のほとんどが、口腔内のメンテナンスを目的としたもので、定期的にお口の状態を確認し、クリーニングを受けているのです。つまり、痛みや腫れといった問題が起こる前に通院しているわけです。

こうした歯医者さんとの付き合い方の違いがどのような違いを生んでいるのでしょうか。2012年の厚生省国民健康白書統計で、80歳の残存歯数を見てみましょう。スウェーデンが20本、アメリカが13本、日本は何と、9.8本。80歳という高齢でも、メンテナンス次第で20本の歯を残すことができ、入れ歯も必要ないという事実に、多くの方が驚かれるのではないでしょうか。先進国の中でもメンテナンスへの意識が低い国のひとつが日本なのです。

歯医者さんとの付き合い方

歯医者さんとあなたとの付き合いは、そもそもどんなかたちで始まりましたか?小さいころ、お母さんに怒られながらしぶしぶ治療に通った、麻酔をするときに痛かった、無理やり治療をされたのが嫌だった――そんな記憶がよぎり、歯医者さんと上手に付き合える気がしないという方もおられるでしょう。

しかし、よく考えてみてください。痛みが出てから歯医者さんに通えば、治療に少々の痛みがあったり、麻酔しなければならない状況は避けられません。その一方で、何の問題もない状態でメンテナンスに通えば、お口の中がきれいにクリーニングされる心地よさを感じるだけ。痛みや恐怖とは無縁のまま、その後数十年にわたって良好な関係を築くこともできるのです。

予防歯科とは

予防歯科は、虫歯や歯周病といった感染症を予防し、お口の中の健康管理を目指すものです。お口の中の状態をしっかり確認したうえで、クリーニングやPMTC、フッ素塗布といった処置を受けます。また、自宅でのケアの方法をしっかり指導してくれますので、自分の磨き残しがちな部位も把握でき、より効率的な歯磨きができるようになります。

こうした指導を通して、自宅でのケアと歯医者さんでのケアを両立させることが、10年後、20年後のあなたの歯を守ってくれるのです。

予防歯科のメリット

身体的なメリット

予防歯科のいちばんのメリットは、生まれ持った自然な歯を守ることができるということ。虫歯や歯周病によって歯を削ったり神経を抜いたりすれば、歯は脆く弱くなってしまいます。数年、数十年後には、それが原因で抜歯せざるを得ない事態も生じかねません。

また、しっかり噛むという行為が、認知症のリスク軽減につながると言われるようになりました。噛むことで脳には新鮮な血液が大量に送り込まれるのですが、口腔内の問題が原因で噛めないようになると、脳に血液が行きわたらなくなり、認知症の発症率が高まると考えられています。

精神的なメリット

高齢になっても、自分の歯を多数残すことができていれば、家族での食事や友人との楽しい語らいで、何の不自由もなく過ごすことができます。好きなものを好きなだけ食べることができるというのは、実はとんでもない贅沢かもしれません。食べる楽しみは、生きる楽しみにも直結します。おいしく楽しく食べるためにも、自分の歯が果たす役割は大きいものです。

また、口腔内を健康に美しく保つことができれば、笑顔にも自信が生れます。人との付き合い方が、積極的になるかもしれません。お口に何らかのコンプレックスがあって、なかなか笑顔になれないという方は、まず歯医者さんに相談してみましょう。

経済的なメリット

何の問題もないのに歯医者さんに行けば余計な出費がかかる――そんなことを心配される方もいるでしょう。しかし、一生を通した医療費の出費を考えると、予防歯科によるメンテナンスを受けている方は、65歳で約15万円も医療費を抑えることができるという結果が出ています。歯の治療にかかる費用に加えて、歯周病菌などが引き起こす全身疾患、栄養の偏りによる糖尿病や骨粗鬆症なども、こうした結果に反映されているかもしれません。

予防歯科の具体的な内容

予防歯科では、診断とカウンセリングが非常に重要です。新しく虫歯ができていないか、歯周病のきざしがないか、出血や腫れがないか、詰め物などが欠けていないか、取れてはいないかといった様々な観点で、お口の中をチェックしていきます。

さらに、歯科衛生士の手でスケーリングやPMTC、フッ素塗布などのケア、普段磨き残しがちな部位についてブラッシング指導を受けることができます。お口のプロに、数ヶ月に1度の頻度で確認してもらえるのは、大きな安心にもつながります。

一人ひとりにあった予防歯科のあり方

お口の中の状況は、その人その人で全く異なります。口の中の細菌の種類や数、唾液の量と質、歯の質や生え方、年齢、ブラッシングの方法など、多くの要素を考慮しつつケアを行う必要があります。予防歯科が、患者さんと歯医者さんの二人三脚で行うべきものとされるのは、こんなところにも理由があります。

歯医者さんというお口のプロが、自分の口の状態を定期的に確認し、オーダーメイドの予防方法を考えてくれるというのは、このうえない安心にもなります。また、今後長くお付き合いのできる、信頼のおける歯医者さんは、強い味方です。ぜひ、通いやすい歯医者さん、気軽に相談できる歯医者さんを探して、メンテナンスの相談をしてみましょう。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 東北編

かず歯科クリニック

出典:http://kazusikaclinic.com/

電話番号 018-853-8211
住所 秋田市広面字昼寝23-2
アクセス 秋田駅 東口 徒歩21分
診療時間 【月〜日】9:00~12:30/14:30~19:00
休診日 水曜日・日曜日午後・祝日
URL http://kazusikaclinic.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る