インプラント老後のあれこれ

段々と歯科治療の一般的な選択肢となってきた、インプラントですが、やはり何事にもメリットとデメリットがあるのも事実です。

そもそもインプラントとは何なのか、基本的な概要、そしてメリット、デメリットを理解しつつ、老後のインプラント(高齢になってからインプラントを始める場合と、若い頃に入れたインプラントの老後はどうなるのか)について、歯科サプリ編集部がお届けします。

口腔内の健康に欠かせない予防歯科と唾液検査

予防歯科の重要性について話を聞くことはあるものの、経験したことがない唾液検査がどのようなものか分からないという人もいるでしょう。予防歯科に興味はあるけれど、唾液検査が複雑なもので手間隙かかるようならやめておこうかと思っているかもしれません。歯科といえば虫歯の治療くらいしか馴染みがない人には無理のないことです。そうした人のために、予防歯科における唾液検査の概要と注意点などについて歯科サプリ編集部がお届けします。

予防歯科と歯科検診は違います!予防歯科と歯科検診の違いとは?

予防歯科と歯科検診。この2つの言葉を聞くと同じように聞こえるかもしれませんが実際には大きな違いがあります。予防歯科と歯科検診を使い分けていくことで、健康な歯を長く保つことができます。知った日からあなたも早速使い分けたくなるはずです。予防歯科と歯科検診にどのような違いがあるのかについて歯科サプリ編集部がお届けします。

短期間で理想の歯並びになるインプラントによる歯列矯正

歯並びの悪さが口内環境を悪くしたり、発音に影響を与えたりすることから、歯列矯正を検討する人も多いです。これまでの歯列矯正は、専用の器機を何年も装着して矯正していく方法が一般的でした。

しかし、最近はインプラントによる歯列矯正も行われるようになり、比較的短期間で歯並びをきれいにできるようになってきています。

そこで、インプラントによる歯列矯正(インプラント矯正)の特徴や矯正方法、メリットやデメリットなどについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯周病になると糖尿病になるって本当?ふたつの病の不思議な関係

歯周病は長いあいだ、単に歯がなくなるだけの「口の中の病気」だと思われてきました。しかし近年の研究により、全身に影響を及ぼすおそろしい病であることがわかってきたのです。

特に糖尿病との関係は密接で、切っても切り離せない深い相互関係にあるようです。厚生労働省によると、日本人の70%以上が歯周病を患っているそうですから、多くの方にとって他人事ではありません。

歯周病と糖尿病の関係性や、それぞれが体におよぼす影響について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯磨きしていても虫歯になる理由は?原因や対策をご紹介

食事ごとの歯磨きは欠かしたことはない、しっかりと歯磨きをしているという方でも虫歯になってしまうことがあります。「ちゃんとケアしているのになぜ?」と思ってしまうことはありませんか?

ただ単に歯磨きをしているだけでは、実のところ虫歯を防ぐことは難しいのです。ここでは、歯磨きをしているのに虫歯になってしまう原因や、虫歯を予防するための対策法などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

治療費用をおさえて短期間で歯列矯正を行うことができる部分矯正

部分矯正は治療費用や治療期間の短さから、近年、注目を集めている歯列矯正の方法です。高額な治療費用や長い治療期間の負担なく、手軽に歯並びの改善を目指すことができます。

通常の矯正治療と同じように、ブラケット矯正やマウスピース矯正で歯並びを部分的に整えることができます。部分矯正のメリットや注意点などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

口の中の出血は虫歯が原因?考えられる原因と治療法を紹介

みなさんは普段歯を磨いた後のうがいした水に血が混ざっていたり、歯ブラシに血が付いていたりしたことはありませんか?

口の中からの出血はたとえそれが少量であっても気になるものですよね。歯医者になかなか通うことができず、虫歯を長年放置してしまっている場合は当然悪くなっている箇所から出血することもありえます。

しかし口の中からの出血には他にもさまざまな原因が考えられるのです。そこで今回は、口の中から出血した時に考えられる原因と治療法について、歯科サプリ編集部がお届します。

メンテナンスが必要な審美歯科治療

綺麗な白い歯が手に入る審美歯科ですが、自由診療扱いになることで値段が高くなったり、メンテナンスが必要になったりとデメリットも多く潜んでいることをご存知ですか?今回は審美歯科で行われる歯のホワイトニングやインプラント治療、セラミッククラウンの審美歯科治療とメンテナンスについての情報に加え、審美歯科治療で後悔しないためのポイントについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

あごの骨が少なくインプラント治療ができない場合の骨造成とは?

インプラント治療を行うためには、あごの骨が非常に重要です。人工歯根を埋め入れるためのあごの骨の幅や高さが一定量ないと、適切にインプラント治療をすることができません。

それでは、あごの骨が足りない人はインプラント治療が全くできないのかというと、そうではありません。骨造成という治療を行うことで、インプラントを埋入させるために必要な骨の高さや厚みを再生させることができ、インプラント治療を可能にする技術があります。

ここでは、インプラント治療の骨造成について、歯科サプリ編集部がお届けします。