審美歯科で銀歯を白い歯に置き換える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯や歯の破損などの治療で使用するクラウン(被せもの)やインレー(詰めもの)には、さまざまな材質のものがあります。その中で、銀を使ったものは保険適用で治療費も安く、古くから使用されているものです。しかし、近年では審美歯科の進化もあって、銀歯の見た目がよくないと感じる人は、セラミックの白い歯を望むことが増えているといわれています。また、金属アレルギーによって銀歯を使えない場合なども、審美性の高い金属以外の材料を使うことになります。保険適用の有無も含め、審美歯科で行われる銀歯を白い歯に置き換える治療法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

審美歯科における銀歯の治療

審美歯科では、銀歯からセラミックなどの美しい歯に治療しなおすことができます。はじめに、どのようなケースで銀歯を治療しなおすのかをみていきます。

銀歯に虫歯ができたケース

過去に虫歯になって銀歯にした部分が、年月の経過や治療の不備、過度な負荷などの原因によって虫歯になってしまうことは珍しくありません。

このとき、虫歯治療と一緒に審美性も考慮して、審美歯科で白い歯にするケースがあります。審美歯科も歯科ですから、虫歯の治療ができないということはありません。

金属アレルギーになったケース

銀歯は広く歯の治療に使用されているものですが、金属であることから、アレルギー症状を引き起こすことがあります。金属アレルギーがある場合は、好むと好まざるとにかかわらず、セラミックなどの非金属の材料を使う必要があります。

よくある事例とされているのは、自分が金属アレルギーであることに気付かず銀歯を入れてしまったケースや、銀歯にしてから金属アレルギーになってしまったケースなどです。

銀歯の見た目が気になってしまうケース

もうひとつ、多いといわれているのが、銀歯に何かトラブルが生じたわけではなく、単に見た目が美しくないからやり直したいというケースです。銀歯はいかにも詰め物をしている、被せているという見た目になるため、避けたいと思っている人は少なくありません。

とりあえず、保険診療で銀歯にしたものの、口を開ける度に銀歯が目立つのが嫌になって、審美歯科のドアを叩く人もいます。審美歯科の語感からは、こうした見た目を理由とするケースがいちばん想像しやすいかもしれませんが、実際には上記2つの理由も大きいとされています。

審美歯科で保険が使える治療法

審美歯科で銀歯から審美性の高い白い歯にするためには、いくつかの治療法があります。健康保険が使えない自由診療の治療法だけでなく、保険で実施できる治療法もあります。

コンポジットレジン充填法

審美歯科といえば、保険が使えないというイメージを持っている人も少なくないでしょう。たしかに、見た目のために行う治療には保険が使えないことが多いです。しかし、コンポジットレジンを使った充填による治療は、保険適用で白くきれいな見た目にできます。

コンポジットレジンとは、合成樹脂であるレジンに、強度や審美性をアップさせるための物質を混合したものです。銀歯を取り外して虫歯を削り取れば、その穴に接着剤を塗布してコンポジットレジンを充填します。コンポジットレジンには、ブルーライトをあてると硬化する性質があるので、すぐに歯として使えるメリットがあります。

ただし、型を取って歯科技工士が作るわけではありませんので、その場で手早く形を整え、噛み合わせを確認してきれいに仕上げることが前提です。ここに、歯科医師の技術の差が出る可能性があります。

また、保険適用のコンポジットレジンは、数年で白さが失われてしまう可能性があります。一般に、自由診療で使われるコンポジットレジンのほうが、よりきれいだといわれています。耐久性については、個人差や使用する部位などによる差があるため、一概にはいえません。

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠とは、ハイブリッドセラミックと呼ばれるセラミックとレジンを混ぜた材料を使い、CAD/CAM装置を使って作ったクラウンのことです。そして、上下左右の各4番歯・5番歯に限り、この手法による治療が保険の対象となっています。したがって、銀歯が4番と5番以外の場合は保険が使えません。また、現在のところは実施できる歯科クリニックが限られています。

自由診療となる審美歯科の治療法

銀歯を保険で白くするためには、なにかと制約が多いことがわかります。費用の問題さえなければ、自由診療でよりよい治療法を選択できます

ジルコニアセラミッククラウン

審美歯科で保険を使わずに銀歯を白い歯にするといえば、セラミックの使用が思い浮かぶところです。しかし、セラミックは陶器であり強度の面で万全な材料とまではいえないでしょう。そこで選択されるのが、ジルコニアセラミッククラウンです。

フレームがジルコニアであるため一般のセラミッククラウンより高い強度を持ちながら、セラミックの美しい白さを手に入れることができます。ジルコニアもセラミックの一種ですが、歯科材料としては、セラミックと区別したほうがわかりやすいでしょう。

オールセラミック

セラミックだけを使用するため、自然な仕上がりで美しい白さが魅力です。そのため、前歯など目立つ場所に適しています。一方、強度はそれほどでもないため、奥歯には向かないといわれています。逆に、オールジルコニアなら、審美性は低くなりますが、強度が増すため奥歯に向くといえます。

ラミネートベニア

歯の表面を0.5ミリ程度削って貼り付けるセラミックを使った治療法です。見た目の美しさがセラミックらしいです。

銀歯では駄目な理由と必要な治療法

銀歯ではなく白い歯にしたい理由としては、最初にあげた虫歯になるケース、金属アレルギーのケース、見た目が気になるケースが考えられます。しかし、金属アレルギーは別として、その他のケースは、銀歯から白い歯にしなければ大変なことになるわけではありません。本人の希望次第というものです。

虫歯の治療は必要ですが、審美歯科ならではの治療法では歯を削る範囲が大きくなりがちです。また、見た目のために悪くなっていない銀歯を外して白くしたいケースでは、削ることが歯の寿命に影響することも考えるべきかもしれません。

そのうえで、審美歯科で銀歯を白い歯にすることを決めたのであれば、どの治療法が適しているかをしっかりと判断したいものです。その過程では、専門の歯科医の診察・診断とアドバイスが重要になります。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

早川歯科医院

出典:http://www.hayakawa-dental.com/

電話番号 03-3655-0301
住所 東京都葛飾区新小岩1-44-3 新沢ビル2F
アクセス JR総武本線 新小岩駅 南口 徒歩5秒
診療時間 【平日】10:00~12:30/14:00~19:00
【土曜】10:00~12:30/13:30~15:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://www.hayakawa-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る