歯周病を薬で治す?歯周内科治療の実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯周病は、歯茎の感染が原因で起こる病気ではあるものの、薬が効きにくいため一般的には外科治療が選択されることが多いです。しかし、歯科医療の発展とともに、歯周病の原因となる菌を素早く特定できるようになり、薬による治療方法も一般的になってきました。

薬による歯周病治療は「歯周内科治療」と呼ばれますが、その方法や費用はご存知でしょうか?今回は、歯周内科治療に関することについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

従来の歯周病治療は外科治療

歯周病は薬が効きにくく、外科治療が第一選択として用いられてきました。

歯周病の治療には歯石や歯垢の除去が必要

歯周病の原因となるのは歯垢(プラーク)や歯石に含まれる歯周病菌です。そのため、歯周病の治療はその歯垢や歯石を物理的に取り除くことが必要になります。また、それ以外に悪くなった歯肉や歯の一部を切除しなければならないこともあります。

悪い部分を外科的に取り除く従来の歯周病治療は、効果は高いものの、痛みや出血なども強く、その治療に抵抗がある人も多かったようです。

歯周病菌には薬が効きにくい

では、薬で治療する内科療法がおこなわれない理由は何なのでしょうか?実は、歯周病を起こす歯周病菌が持つ特性によって薬が効きにくいと言われてきたのです。

それが「バイオフィルム」を作るという特性です。バイオフィルムは、細菌自身と細菌が産生するタンパクや多糖類などからなるゲル状の物質です。バイオフィルムは歯周病菌だけでなくさまざまな菌が作り出します。例えば、掃除をしないとお風呂やキッチンの排水溝にぬるぬるしたものが出てきますが、これもバイオフィルムの一種です。

バイオフィルムは細菌の住処であり、細菌を外敵から守る働きをします。バイオフィルムは抗生物質などの薬をブロックするという性質を持っているため、バイオフィルムを作る細菌を薬で殺そうとしても、薬の効果が半減以下になってしまうのです。諸説ありますが、バイオフィルムの中の細菌を殺すのには、通常の500倍もの抗生物質が必要だという考えもあります。

歯周病を薬で治すのは可能?

以上のように、薬が効きにくい歯周病ですが、薬で治すことは可能なのでしょうか?

薬による歯周病治療のニーズは高い

歯周病の治療の外科処置に関しては「痛そう」「怖い」「通院の手間がかかる」などのイメージもあり、内科的治療を望む声が多く、薬で歯周病を治す「歯周内科治療」に注目が集まっています。

また、歯科医の経験や技術によって成績や痛みなどが変わってくる外科処置と違い、内科治療であれば薬の処方がメインになります。歯科医の側としても簡単にできる治療と感じることもあり、患者・ドクターどちらの側からも、内科療法のニーズは高くなっています。

薬による治療を可能にする検査技術

そこで、薬による治療を可能にするための検査技術が開発されてきました。それが、位相差顕微鏡とリアルタイムPCRによる菌の同定です。薬が効きにくい歯周病の治療を行うためには、どの菌に対する薬を使うのか、そのターゲットとなる菌を正確に把握する必要があります。

位相差顕微鏡は、生きている菌をより観察しやすくするための顕微鏡であり、口の中にどのような菌が多くなっているのかを簡単に見ることができる顕微鏡です。また、リアルタイムPCRは遺伝子検査であり、菌の種類を正確に同定できるだけでなく、どの菌がどれくらい増えているのかという量的な確認も行うことができます。

これらの検査技術が確立したことで、よりターゲットを絞った薬による治療が可能になり、薬による歯周病治療の効果が上がってきました。最近では、1週間の歯周内科治療によって実に80%以上の人が口臭や出血などの歯周病症状の改善を実感できたというデータも出ています。

歯周内科治療が向かないケースもある

歯周内科治療はすべての歯周病に適応されるわけではありません。特に以下のような条件の場合には効果が薄い可能性があるので注意が必要です。

・重度の歯周病
・ヘビースモーカー
・糖尿病など免疫が落ちてしまう病気の人

また、以下のような人では薬による治療ができません。

・薬にアレルギーが出てしまう人
・妊娠中・授乳中の人
・重度の肝機能障害のある人

歯周内科治療は万能な治療方法ではありません。「歯周病だからまずは薬で」ということではないので、しっかり歯科医と相談して治療方針を決めるようにしましょう。

歯周内科治療の実際

では、どのように歯周内科治療は進んでいくのでしょうか?歯周内科治療の具体的な流れを見ていきましょう。

カウンセリングと歯周病の状態のチェック

歯周内科治療を希望する場合、まずはしっかりカウンセリングを受けましょう。カウンセリングでは歯周内科治療でどのような検査や治療を行うのかや、通院の頻度、治療期間などについての目安を聞いておいてください。また、後程お話いたしますが、歯周内科治療は健康保険の適用外になりますので、費用についても概算を聞いておくといいでしょう。

