歯科医院が審美歯科を標榜するのに必要な資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現代日本において歯科医院はコンビニの数よりも多いと言われています。しかし、歯科医院によって得意としている治療や標榜している診療内容は大きく異なっており、実際に利用してみるとそれぞれが異なる特徴を持っています。そんな歯科医院の中で一般歯科と同じように多く標榜されている診療項目のひとつに審美歯科があります。審美歯科は美しい口元を目指す歯科分野ですが、美容外科のように標榜するには何か資格が必要なのでしょうか?

ここでは歯科医院が審美歯科を標榜するのに必要な資格について、歯科サプリ編集部がお届けします。

多くの歯科医院で標榜されている審美歯科

審美歯科というのは多くの歯科医院で標榜されている診療項目ですが、その内容をよく理解していない方も多いのではないでしょうか。こちらの項目では審美歯科で実際にどんな治療を行なっているのか、標榜するのに特別な資格が必要なのかについて詳しく解説していきます。

審美歯科の役割

歯科医療の一分野として確立している審美歯科は、その他の歯科医療と比べて治療目的が大きく異なっています。従来の歯科治療では虫歯や歯周病といった口腔疾患の改善やお口のトラブルの解消を目的としていますが、審美歯科では口元の見た目に重点を置いており綺麗で美しい見た目の実現を目的としています。

そのような目的の違いから審美歯科の治療のほとんどが保険適用外(自費診療)となり、どうしても費用負担が大きくなってしまいます。中には硬質レジンを用いた白い補綴物など保険が適用されるものもありますが、審美性にこだわると自費診療での治療を選択することになるかと思います。

そんな審美歯科には白い歯を実現するホワイトニング、整った歯並びを実現する歯列矯正など、目的に応じた様々な治療が存在しています。白い歯を実現する治療としては、ラミネートベニア、スーパーエナメル、セラミッククラウン(セラミックインレー)、ジルコニアクラウン(ジルコニアインレー)などがあり、治療箇所や状態に応じて適したものを選んでいくことが大切です。

審美歯科を標榜するには

歯科医院が審美歯科を標榜するには、実は特別な資格を必要としません。その他の歯科分野と同様に歯科医療という大きな枠組みの中のひとつとされているため、歯科医師が在籍する歯科医院であればどこでも審美歯科を名乗ることが可能です。

歯科医院の標榜項目というのは歯科医院の治療方針や歯科医師の得意分野が大きく反映されているので、院長が審美歯科を得意としているため審美歯科を専門としている歯科医院も存在しています。実際に審美歯科を専門として診療を行うには高度な医療技術と専門的な知識が必要になりますが、名乗るだけであればどんな歯科医院でも名乗れるというのが現状です。しかし、実際に審美歯科を専門としている、あるいは審美歯科に力を入れている歯科医院では、歯科医師が日本歯科審美学会から認定医と認められていることがほとんどです。

また、日本歯科審美学会歯科衛生認定士やホワイトニングコーディネーターの資格を有したスタッフを抱えていることも多いです。これらの資格を持つ医師・スタッフが在籍していることが、審美歯科に力を入れているひとつの目安と考えることができます。

審美歯科に関連した資格

先にお伝えした通り、歯科医院が審美歯科を標榜するのに必要な資格はありません。しかし、審美歯科に力を入れている多くの歯科医院には、日本歯科審美学会認定医の認定を受けた医師、あるいは日本歯科審美学会歯科衛生認定士、ホワイトニングコーディネーターの資格を持ったスタッフが在籍しています。こちらの項目ではそれぞれの資格について詳しく解説していきます。

日本歯科審美学会認定医

日本歯科審美学会から認定を受けた歯科医師のことを指し、審美歯科に対して専門的な知識と高度な治療技術を有していることを表しています。審美歯科を専門とする歯科医院であれば、この認定を受けた歯科医師が複数在籍していることも少なくありません。口元の美しさという部分において専門的な立場から意見することができるので、口元の見た目が気になる場合は一度相談してみるのも良いかもしれません。

