審美歯科を受診して美しい口元を実現するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美しい口元の実現を目指す審美歯科は、一般的な歯科治療のようにお口の健康に関わるものではありません。しかし、口元の審美面にこだわる審美歯科には、口腔疾患の改善を目的とした一般歯科とは異なるメリットがあります。そこで審美歯科を受診するメリット、美しい口元を目指すメリットについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

一般歯科とは異なる役割を持つ審美歯科

審美歯科は一般的な歯科治療と比べてその目的や役割が大きく異なっています。口元の美しさに重きを置いた治療を中心としているため、審美歯科はお口の健康には直接関与しません。そんな審美歯科にはどんなメリット・デメリットがあるのか詳しく解説していきます。

審美歯科のメリット

審美歯科の最大のメリットは、何よりも美しい口元を実現できるというところです。お口の美容外科とも表現されるように、誰もが持つ見た目のコンプレックスを解消することを目的としており、審美面で不満を抱えている人のニーズに合わせた歯科分野になります。一般歯科のようにお口の健康に直接関与することはありませんが、審美歯科治療を通じてお口の健康に貢献する場合もあります。また、美しい見た目を手に入れることはその人の自信にも繋がり、豊かな生活の実現にも役立ちます。特に口元というのは人が無意識に視線を向ける部分で、他人とコミュニケーションを取る上で第一印象を決める重要な箇所でもあります。審美歯科によって見た目のコンプレックスを解消することで、晴れやかな気持ちで日々を過ごすことができるようになります。

審美歯科のデメリット

審美歯科には見た目のコンプレックスを解消できるというメリットがありますが、その反面、費用負担が大きくなるというデメリットも存在します。審美歯科はお口の健康に直接関わる分野ではないので、その治療の多くが自費診療(保険適用外)となります。そのため、どうしても費用負担が大きくなってしまいます。治療を受ける際は自身の経済事情と相談しながら慎重に決めなくてはなりません。また、歯列矯正など一部の審美歯科は間接的に健康的な口腔環境の実現に関与しますが、ホワイトニングなど一部の治療は場合によってはお口の健康を阻害してしまうこともあります。ホワイトニングの場合は薬液が強すぎて歯茎の知覚過敏を引き起こしてしまうこともあり、施術を受ける際はリスクも考慮しなければなりません。

白い歯を目指す審美歯科治療のメリット

審美歯科治療の中でも白い歯の実現を目指すものは多数存在します。それらの治療にはそれぞれにメリットがあるので、ここでは治療方法ごとにメリットをご紹介していきたいと思います。

ホワイトニングのメリット

審美歯科治療の中でも最もメジャーなもので、特殊な薬液によって歯の着色汚れを除去(漂白)する治療になります。手軽な審美歯科として広く認知されており、多くの人が気軽な感覚で利用しています。最近では市販で薬液を購入できることもあり、歯科医院を受診せず市販液を用いてホワイトニング処置を行う人も増えています。そんなホワイトニングのメリットは何よりも手軽に白い歯を実現できるということです。歯科医院で処置を行うオフィスホワイトニングの場合は短期間で理想的な白さを出すことができるので、結婚式や同窓会などイベント事の直前に処置を受けて白く綺麗な歯を手にすることができます。また、自宅で処置を行うホームホワイトニングの場合は、何度も通院する必要がなく自分のタイミングで処置を行えるので、やはりこちらも手軽さが特徴となっています。

ラミネートベニアのメリット

ラミネートベニアはセラミック製のプレートを歯の表面に接着することで、白く綺麗な歯を実現する治療方法です。歯の表面に接着するという特性のため表面部分を多少削る必要はありますが、すぐにセラミック製のプレートを接着するので違和感や不快感は少ないです。ラミネートベニアのメリットはセラミック製のプレートを交換すれば、何度も美しく綺麗な歯を再現できるというところです。プレートの汚れや欠けが発生した場合でも簡単に取り替えることができます。

スーパーエナメルのメリット

スーパーエナメル(進化型ラミネートベニア)は、ラミネートベニアのデメリットでもある歯の表面を削るという処置の必要がない治療方法です。非常に薄いプレートを歯の表面に接着するので、違和感や不快感も少ないのが特徴です。スーパーエナメルのメリットはラミネートベニアの欠点を克服した点で、健康な歯の表面を削ることなくプレート接着を行うことができます。お口の健康を阻害することなく美しさを実現できるという点では、ホワイトニングやラミネートベニアより優れているとも言えます。また、こちらもラミネートベニア同様に汚れや欠けが発生した場合は、簡単に取り替えることが可能です。

その他の審美歯科治療のメリット

審美歯科には白い歯を実現する以外にも様々な治療方法が存在します。こちらの項目では様々な治療方法と、それぞれのメリットについて解説していきます。

歯列矯正のメリット

歯列矯正は矯正歯科という独立した歯科分野として考えられていますが、歯列を整えることで美しい口元を目指すという意味では審美歯科の一環として捉えることもできます。歯列矯正には様々なメリットがあります。一つ目はがたがた前歯や二重歯列といった不正歯列を整えることで、美しい見た目を手にすることができるという点です。二つ目は歯列を整えることで健康的な口腔環境を実現できるということです。歯科医療の分野では歯並びというのは歯の健康や噛み合わせにも大きく影響していると考えられており、歯列矯正からお口全体の健康を目指すという考えを持った歯科医師もいます。また、噛み合わせの問題というのは身体全体のバランスにも影響を及ぼすと言われており、身体全体の健康を実現するためにも歯列矯正を勧める医師は多いです。

セラミッククラウン(ジルコニアクラウン)のメリット

金属製(金銀パラジウム、アマルガム合金)の銀歯に代わって、昨今ではセラミックやジルコニアといった素材でできた補綴物(クラウン・インレー)も登場しています。セラミッククラウンやジルコニアクラウンのメリットは、天然歯と変わらない見た目を手にすることができるという点です。セラミックやジルコニアという素材は透明度に優れており高い審美性を持っています。周囲の天然歯の色に合わせて柔軟に色味を調整できるのが特徴です。また、セラミッククラウンやジルコニアクラウンは一般的な銀歯のように金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がないといったメリットを持っています。

メリットとデメリットを知ることが重要

ここまで審美歯科で行われる治療のメリットについて詳しく解説してきました。それぞれの治療には見た目のコンプレックスを解消するためのメリットがあります。中にはお口の健康にも関与するものもあり、美しさと健康の両立に貢献できるような治療も存在します。実際に歯科医師の中には「健康と美しさは本来等しいものである」と考える人も多く、健康的な口腔環境を実現するには美しくなくてはならず、美しい口腔環境を実現するには健康的でなくてはならないというポリシーのもとで歯科診療に取り組んでいる人もいます。しかし、それぞれにメリットがある反面、必ず何かしらのデメリットが存在します。そのため、治療を受ける際はメリットだけでなくデメリットについても理解し、正しい認識を持って治療に臨むことが重要です。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

けんと歯科

電話番号 049-256-4433
住所 埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡5-1-8
アクセス 東武東上線 上福岡駅 西口 徒歩17分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~19:00(受付は18:30まで)
【土曜】10:00~13:00/14:00~18:00(受付は17:30まで) 
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.kento-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る