裏側矯正は期間が長い!?知っておきたい基礎知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

矯正の治療を受けている時に気になるのが見た目の問題です。

歯についたブラケットやワイヤーはどうしても見た目の印象を大きく変えてしまう一因になってしまうので、見た目に影響を与えないマウスピース矯正や裏側からの矯正治療に大きな人気が集まっています。

矯正で気になる見た目の問題を解決する裏側矯正の治療期間について、正しい知識を持っておくと矯正治療を受けやすくなります。裏側矯正について、歯科サプリ編集部がお届けします。

裏側の矯正の基礎知識

知っておきたい舌側矯正

矯正の治療で最近頻繁に行われているのが裏側の矯正です。通常の矯正治療は歯の唇側にブラケットという小さいプラスチックのような器具をつけ、その中にワイヤーを通して歯を少しずつ動かして行きます。このブラケットを歯の唇側につけておくとどうしても唇に口内炎ができてしまったり、見た目が非常に悪くなってしまったりと、矯正治療中は見た目の悪さと口内炎との戦いを強いられてしまうのです。

このような問題を解決するために開発されたのが舌側矯正という裏側からの矯正治療です。歯の裏側にブラケットを取り付け、歯を少しずつ動かしていくので、見た目に全く影響を与えずに矯正の治療ができます。舌側矯正のような裏側の矯正は唇に口内炎ができることがないので、楽器の演奏などで繊細な唇の感覚や動きを求められる人に非常に人気があり、自然な感覚で治療を受けられます。

矯正治療は歯を綺麗に並べる審美的な側面がある治療で、保険適用ではありません。矯正治療にはある程度の費用がかかるので、しっかりと納得のいく治療を受けるのが重要です。舌側矯正と通常の矯正治療についての適切な知識をつけ、自分の希望に見合った治療を受けるように心がけましょう。

舌側矯正の治療は唇側と同じ

裏側からの矯正治療と通常の矯正治療は実は基本的な治療の方針や進め方に大きな差はありません。顎の状態や歯の状態を診断し、適切な歯の並びの位置まで歯並びを動かし、治療の計画に従って歯を移動させていく過程に大差はありません。

舌側矯正では舌が触れる部分にブラケットが装着されているので、口内炎が舌先にできてしまうことがありますが、この口内炎もすぐに症状が緩和されます。しゃべりにくさなどを感じるかもしれませんが、数週間程度で発音にも慣れてくるので、人前で話す仕事をされている方は治療の時期をお仕事に合わせて調整するのがいいでしょう。

舌側矯正の大きなメリット

舌側矯正は外から見えない部分にブラケットを装着するので、通常の矯正治療に比べて見た目の自然さを保つことができるのが大きなメリットです。また、矯正治療で起こりがちな虫歯などのトラブルも通常のブラケットよりも平たいタイプのブラケットを利用することで汚れを落としやすくなり、虫歯を防ぐことができます。

また、実は最近の裏側の矯正のブラケットは徐々に薄型のものが利用されるようになり、多くの患者さんがより自然なつけ心地にブラケットを利用して治療を受けられるようになっています。裏側の矯正ができてすぐのような不自然な厚さのあるブラケットは現在ではほとんど利用されなくなってきているので、自然なつけ心地で歯が綺麗に治る選択肢として人気があるのです。

舌側矯正のデメリット

舌側矯正にもいくつかのデメリットがあります。一番の問題は費用です。裏側からの矯正治療は特別な矯正の器具が必要になるので、通常の矯正治療に比べて費用が高額になることが一般的で、費用を抑えて矯正治療を行いたいという方にはあまり向いている方法ではありません。

また、このほかにも舌側矯正は歯並びによっては治療が向かないケースもあり、顎の状態や歯並びの状態に応じて治療法として選択できないケースがあります。歯の裏側からの治療なので八重歯がかなり前に出すぎてしまっている場合にはワイヤーを犬歯に取り付けることができません。そのため、治療に時間がかかってしまうこともあり、注意が必要です。

舌側矯正の治療期間

基本的な治療期間は同じ

舌側矯正の治療期間は基本的には通常の矯正の治療と変わることはありません。舌側矯正は場合によっては通常の唇側にブラケットを取り付ける矯正治療よりも早く治療を終えることができるので、お口の状態を歯科医に診断してもらい、しっかりと治療期間の予想を立てると良いでしょう。

舌側矯正の矯正装置の種類が非常に多く、現在では通常のブラケットよりもより広い範囲の接着面積を持つ矯正装置が登場し、歯に貼り付けた時により強い力をかけることができるようになっています。かつて言われていたような力の弱さは現在ほとんど解消されているので、大きな不安を感じることなく治療を受けることができるのです。

舌側矯正の方が時間はかかることも

基本的に通常の矯正治療と同じ裏側からの矯正治療ですが、いくつかのケースでは治療に時間がかかってしまうことがあります。まず、顎が狭い場合です。生まれつき顎が狭い場合には顎を広げる治療を行なったのちに本格的にブラケットを使った治療を行うのですが、顎を横に広げた場合には歯の裏側にワイヤーを取り付けた時にうまく力が加わらないようなケースがあります。

このほかにも、八重歯が生えてくる位置が悪い場合にはブラケットやワイヤーを装着するまでに非常に時間がかかり、通常の矯正治療よりも長い治療期間が必要になることがあるのです。実際にどれだけの治療期間を要するかは検査をしなければ予測ができないので、不安に思われる方は必ず歯科医と相談するようにしましょう。

裏側矯正を利用するコツ

最近人気のある裏側からの矯正治療ですが、費用は通常の矯正治療よりかかるものの見た目に悪影響を与えない、場合によっては通常の矯正治療よりも早く治療を終えることができるなど、非常に大きな魅力がある治療法です。

矯正治療につきまとう見た目の悪さの問題は非常に重要で、矯正治療を受けている間を快適に過ごす上で見過ごすことができません。話しづらさや舌の口内炎などが起こることもありますが、装着して慣れてくるとほとんどこのような問題も解消されます。

誰にも気づかれないように歯並びを徐々に美しくしたい希望をお持ちの方にとって、魅力のある舌側矯正は今後も矯正治療で欠かすことができない治療手段となります。通常の矯正治療では得られないような負担の少ない矯正治療をご希望の方は舌側矯正について正しい知識をつけて、歯科医と相談しながら治療を検討してみましょう。

裏側矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

いぬかい医大モール歯科クリニック

出典:http://www.hakushin-kai.com/

電話番号 044-733-9999
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子町769 白井ビル2F
アクセス 武蔵小杉駅 徒歩3分
東急東横線 新丸子駅 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~21:00
【土・日】10:00~13:00/14:30~18:00
休診日 ※年中無休(年末年始を除く)
URL http://www.hakushin-kai.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る