日本歯科審美学会歯科衛生認定士

日本歯科審美学会歯科衛生認定士は日本歯科審美学会が定める資格のひとつで、審美歯科治療に対して専門的な知識を持った歯科衛生士を認定するためのものです。資格を取得するには歯科衛生士免許が必要であったり、学会のセミナーなどに定期的に通っていたりと様々な条件をクリアしなくてはなりません。そのため、この資格を有した歯科衛生士は審美歯科に対して専門的な知識を持っており、患者の審美的な悩みに対して専門的な立場からアドバイス・指導することができます。

日本歯科審美学会ホワイトニングコーディネーター

こちらも日本歯科審美学会が定める歯科衛生士資格のひとつで、ホワイトニング治療に特化したものになります。資格取得者はホワイトニング治療に関して専門的な知識を持ち、歯科知識のない人に対してホワイトニングの正しい情報の普及と適切なアドバイスを行うことができます。実際に医師が治療を行う前に、コーディネーターとして、ホワイトニングに興味がある人、またはホワイトニングを受ける人に対してカウンセリングを行います。自然な見た目や理想の白さについてアドバイスすることもあります。

資格スタッフが在籍する歯科医院を受診するメリット

上記のように審美歯科に関連した資格には様々なものがあります。ここでは日本歯科審美学会の認定を受けた医師や、日本歯科審美学会が定める資格を有したスタッフが在籍する歯科医院を受診するメリットについて解説していきます。

専門的な知識を持つスタッフのカウンセリングが受けられる

日本歯科審美学会認定医や日本歯科審美学会歯科衛生認定士は、学会から審美歯科に関して専門的な知識を有していることを認められています。口元の美しさに関する悩みに対して専門的な立場からアドバイスを行うことができるため、これらの資格スタッフが在籍する歯科医院を受診することで高いレベルのカウンセリングを受けることができます。歯科知識はないがとにかく美しい見た目にしたいという漠然とした相談であっても、お口の状態を見極めた上で適切な治療を提案してもらえます。審美歯科に関してよくわからないという場合は、特にこれらの資格を持った医師・スタッフが在籍する歯科医院の受診をお勧めします。

相談しながら理想の白さを実現することができる

日本歯科審美学会ホワイトニングコーディネーターの資格を持つスタッフが在籍する歯科医院では、歯科衛生士と相談しながら理想の白さや自然な見た目を追求したホワイトニング治療を受けることができます。ホワイトニングコーディネーターは専門的な知識を持っているので、わからないことは気兼ねなく相談しましょう。また、歯の着色度合いなどに合わせてホワイトニングの提案をしてもらえるので、健康な歯に余計な負担を掛けることなくホワイトニング処置を受けることができます。

審美歯科に関連した資格は必須ではなくひとつの目安

ここまで審美歯科に関連した資格について詳しく解説してきました。 どれも審美歯科を専門とする日本歯科審美学会が定めた資格ではありますが、歯科医院が審美歯科を標榜するのに必ず必要というわけではありません。ただし、審美歯科を専門としている、あるいは審美歯科を得意としている歯科医院では、これらの資格を持った医師・スタッフが在籍していることがほとんどです。審美歯科に力を入れているというひとつの目安として理解しておくと良いかと思います。また、これらの資格を持ったスタッフが在籍している歯科医院ではお口の審美面に関して細かな相談ができたり、専門的な立場からアドバイスを受けられたりと様々なメリットがあります。そういった意味でもあくまでひとつの目安として、これらの資格の存在を覚えておくと便利かもしれません。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

松村歯科クリニック

出典:http://matsumura-sika.jp/

電話番号 03-5486-3322
住所 東京都目黒区大橋2-24-3 中村ビル半地下1F
アクセス 東急田園都市線 池尻大橋駅 北口出口 徒歩1分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~19:00
【土曜】9:30~13:00/14:30~16:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://matsumura-sika.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る