綺麗な笑顔は綺麗な歯から!知っておきたい審美歯科の選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

審美歯科という言葉をご存知でしょうか。

審美歯科というのは歯の見た目の美しさを改善する専門的な歯科のことで、いかに歯を自然で美しく見せるかに特化した歯科医療の分野です。

歯の果たす役割は非常に重要で、多くの方が歯の色や歯並びを気にしています。

審美歯科は多種多様の医療を行っているので、その中から自分にあった医療を選択するのは非常に難しく、どのような治療を受けるべきか迷われる方も数多くいるはずです。

適切な医療の選択に必要な審美歯科の基礎知識を、サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
舟越 純治 歯科医師 舟越歯科医院 院長

審美歯科で行われる治療項目は多彩に渡り、患者さんもどの治療を選んだらいいのか迷ってしまうでしょう。

保存修復・補綴・矯正歯科・口腔外科などの様々な歯科治療を行っていて、どのような選択肢があるのかを理解していないと治療をうまく選ぶことができません。

また、材料についての基礎知識も審美歯科の選択に大きく役立ちます。

審美歯科をしっかりと理解するためにも、歯科医療で広く行われている治療と材料についての基本的な知識をつけるように心がけましょう。

保存修復治療とは、いわゆる虫歯の治療や神経の治療を行う歯科医療分野です。

例えば、虫歯を削った後にレジンというプラスチック材料を詰めたり、ホワイトニングなどの歯の色を白くする施術を行ったりします。

レジンを使った審美歯科治療は、本物の歯とほとんど見分けがつかないような仕上がりを誇ります。

レジンは材料としての性質が非常に優れています。

歯の内部で粘土のような状態から固い状態に変化させたり、形を整えたりすることができる材料です。

素材の性質は、歯科医療の中でも、めざましい改善が図られているカテゴリーです。

保存修復治療は今後、さらに大きく躍進していくと期待されています。

補綴(ほてつ)というのは、歯を失った部分に対し、入れ歯・ブリッジ・クラウンなどを用いて治療を行う医療分野です。

クラウンやブリッジの色調や入れ歯の作り方などには、審美歯科の中でも、とりわけ注意が払われています。

なぜなら、美しい口元を作るためには、これらの被せ物や入れ歯の美しさが非常に重要な要素となるからです。

審美歯科では、クラスプという留め金を利用しないノンクラスプデンチャーや、セラミックやジルコニアなどの非常に美しい素材を活用したクラウンやブリッジが使われています。

これらの治療には、補綴治療の知識や技術が欠かせないとも言えます。

また最近では、口腔外科分野で行われるインプラントと合わせた審美歯科治療がめざましい活躍をしています。

インプラントと合わせたブリッジや入れ歯などが、審美歯科で欠かせない治療の選択肢となっているのです。

矯正歯科の治療も審美歯科では欠かすことができない治療の一つです。

歯並びを改善するためには矯正歯科の治療技術が非常に重要で、歯並びを改善した後に補綴治療を行い、あるいは保存修復の治療を併用することで、歯の見た目を非常に大きく改善することができます。

矯正歯科の治療では顎全体を適切な位置に成長発育させるような治療も行われています。

お子さんの顎の発育に不安があるときには、あらかじめ矯正歯科の歯科医師と相談しながら治療を行うことで、将来にわたって美しい口元や顔を手に入れることができるでしょう。

最近では、矯正歯科の治療と口腔外科の治療を合わせ、顎全体の位置関係を動かしながら治療をすることも可能です。

実際、多くの美容外科・歯科で、矯正治療と手術を組み合わせた治療が行われています。

歯だけでなく骨にも問題がある場合には、矯正歯科や口腔外科の専門的な知識がある歯科医師に相談するといいでしょう。

口腔外科は顎の周辺領域の手術を担当している歯科医療分野で、インプラントの治療や矯正歯科との治療を行う上で外せない科目といえるでしょう。

必要に応じてインプラントを活用した矯正歯科治療を行うこともあり、こうした口腔外科分野の手術を用いることで、多くの患者さんが歯だけでなく顔全体の印象を美しく変化させています。

