審美歯科における最新の入れ歯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

従来の入れ歯は、お年寄りが使用するもので、噛みづらい・カタカタ音がする・管理が面倒などマイナスなイメージを持つ人が多くいます。しかし、審美歯科における現代の入れ歯は、素材が良質なものになっており、審美的にも美しく使いやすくなっているようです。 
最新の入れ歯について、歯科サプリ編集部がお届けします。 

従来の入れ歯

昔から使用されてきた入れ歯は、使いにくいというイメージが強くありますが、実際にどのようなものなのでしょうか。 
従来の入れ歯についてみていきましょう。 

入れ歯とは

入れ歯とは、何らかの理由で歯を欠損・失った部分を補うための義歯です。 

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。 
部分入れ歯は、クラスプといわれるバネの留め具で、単体の義歯を残った歯や歯茎に固定するものです。 
総入れ歯は、すべての歯を失ってしまった場合に、上下全体的に義歯を装着するものです。 

現代は、骨に装置を埋め込んで人工歯を固定するインプラントや、残っている歯に橋渡しさせ人工歯を固定するブリッジ法など、さまざまな手法があります。 
しかし、さまざまな原因によりこれらの治療が行えない場合は、入れ歯を使用することになります。 

今まで使用されてきた入れ歯

一番多く使用されてきたものは、レジン床義歯とよばれる種類の入れ歯です。 
これは、合成樹脂やプラスティック製の素材でできており、破損しても修理しやすいというメリットがあります。 
保険診療内で作成することができ、数万円程度でできるところが多いようです。 

しかし、匂いや汚れが付きやすく、メンテナンスに手間がかかることがデメリットに挙げられます。 
また、破損しやすいので、どうしても入れ歯の土台(床)となる部分を分厚く作成する必要があります。 
そのため、しゃべりにくさ・食べ物の噛みにくさ・見た目の問題など、装着時の違和感が生じやすいようです。 

保険診療外であれば、もう少し良質な入れ歯も作成可能です。 
金属床義歯は、土台となる床を金属で作成することにより、入れ歯の厚みを薄くすることができ、耐久性も増します。 
また、食べ物の温度を感じやすくなることもメリットです。 

しかし、保険診療外であるため、数十万円から費用がかかってしまいます。 

今までの入れ歯の問題点 

入れ歯はインプラントやブリッジ法と違い、自分で人工歯を取り外すことができます。 
自分で確認しながらお手入れができ、作成する際には、残った歯を削るなどの大掛かりな治療をせずに済みます。 

しかし、上述したように入れ歯の素材によっては、汚れが付きやすく、しっかりメンテナンスを行わなければ匂いも発生しやすくなります。 

また、部分入れ歯においては、金属のバネ(クラスプ)で固定するため、どうしても口を開けた時に目立ってしまうという問題もあります。 
全体的には、安定性が悪い・食べ物が隙間に挟まりやすい・入れ歯の厚みが気になる・手入れが大変などの問題点があります。 

審美歯科における入れ歯の概要

審美歯科における入れ歯は、見た目の美しさを重視した入れ歯です。 
審美義歯(ノンクラスプデンチャー)とも呼ばれ、従来の入れ歯とは大きく素材が異なります。 

従来の入れ歯は、部分入れ歯ではクラスプ部分、総入れ歯では床部分など、どこかに金属が使用されていました。しかし、近年は金属を使わないことで見た目の審美性を追求した入れ歯が多く使用されています。 

金属を使用しない分、耐久性を追求する必要があり、ポリアミドというナイロン素材やポリエステルなど、さまざまな素材が使用されています。 
それぞれ強度や柔らかさが異なるため、自分の生活スタイルや好みに合った素材でつくることが理想的です。 

また、金属を使わないため、弾力性があり、歯や口に馴染みやすいという特徴があります。 
食べ物を食べるときにカパカパとずれたり、骨や突起部にあたって痛いなどという症状は軽減されます。

しかし、これらの入れ歯の作製は保険診療外で行われます。 
使用される素材や、部分入れ歯か総入れ歯かによっても金額は異なりますが、十万円台~数十万円かかるものもあるようです。 

入れ歯は、メンテナンスが必要であり、素材や使い方によっては劣化するスピードも人それぞれです。 
審美歯科における入れ歯は高額になるため、よく検討することが必要です。

現在使用されている最新の入れ歯

さまざまな種類や方法がある入れ歯ですが、ここでは2つの審美義歯についてご紹介します。 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、金属や針金を使用しない入れ歯です。 
エステティックデンチャーやバルプラストデンチャー・フレキサイトデンチャーなど、数種類ありますが、これらはいずれもスーパーポリアミドというナイロン素材でできています。 
スーパーポリアミドは、海外でも使用されている実績のある素材であり、食品衛生医薬局の許可を得ており、安心して使用できるものです。 

柔らかく弾力性に優れているため、歯や歯茎にフィットしてくれます。 
保険内で作成できるレジン製のものと比べると、重量は半分の軽さで、落としても割れることはありません。 

磁気式入れ歯

磁気式入れ歯は、磁力で義歯を固定する入れ歯です。磁力アタッチメントデンチャーともいいます。 
インプラントは装置をあごの骨に埋め込みますが、磁気式入れ歯は磁石を歯根に埋め込みます。 

小さな磁石を取り付けますが、インプラントのように手術など特別な手法ではありません。 
歯根に取り付けた磁石と義歯に取り付けた磁石が強力にくっつくため、食べ物を食べたり大きく笑ったりしても、日常生活で外れたりずれたりすることはありません。 

ただし、外部から強力な力が加わった時には外れるようになっています。歯根には直接的な力はかかりません。 
歯根に磁石を取り付けるため、歯根を失っている場合にはできないという条件もあります。

審美歯科における入れ歯は見た目だけでなく使いやすさも向上

審美歯科でつくることができる入れ歯は、金属や針金を使用しないものが多く、見た目には目立たないようになっています。 
柔らかい素材でできているため、痛みや違和感は少なく、従来の大きく使いづらい入れ歯とは変わってきています。 
しかし、保険外診療にあたるため、これらの入れ歯を作成するには高額な費用が必要です。 

自分の歯を失ってしまった場合、インプラントやブリッジ・入れ歯など、補う方法はいくつかあります。これらの選択肢の中で、自分に可能であるか、自分のスタイルにあっているかを考えて選ぶ必要があります。 

入れ歯=お年寄りというイメージは強いですが、何らかの原因で歯を失っている人は若い人にも多くみられます。 
現在、審美性が高く使いやすい入れ歯はたくさんあるので、先入観を捨て、自分にあった方法や素材・金額などを十分に検討することが大切です。 

審美歯科でおすすめの歯医者さん 中部編

田島デンタルオフィス

出典:http://tajima-do.com/

電話番号 052-954-8008
住所 愛知県名古屋市中区丸の内3-20-17 KDX桜通ビル11F
アクセス 名古屋市営地下鉄名城線 栄駅 徒歩8分
診療時間 【平日】9:30~13:00/15:00~18:30
休診日 土曜日・日曜日・祝日
URL http://tajima-do.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る