裏側矯正とは?矯正装置が目立たない裏側矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

裏側矯正とは、歯並びを直す歯科矯正の治療法の一つです。歯の裏側に器具を装着して治療していくため、目立ちにくいなどのメリットがあります。しかし、歯の裏側に器具を装着するため、舌と器具が接触してしまって異物感を感じるなどのデメリットもあります。

「裏側矯正が気になるけど、実際どんなメリットやデメリットがあるのか分からない」「裏側矯正にかかる費用や治療方法が知りたい」など、裏側矯正についてもっと詳しく知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そこで、この記事では裏側矯正の特徴やメリット・デメリットなどについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

裏側矯正の特徴

裏側矯正とは、一体どのような治療法なのでしょうか。裏側矯正に興味がある方は、具体的な費用や特徴が気になりますよね。

ここでは、裏側矯正の特徴や費用などを詳しくご紹介していきます。使用する器具についてや表側矯正との違いなども合わせてご紹介します。

裏側矯正とは?

「歯並びを直したいけど、矯正装置が目立つのは嫌…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?歯科矯正といえば、ブラケット矯正が一般的です。ブラケット矯正とはワイヤー矯正とも呼ばれていて、歯の表側にブラケットと呼ばれる器具を取り付けてワイヤーで引っ張る治療法です。

このブラケット矯正は、歯の表に器具を装着する表側矯正と歯の裏側に器具を装着する裏側矯正の二つに分かれます。表側矯正だと、費用が安いなどのメリットがありますが、やはり見た目が気になってしまいます。

裏側矯正だと、表側矯正に比べて値段は少々高くなりますが、矯正器具が目立たないので矯正中も周囲の目を気にせずに過ごすことができます。裏側矯正は、舌側矯正やリンガル矯正などと呼ばれることもあります。

裏側矯正にかかる費用

裏側矯正にかかる費用は大体110万円~150万円程度です。表側矯正の費用は大体90万円前後ですので、それに比べると裏側矯正の方が値段が割高になります。矯正にかかる費用の他にも、毎月の検査に必要な処置料なども発生します。

裏側矯正の治療期間

裏側矯正の治療期間は、大体1年半から3年ほどといわれています。矯正の程度が軽い場合は期間が短くなり、重い場合は長くなります。裏側矯正にかかる期間は、歯並びの状態によってかなり大きく変わってきますので、まずは医師に相談してみましょう。器具を装着している間は、毎月1回程度検査に通う必要があります。

仕事が忙しい方は、検査に通うのが難しくなります。そのため、長期海外出張などの予定がある場合、矯正を始めるのはあまりおすすめできません。スケジュールに余裕がある時に矯正を始めるのがおすすめです。

裏側矯正の治療方法

裏側矯正について説明してきました。裏側矯正に使用する器具や治療期間などについては、ご理解頂けたかと思います。

でも、実際どのように治療していくのかが分からないと、自分に合っているかどうか見極めるのも難しいですよね。ここでは、裏側矯正の治療の流れについて詳しくご紹介していきます。

裏側矯正の治療の流れ

裏側矯正の治療の流れとして、まずしっかりとカウンセリングを行って、治療計画を立てていきます。この時に、費用や期間などについての説明も受けます。治療することが決まったら、検査に入ります。虫歯や歯周病などがあれば、矯正前に全て治療しておきます。

歯の治療やクリーニングが完了したら、いよいよ矯正装置を作成します。矯正装置の制作にかかる期間は大体1ヵ月ほどです。矯正装置が完成したら、いよいよ歯に装着していきます。この時、歯科医師からメンテナンス方法や歯磨きの仕方などについての説明を受けます。

矯正が完了するまで定期健診に通い、矯正装置のメンテナンスやクリーニングなどを行います。歯並びの改善が確認できたら、装置を外します。しかし、その後もまた歯並びが元に戻ってしまう恐れがあるため、マウスピースを付けて歯並びが元に戻るのを防ぎます。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正を始めるか悩んでいる方は、まずメリットとデメリット見比べてみると良いでしょう。ここでは、裏側矯正のメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきますので、矯正方法で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

裏側矯正のメリット

裏側矯正の最大のメリットとしては、まず目立たせずに歯科矯正することができるということが挙げられます。

裏側矯正と同様のワイヤー矯正には、表側矯正もあります。表側矯正は、歯の表に器具を装着するので、口を開けた際や笑った際などに、器具やワイヤーが目立ってしまいます。さらに、表側矯正だと食べ物を食べる際に矯正装置に食べカス詰まってしまいます。そのため、周囲が気になってしまい、外食がしづらくなります。

それに比べて、裏側矯正は、歯の裏側に矯正装置を装着するので、口を開けても矯正装置が目立つことはありません。さらに、器具に食べカスが詰まった際なども、周りからは見えないので、気にせず外食が楽しめます。

「矯正器具を付けると、食べかすが詰まって虫歯になりやすくなる」というイメージがある方も多いのではないでしょうか?裏側矯正のメリットは矯正器具が目立たない以外にも、表側矯正に比べて虫歯になりにくいことも挙げられます。歯の裏側は、表よりもエナメル質が丈夫であるという特徴があります。しかし、エナメル質が丈夫だと、虫歯になりにくいのです。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正には、メリットがあるのと同時にデメリットもあります。まず、表側矯正に比べて費用が高額であるということです。費用が高くなってしまう理由として、裏側矯正には高度な技術が必要なことや器具作成の手間がかかることなどが挙げられます。

その他にも、矯正器具を歯の裏側に装着するため、歯磨きがしづらく、器具に引っかかった食べかすが取りにくいことなどのデメリットがあります。さらに、舌が矯正装置に触れると違和感があったり、舌を傷つける場合もあります。また、人によっては慣れるまでは話しにくく感じるのもデメリットとして挙げられます。

見た目を気にせず美しい歯並びを手に入れることができる裏側矯正

裏側矯正の治療方法やメリット・デメリットなどについてご紹介してきました。裏側矯正は、表側矯正に比べて目立ちにくいなどのメリットがあります。

矯正装置を装着した時の見た目が気になるという理由で、なかなか矯正に踏み出せない方は、一度裏側矯正を検討してみてはいかがでしょうか?

裏側矯正なら矯正期間中も気にせず過ごすことができ、矯正後は美しい歯並びを手に入れることができます。歯並びが直ると、自信を持って笑えるようになります。しかし、裏側矯正は器具が目立ちにくいなどのメリットがあるのと同時に、値段が高いなどのデメリットもあります。

これらを把握した上で、この矯正方法が自分に合っているかどうか判断していきましょう。

裏側矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

ささき矯正歯科

出典:http://www.sasaki-kyousei.com/

電話番号 03-5744-5222
住所 東京都大田区蒲田5-11-8 千代ビル3F
アクセス JR京浜東北線 蒲田駅 東口 徒歩1分
京浜東北線「川崎」駅より 1駅目
     「大森」駅より 1駅目
東急多摩川線、東急池上線 「蒲田駅」より徒歩2分
京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩8分
診療時間 【月・水・木】10:30~13:30/15:00~19:00
【火】15:00~20:00
[第1・第2・第3土曜日]9:30~13:30/15:00~19:00
[第1・第3日曜日]9:30~13:30/15:00~17:00
休診日 金曜日・第4土曜日・第2・第4日曜日・祝日
URL http://www.sasaki-kyousei.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る