手術と聞くとあまり歯科と馴染みがないかもしれませんが、歯科医療において欠かすことができない非常に重要な医療分野なのです。

審美歯科を選ぶコツ

審美歯科の治療を選択するときには、いくつか気をつけなくてはならないチェックポイントがあります。

まず注意したいのが歯の色を整えたいのか、それとも歯並びも含めて治療を行いたいのかという問題です。

歯の色や歯の形に違和感を覚え、綺麗な歯を手に入れたいと思っているのであれば、保存修復によるレジンの治療や補綴治療によるクラウンやブリッジなどを利用した治療を検討する必要があります。

審美歯科ではセラミックなどの材料を使った治療もできるので、より歯に近い自然な質感の歯を手にいれることができます。

歯並びの悪い部分には、程度の差こそあれ、綺麗に歯が並んだブリッジを作ることで見た目を綺麗に改善することができます。

歯並びごと綺麗にしたいということであれば、矯正歯科の治療で歯並びを綺麗にした後にラミネートベニアという治療を補完したり、さらにホワイトニングで歯を綺麗にしたり、いくつか方法が考えられます。

目的に応じて、歯科医師と相談するようにしましょう。

さらにチェックしたいのが治療の費用と期間です。

治療期間が長くかかると、最終的に治療を終えるまで何回も歯科医院へ通院する必要が出てきます。

治療期間を短時間に抑えたかったら、より効果的な治療方法を選ぶのが適切です。

また、治療の費用も非常に重要となるので、予算を考えた上で自分の希望する治療を検討するといいでしょう。

審美歯科の治療を考える際、費用だけを基準に判断してはいけません。

治療の費用が安い代わりに短時間しか効果がないものや、治療費用が高い代わりにかなり長期間治療効果を得ることができる治療法があります。

費用対効果を日割り計算してみるのも、ひとつの考え方でしょう。

かけた費用と、美しい歯で過ごすことができる期間をしっかりと調べ、自分の納得のいく治療を選ぶように心がけましょう。

審美歯科を選ぶときの注意点

審美歯科の治療は多くの種類があり、どのような治療が行われているのかを理解しておかないといけません。

保存修復治療・補綴治療・矯正歯科・口腔外科の各科目を組み合わせて治療が進められているので、それぞれどのような治療が行われているのかを理解することで選びやすくなるでしょう。

審美歯科治療は費用が高額になるので、治療の期間・治療の費用・希望する治療内容などの注意点をあらかじめ整理してみてはいかがでしょうか。

審美歯科治療は緊急性を要さない治療です。

しっかりと自分が納得できる治療を受けられるように、治療の内容や費用について熟知するようにしましょう。

舟越 純治 歯科医師 舟越歯科医院 院長監修ドクターのコメント

審美治療は、患者様の個人的な思いが非常に大きく関わってきます。
一本一本の歯の形、色合い、見栄えなど、「目指すゴールが人それぞれに違う」という特徴を持った科目といえるでしょう。
だからこそ、患者様の立場に立ち、治療を受ける方の気持ちになれる歯科医院を選んでみてはいかがでしょうか。
もちろん治療内容によっては、反映できることとできないことがあります。
また、歯やお口にとって好ましくない選択をされている場合は、医師として責任を持ったアドバイスをいたします。
お気軽にご相談ください。

 

監修ドクター:舟越 純治 歯科医師 舟越歯科医院 院長

この記事の監修ドクター

舟越 純治 歯科医師 舟越歯科医院 院長

出典:http://www.funakoshi-shika.com/
舟越 純治 歯科医師
舟越歯科医院 院長

PROFILE

九州大学歯学部卒業。
長崎大学歯学部矯正学講座へ入局後の1994年、福岡県福岡市内にて舟越歯科医院開院。
実家のある地元で、最良の歯科技術を提供するとともに、地域に密着したアットホームな雰囲気の歯科医院を目指す。
院長就任後も、九州大学歯学部咀嚼機能制御学講座に社会人大学院生として入局。
2000年から2006年までは、フィリピン(マニラ、レイテ島)、ラオス(ビエンチャン)で歯科ボランティア活動を行う。
日本歯科矯正学会、日本咀嚼学会の各会所属。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 九州編

舟越歯科医院

出典:http://www.funakoshi-shika.com/

電話番号 092-682-0068
住所 福岡市東区松崎2-12-16
アクセス 西鉄貝塚線 名島駅 徒歩13分
診療時間 【平日】9:00~12:30/14:00~19:00
【土曜】9:00~12:30
※電話受付時間9:00~19:00 (昼休み12:30~14:00)
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.funakoshi-shika.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る