それから、歯周病の状態をチェックしてもらいます。場合によっては、レントゲンなどの検査が必要になることもあり、あまりに重度の歯周病がある場合、歯周内科療法ではなく従来の外科療法をすすめられることもあります。

原因となる菌を同定

歯周内科治療で最も大切なのが、この菌の同定のステップです。

口の中のプラークを採取し、位相差顕微鏡で観察します。この検査により、原因となるのが細菌(スピロヘータ)なのか、真菌(カンジダ)なのか、原虫(口腔トリコモナス・歯肉アメーバ)なのかを見極めます。

さらに詳しい検査をする場合は、リアルタイムPCRにより、歯周病菌の種類だけでなく、その菌がどれくらいいるのかを調べることができます。

原因菌に合った治療薬を選択

原因菌がわかったら、それに合わせた治療薬を選択して処方してもらいます。薬には内服薬・洗口剤・歯周内科専用歯磨き剤などがあります。

歯周病の原因菌に合わせてこれらの薬を併用することで、効果的に歯周病菌を抑えることが可能になります。

1週間程度で効果を確認

歯周内科治療による効果は一週間程度でわかるようになると言われています。薬の効果がみられると、歯茎の痛みや出血、口臭、口の中のネバネバ感などの症状が収まってくるようです。

病院によっては、薬を飲み終わるタイミングで再度検査をし、菌の数が減っているかどうかを確認することもあります。

歯石除去と併用すると効果UP

歯周内科療法は歯周病菌を減らすことはできても、歯石や歯垢を除去することはできません。すでに歯石が付いてしまっている人は、歯石除去を併用することで、治療効果が高まり、歯周病の再発予防にも役立ちます。

もちろん、治療中・治療後の歯磨きも重要です。歯医者さんで必要な歯磨き粉の種類や適切なブラッシング方法などを指導してもらい、歯磨きによる歯周病ケアも一緒に行っていきましょう。

歯周内科治療の費用

歯周内科治療の流れがわかったところで気になるのはその費用ですね。

歯周内科治療は保険適用外

従来の歯周病の治療と違い、薬を使った歯周内科治療は健康保険の適用外になってしまいます。そのため、歯周内科治療にかかる費用は自己負担になります。

歯周内科治療の費用は3万円~

歯周内科治療の費用は、その検査の種類や回数、クリーニングの方法、薬の内容や期間によって大きく変わってくるようです。

最低限の検査や治療でも3万円程度はかかり、しっかりした検査やクリーニングなどを行うと10万円を超えることもあるようです。それぞれの歯科によって検査や治療内容に関わる方針は違ってきますので、薬による歯周内科療法を希望される場合は、必ずカウンセリング時に費用を確認しておいてくださいね。

薬による治療は歯周病の治療オプション

以前は「歯周病は薬では治らない」と言われていましたが、検査技術や投薬方法、さらには併用療法の進歩とともに薬による歯周病治療「歯周内科治療」による治療成績は徐々に上がってきています。そのため、歯周病の治療オプションの一つとして薬による歯周内科療法を知っておくことは大切です。

ただし、歯周病すべてに歯周内科治療が適用になるわけではありませんし、薬による治療にはある程度の限界があります。また、歯周内科治療には健康保険の適用外ですので、治療費が高額になる場合もあります。

歯周内科治療の方法やその注意点をしっかり知ったうえで、自分に合った適切な歯周病治療を選択できるよう、この記事を参考にしてみてくださいね!

歯周病治療でおすすめの歯医者さん 関東編

冨岡歯科医院

出典:https://tomioka-dental.com/

電話番号 03-3360-6480
住所 東京都新宿区高田馬場三丁目2番5号 ANビル5階
アクセス JR山手線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩1分
東京メトロ東西線 高田馬場駅 東西線A1出口より徒歩1分
西武新宿線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~20:00(受付 午前12:30まで 午後19:00まで)
【土曜】10:00~14:00(受付13:30まで)
※予約制
休診日 日曜日・祝日・夏期・年末年始
学会・会議などの都合により診療時間の変更や休診となる場合がございます。
URL https://tomioka-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る