裏側矯正時におけるゴムかけ治療についての説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯列矯正をしていることを他人に知られたくないという人や、見た目を気にする人に好まれている矯正方法が、歯の裏側に矯正器具を装着する裏側矯正です。

この裏側矯正を選択すれば、最後まで見た目を気にすることなく歯列矯正が完了すると多くの人が考えてしまいがちですが、実はそういうわけにはいきません。歯列矯正も大詰めの段階となると、顎間ゴム(がっかんごむ)という矯正器具を使ってゴムかけ治療というのを行う必要になるからです。

今回このページでは、顎間ゴム(がっかんごむ)を使ったゴムかけ治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

顎間ゴムを使用したゴムかけ治療は裏側矯正でも必要

いろいろな種類のある歯列矯正の中でも最も審美性が高く、他人からは目立ちにくいので外見を気にする人に多く選ばれている方法が、裏側矯正(舌側矯正)です。人前で話したり、笑ったりしても他人の目からは矯正器具が見えることはないので、人知れず歯列矯正を行うことができるというのが裏側矯正の最大のメリットでもあります。

そのため裏側矯正を選択される人の中には、「この方法ならば最初から最後まで歯の矯正をしているのが周囲の人にバレることはない」と考えてしまう人が多くいますが、実はそういうわけにはいきません。歯列矯正も最終段階になると、顎間ゴム(がっかんごむ)という治療器具を使ったゴムかけ治療というのが必要になるからです。

このゴムかけ治療というのは、矯正器具が歯の表側、裏側どちらに装着されているのかを問わず必要になってくる治療です。下の歯と上の歯に小さな医療用の輪ゴムを引っ掛けることで歯列を矯正する方法なので、裏側矯正を選択していたとしても、口を大きく空けた時には上下に伸びたゴムがどうしても目立ってしまいます。

「せっかく目立ちにくい裏側矯正を選んだのに、どうしてゴムかけ治療なんていう目立つことをしなければならないのか。」と不満に感じる人もいるかもしれませんが、美しい歯並びを手に入れるためには、このゴムかけ治療はどうしても外すことのできない治療法でもあるのです。そこで次からは、そもそもゴムかけ治療とはどういった治療法なのかについてや、治療の進め方や注意点などについて説明していきます。

顎間ゴムを使用したゴムかけ治療の目的

それではなぜ顎間ゴムを使用したゴムかけ治療が必要なのかその目的について説明します。歯列矯正には、マウスピースを使用した方法と、ブラケットと呼ばれる装置を歯の表面に装着して、そこにワイヤーを通すことで歯列を整えるワイヤー式と呼ばれる方法の2種類があります。

ゴムかけ治療は、この2つの方法のうちワイヤー式の矯正方法の時に使用される治療法です。ワイヤー式の矯正方法の場合は、左右に引っ張ることで歯列を整えることはできるのですが、出ている歯(いわゆる出っ歯)を引っ込めたり、下顎が引っ込んでいるのを前に出したりする上下に引っ張る力はありません。

そのため、上下の歯のかみ合わせをピッタリにするためには、ゴムかけ治療による歯を上下に動かす力を加えることで、出ている歯や引っ込んでいる歯を正しい位置に移動させてあげる必要があるのです。上の歯と下の歯がしっかりとしたかみ合せになるように適切な力を加える方法は、現在のところ顎間ゴムを使用したゴムかけ治療以外にはありません。そのためゴムかけ治療は、歯列矯正においてとても大切な治療プロセスであり、上下の歯の美しいかみ合わせを手に入れるためには必要不可欠な治療法なのです。

ゴムかけ治療の方法や注意点

ここからは、ゴムかけ治療の具体的なやり方や、治療を進める上での注意点について説明していきます。ゴムかけ治療は、顎間ゴム(エラスティック)と呼ばれる小さな医療用のゴムを、歯に装着された矯正器具に引っ掛けて、ゴムの引っ張る力によって上下の歯のかみ合わせを正しい位置へと動かします。ゴムの大きさや、かけ方は歯科医が指示してくれますが、ゴムかけ自体は自分で行う必要があります。

その理由は、顎間ゴム(エラスティック)は時間の経過と共に伸縮性が失われてしまうために、最低でも1日1回は交換する必要があるからです。慣れないうちは、ゴムかけを行うのに手こずってしまう人も多いようですが、ゴムをかけやすくする専用の道具もありますし、慣れてくれば短時間(数秒~数十秒)でゴムかけをおこなえるようになるようなのであまり心配はいりません。

ゴムかけ治療は自分の意思で継続することが大切

ゴムかけ治療は基本的には24時間、日中はもちろん就寝中もゴムをかけ続ける必要があります。ゴムを外す時は、食事をする時と歯を磨く時だけです。それ以外の時間は歯科医の指示通り必ずゴムかけをした状態でいなければ治療の効果は期待できません。

とくに裏側矯正を選択されている人は、見た目的な部分を気にして人の目に触れる機会が多い日中は、ゴムかけをしない(サボる)ような人が多い傾向がありますが、そのようなことをしていてはいつまで経っても矯正治療は終わりません。

というのも、ゴムをかけてから実際に歯が動き出すまでにかかる時間は、5時間程度だと言われているからです。1日中ゴムを使用しても1ヶ月で歯が動く距離は0.5~1mm程度でしかないといわれています。そのため、1日の中でゴムをかける時間が短くなればなるほど治療が長引いてしまうのです。歯科医の指示通りきちんとゴムかけ治療を行っていれば、短い人では1ヶ月位から効果がで出始めますが、他人の視線を気にして日中はゴムを外しているような人は、1年以上経っても満足する治療効果が現れないということも珍しくないようです。

ゴムかけ治療期間中は、大きく口をあけるとたしかにゴムが目立ってしまいます。しかし、治療の効果を上げて、より短い期間で矯正治療を完了するためには、強い意思を持ってゴムかけ治療を継続していくことがとても重要になります。

ゴムかけ治療は歯科医の指示を守り24時間継続することが重要

顎間ゴムを使用したゴムかけ治療について詳しく説明してきました。裏側矯正を選択している人はとくに審美面を気にされる人が多いので、矯正治療の最終段階で必要となるゴムかけ治療は大きな心理的ストレスとなるかもしれません。

しかし、美しい上下の歯のかみ合わせを手に入れるためには、顎間ゴムを使用したゴムかけ治療は必要不可欠な治療法でもあるのです。他人の視線が気になるからといって、1日数時間程度しかゴムかけ治療を行わないでいると、いつまで経っても矯正治療は完了しません。

ゴムかけ治療の段階まできたということは、それまでにも長い期間矯正治療を続けてきたということの証でもあります。あとほんの少しの辛抱で長かった矯正治療のゴールを迎えるのですから、最後のゴムかけ治療を強い意志で乗り切ってくださいね。

矯正治療でおすすめの歯医者さん 九州編

ケイズ歯科クリニック

出典:http://www.kz-dc.com/

電話番号 093-653-1313
住所 福岡県北九州市小倉北区上到津3丁目3-3 アクロスプラザ到津2F
アクセス JR日豊本線 南小倉駅 徒歩21分
北九州モノレール 香春口三萩野駅 車で10分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~19:00
【木曜】9:30~13:00
【土曜】9:30~13:00/14:30~16:00
休診日 日曜日・祝日・第2,第4木曜日
URL http://www.kz-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る